40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

若い女性をものにできる、40代・アラフォー男は、必ず“●●”を持っている。

f:id:kurasawan:20200620154438j:plain

若い女性をものにできる、40代・アラフォー男性は、皆、必ず“●●”を持っています。これ、知っていたでしょうか?逆説的に言うと、“●●を持っていない、40代・アラフォーの男性は、若い女性をものにすることができない”と言えます。その、若い女性をものにできる、40代・アラフォー男性が必ず持っている“●●”とは・・?

若い女性をものにできる40代・アラフォーの男は、必ず“●●”を持っている。


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、若い女性をものにできる、40代・アラフォー男は、必ず“●●”を持っている。」こちらをお送りしたいと思います。

僕のこれまでの経験上、また、僕がこれまで見てきた、若い女性をものにしている40代・アラフォー男性を振り返ると、その「40代・アラフォー男性達」は、皆、必ず、“●●”を持っています。

若い女性にモテる、あるいは、ものにできる40代・アラフォー男性で、この、“●●”を持っていないという人間は、まあ、まずいないでしょうね。いても「1%」とか、そのぐらいだと思います。

なので、若い女性にモテて、若い女性をものにしている40代・アラフォー男性は、皆、必ずと言っていいほど、この“●●”を持っています。

さて、“●●”“●●”と、これでは何のことだか分からないと思うので、この“●●”の答えを言いますと、それは、ずばり「これ」になります↓

・自分だけの“行きつけの店”

これ。

若い女性にモテる、また、若い女性をものにしている40代・アラフォー男性は、皆、必ずと言っていいほど、この「・自分だけの“行きつけの店”」を持っています。

これは、もう「ほぼ100%」だと言っていいと思います。若い女性をものにしている40代・アラフォー男性に関しては。

なぜ、若い女性にモテる、また、若い女性をものにしている40代・アラフォー男性は、皆、必ず、この「・自分だけの“行きつけの店”」を持っているのか、と言うと・・

若い女性をものにしようと思えば、なぜ、“行きつけの店”が必要になるのか?“その理由”。

 

若い女性にモテる、また、若い女性をものにしている、40代・アラフォー男性は、皆、必ず、「自分だけの“行きつけの店”」を持っている。

「行きつけの店」とは、自分がよく通っている、その店の店主とも顔なじみで、そこで、自分が一番リラックスできる店のことです。バーとか、居酒屋とか、小料理屋とか。

ではなぜ、若い女性にモテる、また、若い女性をものにしている、40代・アラフォー男性は、皆、必ず、この「・自分だけの“行きつけの店”」を持っているのか?と言うと、それは、「この場所」が、自分が最も有利に女性とのコミュニケーションを展開することができる“ホームグラウンド”になるからです。

これが、若い女性をものにしている40代・アラフォー男性が、皆、必ず、「自分だけの“行きつけの店”」を持っている理由の“全て”です。

ではなぜ、このホームグラウンド(自分だけの“行きつけの店”)を持っていれば、若い女性とのコミュニケーションで、自分の方が有利に展開することができるのか?と言うと、例えば、その「自分だけの“行きつけの店”」に若い女性を連れて行った場合、その女性にとって、その店が「初めて」だった場合、その店は、その女性にとって、“アウェイ”になります。

「初めて」だったら、女性はその店での勝手が分からないし、例えば、その店が比較的狭い店で、そこにいる客は、あなたを含め「常連客が多い店」だと、女性は、心理的に少し緊張して、かしこまってしまうと思います。そして、それはあなたがそこで“常連感”を出し、店主と気軽に会話を交わすなど、リラックスすればするほど、女性の“心理状態”はその傾向心理的に少し緊張して、かしこまってしまう)が大きくなっていきます。

あなたは、その店が、慣れた“行きつけの店”なので、そこにいれば、どんどんリラックスしてくる。その店が初めての女性は、あなたとは反対に少し固くなっていく・・これ、二人がコミュニケーションをするのにどちらが有利か、一目瞭然ですよね。

ある二人の人間がコミュニケーションをする際、そのコミュニケーションは、リラックスしている方が自分にとって都合の良い、有利なコミュニケーションを展開をすることができます。これは男女に関わらず、同性同士でもそうです。

なので、ある相手を自分の思うように言いくるめようと思うと、それを行う場所は、自分にとって“ホームグラウンド”の場所で、また、相手にとっては“アウェイ”の場所である方がベターなのです。

これが、男と女の場合、「男が女を口説こう」と思ったら、やはり、自分にとっての「ホームグラウンド」で、なおかつ、女性にとっては「アウェイ」、そんな場所で行うのが理想なのです。

反対に、これ(意中の女性を口説く)を、自分にとって、“アウェイ”の場所でやったらどうなるか?

例えば、意中の若い女性がよく通っている「クラブ」で、40代・アラフォーのあなたが、普段、若い人が多いクラブなどに全く行かないのでしたら、今の話とは“真逆の話”になって、女性を口説くどころではなくなると思います。

逆に、そこでのコミュニケーションは、若い女性にリードされるでしょうね。“アウェイ”の場所であれば。

・・と、このように、女性とのコミュニケーションを有利に展開しようと思えば、自分にとっての“ホームグラウンド”でやるべきですし、40代・アラフォー男性の場合、それは、“行きつけの店”(バー、居酒屋、小料理屋等)になってくるのです。

また、そこに若い女性を連れて行って、そこが若い女性にとって初めて行くような店で、あなたがそこの常連で、店のマスターなどとフランクに話している様子などを女性が見れば、若い女性はあなたのことを頼もしく、また、“大人の男性だ”と感じます。これは、そういった心理状態を作り上げる“ロジック”が関係しているのですけどね。

というわけで、40代・アラフォーの男性が、若い女性をものにしようと思えば、“行きつけの店”(自分にとってのホームグラウンド)は持っておいた方がいいし、また、若い女性をものにしている、40代・アラフォー男性で、「行きつけの店が無い」という男性は、まずほとんどいないのです。

なので、若い女性をものにしたいと思う、40代・アラフォー男性の方は、まず、“行きつけの店”を持つようにしましょう。これは、思った以上に大事で、また、若い女性をものにすることができる“有効なツール”になってきますので。

また、あまり時間をかけず、“もう今すぐにでも、20代の恋人を作りたい!”というお急ぎの方は、こちらの方で「即効性の効果のある、具体的な方法」を公開していますので、またご興味のおありの方はお読みください(ブログでは書けない「情報・内容」を公開しています)⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら