40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

30代後半、40代、50代の男が婚活を成功させ理想の女性と結婚できる方法と仕方、やり方。

f:id:kurasawan:20180321121524j:plain

30代後半、40代、50代の男性が、婚活を成功させ理想の女性と結婚できる方法とは?実は、30代後半~50代の男性が、婚活を首尾よく成功させようと思えば、まず何よりも「コレ」をやる必要があります。あなたは「コレ」出来ていますか?出来ていないと、今後、1000人の女性と婚活で出会っても、まず婚活は上手く行きません。その30代後半~50代の男性が、婚活を成功させるための“コレ”とは?

30代後半、40代、50代の男が婚活を成功させ理想の相手と結婚できる方法とは?

 

倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「30代後半、40代、50代の男が婚活を成功させ、理想の女性と結婚できる方法と仕方、やり方」こちらをお送りしたいと思います。

普遍的なテーマですが、テーマとしてはかなり広いので、今回は、これを成功させるために、僕が思う“ヒント”をお伝えしたいと思います。

今、30代後半、また40代、50代の男性の方で、婚活を首尾よく成功させ、理想の女性と結婚したい、そう思われる方は、本日、僕が話す“ヒント”は、かなり重要になってくると思いますので、ぜひ最後までしっかりとお読みくださいね。

本気で婚活を成功させようと思えば、“この視点・考え方”を身に着ける必要がある。

 

30代後半の男性、40代、50代の男性で未婚の方が、婚活を成功させ理想の女性と結婚するためには、どうすればいいか?

これは、それを成功させるやり方やノウハウを考える以前に、まず、自分の婚活に対する考え方を根本的に変える必要があります。

どういうことかと言うと、例えば、今、30代後半、40代の方で婚活をしている方は、「結婚したい」「結婚相手を見つけたい」と思って頑張ってらっしゃると思います。自分の将来のパートナーを捕まえようと頑張ってらっしゃると思います。これは婚活をしているので当然ですし、この考え自体は間違っていません。

でも、婚活をやり初めてしばらく経って、なかなか成果らしきものが出ていない方は、この考え方、「自分の将来のパートナーを捕まえよう」と思って活動していると、いつまで経っても理想の相手と結婚できません。こういう考え方で婚活をすればするほど、相手は自分の手からするすると逃げて行ってしまいます。

これ、なぜかと言うと、自分の意識が「自分の結婚相手」にして行っておらず、“自分に対する意識”が抜け落ちてしまっているからです。要は、自分を「客観視」できていない。

自分のことを客観視できていない方は、残念ながら、いくら婚活の数をこなしても、おそらく、いつまで経っても結婚することはできないでしょう。これははっきりとお伝えしておきます。

ではなぜ、自分を客観視できていない人間は婚活が上手くいかないのか?と言うと、それは「次の理由」から、そう言えるのです。

自分が良いと思うものは、皆も良いと思う“法則”

 

婚活というものは、「自分が良いなと思う異性」と結婚するためにやる活動のことです。

当たり前ですが、誰も、自分があまり良いと思えない相手と結婚したいとは思わない。この辺で手を打とうかと、渋々相手を選ぶということもないと思います。

“自分が良いなと思った異性と結婚できること”、これが婚活の目的だと思います。

で、自分が良いなと思った異性と出会った時は、その異性は、他の人間から見ても、その度合いは異なるにしても、大抵、やはり良いなと思われる。

例えば、あなたが「Aさん」という女性と出会って良いなと思ったら、また別のところで、あなたと住む場所、これまでの経歴も違うBさんが、この「Aさん」と出会っても、やはりあなたと同じように、良いなと思うと思います。

自分が良いなと思う相手は、その相手は他の人間から見ても、やはり良いなと思われる、こう思っておいて間違いないと思います。

つまり、「一人の異性に良いなと思われる人間」は、その他大勢の人間から見ても、やはり良いなと思われる。

婚活という市場では、結局、この「良いなと思われる人間」に人気が集中する傾向があります。

そして、こういう人間が、いわゆる“モテる人間”で、例えば、こういう人間が真剣に婚活をすると、おそらく3ヶ月も経たないうちに相手が決まり、結婚できてしまいます。

なぜかというと、多くの異性から求愛されるので、その中から自分が良いなと思える異性を選ぶことが出来るからです。

そこで、今、婚活があまり上手くいっていない方は、自分のことを客観視できていますか?という話です。

この日本で、誰か一人の女性から(自分がその相手を好みであるなしに関わらず)、あなたのことを異性として良いなと思ってもらえる、その自信がありますか?

もし、それについてあまり自信が無いという方は、今の状態のままだと、今後、何百回、何千回と婚活を続けていっても、おそらく成果を出すことは出来ないでしょう。

あなたのことを、たった一人でも、異性として一定程度の熱量を持って興味を持たれる、良いと思われるか、ここが「キーポイント」になってくるのです。

まずは「一人の女性に良いと思ってもらう」のが、全ての始まり。

 

あなたが、もし、たった一人の女性(相手のことを好みであるなしに関わらず)から、異性としてかなり良いなと思われる自信、これが無い場合、今後、婚活で何百人と異性と出会っていっても、おそらく結果は出ないでしょう。

なぜなら、たった一人の女性からも、一定程度の熱意を持って異性として良いと思われないのであれば、他の女性も、やはり良いなとは思わないからです。

これは前述した、あなたが誰か異性のことを良いなと思えば、他の誰かも、その異性をやはり良いと思うという話の逆のことです。

一人の女性からも、一定程度の熱意を持って良いと思われないのであれば、他に1000人いたとしても、その1000人もやはり良いとは思わない。

婚活というものは、皆が良いと思う人間に人気が集中する傾向があるので、そこからはみ出る人間は意識もされないからです。

ピラミッドで言うと、先の方の三角の部分だけに人気が集中する感じですね。

なので、今、婚活をやっている、もしくは婚活を始められたという方は、まず、一人の女性から、一定程度の熱意を持って異性として良いなと思われるようにならなければならない。そのためには自分のことを「客観視する」必要があります。

まず、始めることは、「一人の女性に興味を持たれるか」だけでいいのです。その相手のことをあなたが好みでなくても、その一人の女性が、あなたのことを一定程度の熱意を持って興味を持った場合、同じように思う他の予備軍の異性がうじゃうじゃと出てきます。

まずは、一人の女性に異性として興味を持たれるか。それが出来れば、“倍々ゲーム”で女性に興味を持たれる機会が増えてくる。

でも、たった一人の女性からも、一定程度の熱意を持って異性としてい興味を持たれない場合、たとえ結婚相談所に登録して、1000人の女性と出会ったとしても、異性として興味を持たれることは無いでしょう。「0」にいくらかけても「0」だからです。

というわけで、今、婚活があまり上手くいっていない、または婚活を始めたという方は、婚活の場にただ行くだけではなく、自分が、まず一人の女性から一定程度の熱意を持って異性として興味をもたれるのか?ここを振り返ってみてください。もし、そこに自信が無い場合は、まずそこから改善する必要があります。

また、その一人の女性に異性として興味を持たれる具体的な方法を知りたい方は、こちらでそのやり方を無料で公開していますので、良かったらお読みになってみてください⇒10日間無料セミナー

婚活を成功させたいと思えば、まず、「一人の女性に一定程度、異性として興味を持たれるか」ここがスタートですよ。それが出来ているかの自分への客観視、これは必ずやるようにしてくださいね。

by 倉沢望

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」

40歳を過ぎた男は、結婚相談所に通っても永遠に理想の相手と結婚することはできない。

f:id:kurasawan:20180916112417j:plain

40歳を過ぎた男性は、結婚相談所に通っても、永遠に理想の相手と結婚することはできない・・かなりショッキングな話ですが、実はこれには、「2つの理由」があるのです。その結婚相談所に通っても結婚できない、“2つの理由”とは?

40歳を過ぎた男が、結婚相談所に通っても理想の相手と結婚できない理由。

 

倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40歳を過ぎた男は、結婚相談所に通っても、永遠に理想の相手と結婚することはできない」こちらをお送りしたいと思います。

いきなりショッキングなタイトルで驚かれたかもしれませんが、まあ、“永遠”は少し言い過ぎなので、“90、何パーセント以上”は、ぐらいに修正したいと思います。

ただ、いずれにしても、40歳以上の未婚の男性が、結婚相談所に通っても、高い確率で理想の相手と結婚することは出来ません。高額な利用料を払って、いつまで経ってもマッチングせず、最終的に諦めフェードアウトする・・こういう方がほとんどだと思います。

でなければ、国がやるような未婚の男女の数の統計調査などで、“40歳以上の未婚の男性が結婚できる確率は1%以下”、などという数字は出てこないはずなのです。結婚相談所に通えば、結婚できる、のならば。

ではなぜ、40歳以上の男性が、結婚相談所に通っても理想の相手と結婚できないのか?本日は、ずばり「この理由」をお話したいと思います。

なぜ、結婚相談所に通っても「理想の相手と結婚できない」のか?

 

なぜ、40歳以上の男性が、結婚相談所に通っても、ほとんどの方(9割以上)が理想の相手と結婚できないのか?実は、これには、その理由が大きく「2つ」あります。

それをお話する前に、まず、結婚相談所というところは、大手のところから中小のところまで全国各地にたくさんあり、ネットで調べてみれば山ほど出てきます。

これはなぜかというと、それだけニーズがあるからです。実際、今は三人に一人、もしくは、二人に一人が結婚しないまま(もしくはできないまま)生涯、独身で過ごすと言われています。

今はそれだけ結婚するのが難しい時代で、また、それでも結婚したいと思う人間が多いので、こういった結婚相談所なるものが全国に多くあるのです。

そしてこの結婚相談所、いざ入会してみると、それはそれはもう、たくさんの相手を次から次とテンポよく紹介してくれます。

それは、まるでベルトコンベアーに乗って運ばれてくるかのように、次から次と相手を紹介してくれるので、結婚相談所に最初入られた方は、「こんなに頻繁に数多く紹介してくれるのなら、さすがに結婚できるのでは?」と淡い期待を持ちます。しかしそれも、一ヶ月も経てば、その淡い期待は大きく裏切られることになります。

なぜなら、いくら、たくさんの数の相手を紹介してもらっても、いつまで経ってもマッチングが成立しないからです。

そして、これが何回も続いてくると、「こんなに上手くいかないということは、やっぱり、自分がダメなんじゃないか・・」と自己不信、自己嫌悪に陥り、年会費を払っているのにも関わらず、途中でやめるという方が出てきます。

一方、結婚相談所の方は、途中でやめらても全然困らない。最初に入会費、年会費を貰っているからです。むしろ、とりあえず入ってもらって、とりあえず相手を紹介しまくればいい、というスタンスだと思います(まあ、良心的なところもあると思いますが)。

では、なぜ結婚相談所に入って、次から次と相手を紹介してもらっても、理想の相手と結婚できないのか?その理由、前述した、これについての「2つの理由」を次に述べたいと思います。

結婚相談所に通っても、理想の相手と結婚できない「2つの理由」

 

結婚相談所に通って、相手を次から次とたくさん紹介してもらっても、理想の相手といつまで経っても結婚できない理由、これは「2つ」あると言いました。いまから、「この2つ」についてお話いたします。

結婚相談所に通っても結婚できない理由、それは、

・結婚相談所は、ただ相手を斡旋してくれるだけだから(女性と上手くいくためのプロセスは教えてくれない)

・結婚相談所は、ヒエラルキーの上位の者から選ばれていく世界だから

ずばり、“この2つ”が理由です。

この2つの理由(原因)があるために、結婚を望む人間が結婚相談所に通っても、いつまで経っても理想の相手と結婚することができない、ずばり、その“答え”なのです。

次に、この2つをそれぞれ解説したいと思います。

結婚相談所はただ相手を斡旋してくれるだけ(女性と上手くいくためのプロセスは教えてくれない)

 

まず、結婚相談所というところは、前述したように、とりあえず入会すれば、もう本当にたくさんの相手(女性)を紹介してくれます。

ここに入って50人、100人の異性と会った、なんて人は普通にいると思います。そして、これだけの数の女性と出会えば、普通は誰かと結婚できそうなものと思いますが、でも出来ない。

なぜなら、結婚相談所は、相手の女性にただ引き合わせてくれるだけのことしかやってくれないからです。女性と親密になっていくための根本のプロセスは教えてくれない(教えてくれるところもあるかと思いますが、僕からすればそれは淡いし、弱い)。

恋愛や婚活は、目の前にいる女性と親しくなっていく、親密になっていくためのコミュニケーションを理解していないと、これは100人、1000人の女性と引き合わせてもらっても、“ゼロ”、誰ともマッチングは出来ません。

逆に、女性と親しくなっていくためのコミュニケーションの仕方を知っている男性は、たとえ、周りに10人の女性しかいなかったとしても、その中から相手を選び、結婚することは出来ると思います。

結婚相談所というところは、その持っている膨大な顧客リストの「数」で、入会者にアプローチしてきますが、その数がいくら多くても、本人がそれらを上手くこなす(女性と上手くコミュニケーションをする)ことが出来なければ、それは、ただ意味の無い数の羅列にしかならないのです。

これが、婚活に悩む方が、結婚相談所に入っても上手くいかない、一つ目の「理由」です。そして、結婚相談所に入っても結婚できない“二つ目の理由”、実はこれが、結婚相談所に入っても結婚できない、まさに「核心を突く部分」となります。

結婚相談所はヒエラルキーの上位の者から選ばれていく世界

 

次に、「結婚相談所はヒエラルキーの上位の者から選ばれていく世界」ですが、これはどういうことかと言うと、結婚相談所というところは、“条件のつかみ合い”、みたいなところがあって、入ってしばらく経つと、誰でも、“条件ありき”“条件至上主義”みたいな感覚に陥ってしまいます。

これも、実は、先ほど話した「結婚相談所はすごい数の相手を紹介してくれる」ことに関係していて、人間、結婚相談所に高いお金を払って入会して、毎週のようにたくさんの相手を紹介されていくと、「少しでも、良い条件の相手を・・」と前のめりになってきます。

そしてしばらくすると、出会う相手、出会う相手、「条件」で見るようになります。容姿は?年齢は?性格は?収入は?職業は?学歴は?家庭環境は?などといった具合にです。

こうなってくると、どうなってくるのかと言うと、結局、条件が良い者だけに入会者の希望が殺到し、条件の良い者から選ばれていくという状況になります。つまり、結婚相談所の入会者の“ヒエラルキーの上位の者”から選ばれていく、という流れになります。

なので、逆に言うと、「容姿端麗」「年齢が若い」「立派な職業」「高学歴」「高収入」「人柄が良い」「家庭環境も良い」といった、全てにおいて条件が良い人間は、結婚相談所に入ると、本人がびっくりするほど、出会う相手からマッチングのお願いをされまくります。当然ですよね。ここでは、誰もが皆、出来るだけ条件が良い相手を探そうと思っているので、そういう人間(条件の良い人間)がいたら、皆がそこに殺到するのです。

なので、結婚相談所というところは、男でも女でも、「条件が良い人間」はモテまくって、ここで相手を見つけ、結婚することは余裕で可能です。なぜなら、多くの相手から求められるからです。

でも、そこまで良い条件ではない、一般的、ごく普通の方は、ここに入ると苦労します。なぜなら、ここに入っている人間は、知らず知らず、「少しでも良い条件の相手を」と思っているので、その目の網に引っかかってこないからです。

こちらが相手を良いなと思っても、相手は「他にもっと良い条件の相手はいないか」と探している。常に“アンマッチングな状態”になるのです。

例えば、結婚相談所で紹介してもらった相手の女性のことを気に入った。でも相手の女性は、他にもっと良い条件の男性を探している。そしてその女性が、紹介してもらった相手の男性のことを気に入った。でもその男性は、「他にもっと良い条件の女性」を探している・・

こんな風に、ぐるぐると螺旋階段のように“アンマッチングの流れ”が続いていって、結局、特別条件の良い者だけがたくさんの求愛を受け、その中から相手を選ぶという構図になるのです。

・・と、このように、結婚相談所というところは、上述した「2つの理由」から、婚活に悩む方が安易に入っても、理想の相手と結婚することはできないのです。お分かりいただけたでしょうか?

出会いの数よりも「コミュニケーションスキルの習得」の方が先。

 

さて、本日の話、いかがだったでしょうか?

何か、結婚相談所の悪口を終始話す感じになってしまいましたが、でも、この結婚相談所が全く利用価値の無いものだとは思いません。

まず、前述しましたように、条件の良い方(容姿、年齢、職業、収入等)は、ここに入るとモテまくりますし、マッチングを申請された相手の中から選ぶということが出来るので、比較的簡単に理想の相手が見つかると思います。

それから、それほど条件の良くない、ごく普通の方でも、実は利用価値はあります。

それは、ここに入ることで、自分が女性からどのように見られているか、自分自身の婚活での市場価値がシビアに分かるからです。

これは、その内容(現実)が厳しいものだと、かなり心的なダメージを被りますが、でもそれで初めて、婚活というものに本気になれるかもしれません。「尻に火がつく」という状態です。これだけでも、結婚相談所というものに存在意義はあると思います。

まあ、僕から言わせてもらえれば、わざわざ高いお金を払って結婚相談所に入って、相手を探す必要はないと思いますけどね。

婚活で大事なことは、「女性とのコミュニケーション能力(目の前にいる女性と親しくなる能力)」であって、これがあれば、結婚相談所で何十人と女性と出会わなくても、近くの居酒屋でも、そういう相手と知り合うことが出来ます。

婚活は、女性との出会いの数も重要ですが、まず、目の前の女性と親しくなる、親密になることができるコミュニケーションスキルがやはり大事ですね。

もし、女性とすぐに親密な関係になれ、結婚まで持っていく具体的な方法を知りたいという方は、こちらでそのやり方を無料で公開していますので、良かったらお読みになってみてください⇒10日間無料セミナー

結婚相談所に行って、意味が無いこともないですが・・いや、やっぱりほとんど意味は無いかな(笑)

by 倉沢望

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」

40代で結婚できない男性の特徴(アラフォー・アラフィフ男性も含む)。

f:id:kurasawan:20171010221709j:plain

40代で結婚できない男性の特徴(アラフォー・アラフィフ男性も含む)とは?実は、40代で結婚できない男性には、皆に共通する、“あるネガティブな特徴”があるのです。40代で結婚できない男性は、「ここ」を改善しない限り、おそらく一生、結婚することは出来ません。その40代で結婚できない男性に共通する、“ネガティブな特徴”とは・・?

40代で結婚できない男性の特徴とは?

 

倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40代で結婚できない男性の特徴(アラフォー・アラフィフ男性も含む)」こちらをお送りしたいと思います。

今、僕の周り(友人や知人)でも、40代の男性で、ルックスも悪くない(というか、むしろ良い)、また勤めている会社、収入等も悪くないのに結婚できない、という方が多くいます。

なぜ、条件は決して悪くないのに結婚できないのか?

これについて、アラフォー・40歳以上男性専門の恋愛&婚活カウンセラーの僕の目から見れば、やはり、40代で結婚できない男性には、「ある共通する特徴」があります。

本日は、その40代で結婚できない男性の「ある特徴」を詳らかにし、ではどうすれば、40代男性が理想の女性と結婚できるようになるのか?これについて、詳しくお話したいと思います。

40代で結婚できない男性は、実は、“条件はそれほど悪くない”

 

前述したように、今、40代で結婚できない男性が増えています。実際、僕の周りでも、結婚していない(あるいはできない)40代男性が多くいます。

そして、そういう方たちを見ると、決して条件は悪くない。

誰とも結婚できない、というほど見た目や容姿が悪いわけではなく、むしろルックスはけっこう良い方、こういう方が多いです。また収入面も特別悪いわけでもなく、人柄や性格も、何か特別悪いということはない。

逆に、「なんで結婚できないの?」と思う方がほとんどです。

僕のカウンセリングにも、婚活のことでご相談に来られる方が多いですが、そういった方を拝見すると、「なぜ、この人が結婚できないのか?」と思うことが多いです。

でも、そういう方の話を丁寧に聞き、深く掘り下げていくと、「ああ、なるほどな」と思う部分が見えてくる。40代で結婚できない男性に共通する、“あるネガティブな特徴”が見えてくるのです。

それが何かと言うと・・

40代で結婚できない男性が、結婚できない「理由」は、ずばり“コレ”!

 

僕は日頃、多くの婚活に悩む男性、40代で結婚できないと悩む男性とお会いしていますが、40代で結婚できない男性には、共通する「ある一つの特徴」があります。それは、

“完成品のパートナー(女性)を求めてしまっている”

これです。

これだけだと意味が分かりづらいと思うので、もう少し詳しくご説明いたしましょう。

男性も、若い時分(10代~20代)は、女性を好きになるのも、単純に「相手の容姿が好みだから」など、一つの要素だけで女性のことを好きになるというところがありますが、年を重ねるにつれ、そういった“容姿の部分以外”のこと、性格や人柄、ものの価値観、常識やマナーがあるか、ないかなど、女性を見るところの“項目”が増えていきます。

これは年齢を重ね、様々な経験を積むにつれ、若い時のように、女性を容姿だけで判断するのではなく、それ以外の様々な要素も、女性を良いかどうかを決める判断材料にするようになってくるからです。つまり目が肥えてくる。これは決して悪いことではなく、若い頃よりも、女性をもっと深い視点から立体的に見るようになるので、人を見る目は上がっているのです。

でも、40代男性は、“ここの部分”が悪い意味で行き過ぎてしまっている。

若い男性よりも、女性を見る目が肥えてしまっているために、相手に求める、“チェックポイント”が多くなり過ぎてしまっている。

それは、見た目のことから始まって、年齢、性格、人柄、物の価値観(どういうことで喜び、笑い、泣き、悲しむか、など)、金銭感覚、育った家庭環境、常識やマナーの有無、服のセンス、がさつか、そうでないかなど・・まだまだ他にもあるかもしれませんが、人によっては、女性に求めるこういったチェック項目が、20個、30個ある方も、少なくないと思います。

ちなみに余談ですが、芸人の今田耕司は、女性に求めるチェック項目が「39個」あるそうです(笑)。

で、例えば、女性に求めるチェック項目が「10」あるとして、出会った女性が、そのうちのどれか一つでも欠けている、もしくは違っていたら、「う~ん・・なんか違うんだよな~」となる。

これって、結局、どういうことかと言うと、女性に対して、先ほど言った

“完成品のパートナーを求めてしまっている”

ということに他ならないのです。

なぜなら、出会った女性に、自分が気にするポイントが一つでも欠けている、もしくは違うところがあれば、それは、自分にとっては“未完成品(の女性)”であって、完成品ではないですよね?女性に対して、チェック項目が10個あるとしたら、その10個が全部揃っていて、初めて「完成品(の女性)」だと思います。

そんな、自分が決めたチェック項目が、全て揃っているような「完成品」の女性はめったにいないし(なぜなら、それは普遍的なチェック項目ではなく、“自分が決めている項目”だからです)、また、もし、そういう女性がいたとしても、その女性が自分に振り向いてくれるかどうかは分からない。

つまり、そういう女性(最初から自分がベストだと思う女性)と結ばれる確率は非常に低く、それはまるで、幸せの青い鳥を探しているようなものなのです。

40代で結婚できない男性は、“この状態”に陥っている方が、非常に、非常に多いです。僕の目から見て。

40代で結婚できない男性は、“これをすれば”、もうすぐに結婚できるようになる。

 

40代で結婚できない男性は、結婚したいと思う女性に、最初から「完成品」を求めてしまっている。だから、いつまで経っても結婚できない。

じゃあ、40代男性はどうすれば結婚できるのか?というと、これは簡単で、それは、

“未完成の女性をパートナーにする”

です。

ただしこれは、ただ単に未完成の女性ではなく、自分が好ましいと思える未完成の女性、もっと言うと、後々、改善が可能な未完成の女性となります。

例えば、女性の「服のセンスが無い(もしくは悪い)」なんてことは、こちらに服のセンスがあれば、相手に教えて相手の服のセンスを変えることは出来ます。

これには事例があって、例えば、あの有名な元サッカー選手のデビット・ベッカムは、妻のヴィクトリアと出会うまでは、それはそれは、酷い服のセンスをしていたらしいです。日本で言うところの、“ザ・オタク”、的な格好です。

でも、ヴィクトリアが非常に優れた服のセンスがあり、彼女がベッカムの服のセンスを変えていった。ベッカムは元の容姿がいいので、皆さんもご存知の“スーパーイケメン”に変身し、今では世界のファッションアイコンになっています。

また、自分自身も服のセンスが無いという方でも、「こういう感じの服を着て欲しい」と相手に言うことは出来ます。そして、だんだんと相手の服のセンスを自分好みのセンスに変えていくことは出来ます。

また、常識やマナーといったことも、自分の方にそれがあれば、相手にそれを教え、相手のその部分を変えることは十分可能です。

つまり、結婚相手を探そうと思えば、相手に、後々改善可能なところは目をつぶって、これは自分が影響を与えても変えることが出来ない部分、容姿とか性格とか人柄とか、そういう人の根本の部分、こういったところを自分が好ましく思えるかどうか、そういう視点で探すようにすれば、そういう相手はたくさん自分の前に現れてきます(もう既に現れているかもしれませんが)。

そして、それ(自分が譲れない、相手を変えることはできない部分)は、絞ると、おそらく「3つぐらい」になってくると思いますね。そこだけを結婚相手を探す時に押さえていくようにすれば、結婚できる相手は、自分が思っている以上に多く現れてきます。

40代で結婚できない男性は、結婚をしたかったら、女性には“完成品”を求めない。自分から見て「未完成」だと思っても、変えられるところは後から変える、そういった気持ちで婚活に臨むようにしましょう。そうすれば、婚活もスムーズに転がり始めますよ。

また、40代男性が、理想の女性を首尾よくゲットできる方法を知りたいという方は、こちらでそのやり方を詳しくお伝えしていますので、良かったらお読みになってみてください⇒10日間無料セミナー

繰り返しになりますが、40代で結婚できない男性は、最初から「完成品を求めない」ここが鍵になってくると思いますよ。

by 倉沢望

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」

アラフォー・アラフィフの男が、婚活(お見合い)パーティー、結婚相談所、マッチングアプリを利用すべきでない“理由”。

f:id:kurasawan:20171002191242j:plain

アラフォーの男性・アラフィフの男性は、恋愛や婚活を上手くいかせたかったら、婚活(お見合い)パーティー、結婚相談所、マッチングアプリを絶対に利用すべきではないです。それは、ずばり「この理由」があるからです。

アラフォー・アラフィフの男が、婚活パーティー、結婚相談所、マッチングアプリを利用すべきでない「理由」とは?

 

倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「アラフォー・アラフィフの男が、婚活(お見合い)パーティー、結婚相談所、マッチングアプリを利用すべきでない理由」こちらをお送りしたいと思います。

僕は普段、アラフォーやアラフィフ男性の方向けに恋愛や婚活のカウンセリングを行っているのですが、その中で、「女性との出会い」に関しては、婚活パーティー(お見合いパーティー)や結婚相談所、また、最近流行のネットを通じて女性と出会う、マッチングアプリなどはお勧めしていません。

もちろん、絶対にこれらを利用してはダメだ、というわけではないのですが、利用するのなら、自分自身に“確かな肉付け”をして(総合的な自身の恋愛力を上げて)、極めて戦略的な使い方をすべきだと思っています。

そうでないと、今、恋愛や婚活が上手くいっていない、アラフォー・アラフィフの男性が、安易にこれらを利用して婚活をしようとしても、ズタボロにされるのは目に見えています。

まだ恋愛力を上げてない状態でこれらを利用しても、希望する一人の女性も捕まえることなく、ただただ自信喪失をしていくという、“負のループ”に陥ってしまいます。

ではなぜ、恋愛や婚活に悩む、アラフォー・アラフィフの男性が、安易に婚活パーティーや結婚相談所、マッチングアプリを利用してはダメなのか?と言うと・・

既存の出会いの場は、“弱肉強食の世界”

 

なぜ、恋愛や婚活に悩む、アラフォー・アラフィフの男性が、安易に婚活パーティーや結婚相談所、マッチングアプリを利用してはいけないのか?と言うと、それはそこが、

“強烈な弱肉強食の世界だから”

です。

今、これを聞かれた方は、「何をそんなに大袈裟な・・」と思われるかもしれませんが、今から僕が話すことを聞かれますと、“この言葉の意味”がよく理解できると思います。

まず、婚活パーティーや結婚相談所、マッチングアプリはどういう場かと言うと、「異性との出会いを求めている男女が集まっているところ」となります。わざわざ言うまでもないですが。

そして、これらに参加する人間は、ほぼ9割、彼氏彼女が欲しい、または将来のパートナーが欲しいと思っている人たちです(まあ、中にはネットワークビジネスや、保険の勧誘目的で参加している人間もいるかもしれませんが)。

ということは、ここに参加している異性は、婚活に積極的な異性だから良いのでは?と思うと、実はこれが非常に浅い考え。

と言うのは、人は「何かを能動的に探そうと思って」そこにきた場合は、その中で最も良いものに目が行き、それが欲しいとなるからです。

例えばあなたが、ある電化製品を探していて、家電量販店に行った場合、あなたの目がいくのは、その欲しい製品の中で、少なくとも「ベスト3」に入る商品だと思います。

逆に、その中で「20番目くらいに良いと思う商品」を手に取ろうとは絶対に思わないと思います。というか、まず目に入らない、映らないと思いますね。

実はこれって、今例に出した、家電量販店の中だけの話ではなく、他にも、人が能動的に何かを探そうと思った時、全てに言えることであって、人は何かを能動的に探す時は、その対象となるものの中で、最も良いと思われるもの、あるいは、かなりクオリティーの高いものだけに目が行くようになります。

そしてこれは、自分が良いと思うものは、やはり他人も同じように思うので、結局、人が何かを能動的に探す場合は、その中で上から3番目くらいまでのもの、「トップ3」ぐらいまでのものに人気が集中しがちになります。

そしてこれは、「出会い・婚活の場」でも全く同じことが言えます。

例えば婚活パーティーですと、男女それぞれ30人ずつ参加していたとしても、男も女も、それぞれ相手の30人の異性の中で、目が行き、興味が行くのが、その中の上から3人~5人くらいまでの異性のみ。結局、その3人~5人は、ルックスがいいとか、収入がいい、職業がいい、年齢が若いなど、その中で総合的にスペックの高いトップ3ぐらいに位置しています。

そして、その他の27人~25人の人間は異性から目もくれられない、相手にされないという状態になってしまいます。

これは、結婚相談所やマッチングアプリでも全く同じ現象が働きます。

もう一度言いますが、人は何かを能動的に探す場合、対象となるものの中で、一番良いもの(あるいはクオリティーのかなり高いもの)にしか目が行かなくなる傾向があります。

逆に言うと、スペック(容姿・職業・年齢・収入・学歴等)の高い人間は、こういう場に行くと、まさに“モテモテ状態”になります。皆がここを目指しますから。

なので、恋愛や女性に不慣れな方、また、今現在、恋愛や婚活が上手くいっていない方は、安易にこういう場に参加してはいけないのです。

行ったところで、「負け戦」は目に見えていますし、正直、何も良いことが無いと思います。

こういうものを利用するのなら、準備を整えてから戦略的に利用すべきなのです。

既存の出会いの場を利用するのなら、「戦略的なセルフプロデュース」が大事。

 

ここまでの話を聞くと、何か、婚活パーティーや結婚相談所、マッチングアプリといったものが、利用する意味の無い、ダメなものと思われるかもしれませんが、そうではなく、こういったものも、準備を整え、戦略的に利用すれば、使い勝手の良い、実のあるものになってきます。

やはり、こういう場に参加している女性は、何も考えていない女性より、少なくとも恋愛や婚活に前向きですからね。

上手くやれば、恋愛や婚活のことを意識していない女性よりも、楽にゲットしやすい部分はあります。

ただし、やはりこういう出会いの場は、先ほどお話したように、一部のスペックの良いものだけに人気が集中する傾向があるので、しっかりと準備を整えてから戦略的に利用すべきです。

スペックがそれほど高くない人間はどうすればいいのか?というと、これは簡単。スペックが高そうに見せればいいということ。

異性にスペックが高そうに見せて、相手がこちらに寄ってきたらこれはOK。相手がそう思っているだけで、これは嘘ではありませんから。

人間誰しも、本来の素の姿で外に出ている人間はほとんどいません。ほとんど多くの人間が、少しでも他人、または異性から良く見られようと「自己プロデュース」をしています。そしてモテる人間は、“異性に自分のスペックが高そうに見せる技術”に長けています。

もしあなたが、今後、婚活パーティーや結婚相談所、マッチングアプリなどを利用しようとする時は、出来るだけ、女性からスペックの高い男だと思われる、“セルフプロデュース”をしなければなりません。

それが出来れば、そういう場も非常に使い勝手の良い場所になりますよ。

もし、その「女性からスペックの高そうな男に見られるための技術」を知りたいという方は、こちらでそのやり方を詳しくお伝えしていますので、良かったらお読みになってみてください⇒10日間無料セミナー

by 倉沢望

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」

40代・50代・アラフォー男・アラフィフ男が、若い彼女(恋人)を作るための方法とやり方。

f:id:kurasawan:20180313003613j:plain

40代・50代・アラフォー男・アラフィフ男が、若い彼女(恋人)を作るための方法とやり方とは?実は、アラフォー・アラフィフ男性が若い彼女(恋人)を作ろうと思えば、“この本質”を先に知ることが何よりも重要。これを知らずに、若い女性を捕まえようとするのは「本末転倒」なのです。さて、その若い女性を捕まえるための“本質”とは?

40代・50代・アラフォー男・アラフィフ男が、若い彼女(恋人)を作るための方法とは?


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40代・50代・アラフォー男・アラフィフ男が、若い彼女(恋人)を作るための方法とやり方」こちらをお送りしたいと思います。

テーマとしては、このブログのそもそものテーマ(趣旨)の原点に帰るような感じですね。

40歳以上のアラフォー・アラフィフの男が、若い女性、20代の女性をゲットしようと思えば、どうすればいいか?

この質問に対し、もし、「出来るだけ若々しくいること」などと答えていたら、それはこのテーマ(40歳以上の男が若い女性を捕まえる)の本質を捉えていません。

もちろん、見た目や気持ちの部分が、20代、30代男性のように若々しくいることは悪いことではありません。そのことがプラスに働き、40歳以上の男性でも若い女性をゲットすることが出来ることはあると思います。

でもそれは、木でいうところの枝葉であって、“幹(本質)”ではない。

毎日アンチエイジングを頑張り、服装や髪型を若々しくしていれば、20代の女性をゲットできる・・そういうことでは決してないのです。

40歳以上のアラフォー・アラフィフ男性が、若い女性をゲットしようと思えば、それを叶えるための“本質”は、もっと別のところにある。

実際、今、40歳を過ぎている男性で、20代の女性の恋人がいたり、20代の女性と結婚したりしている男性は、“一部の例外”を除き、皆、見た目が若々しいといった要素とは、また別の、若い女性にモテる「共通の要素」を持っているので、若い女性をゲットできているのです。

つまり、「それ」が40歳以上の男性が若い女性にモテる、ゲットするための本質だということ。

では、40歳以上のアラフォー・アラフィフ男性で、若い女性にモテる、もしくは若い女性をゲットできるための“本質”とは、一体何か?本日は、これについて少しお話してみたいと思います。

若い女性にモテる40歳以上の男は皆、“●●”を受け入れている。

 

一般の40歳以上のアラフォー・アラフィフ男性で、若い女性にモテる、もしくは若い女性をゲットできる男性には、共通する「ある要素・行動様式」があります。

それは、

老いを受け入れていること”

ずばり、これになります。

一般の40歳以上のアラフォー・アラフィフ男性で、若い女性にモテる、若い女性をゲットしている人間は、皆、これ老いを受け入れる)をした上で、若い女性と交流、もしくはアプローチしています。

老いを受け入れる」だなんて、そんな年寄り臭いこと・・と思われるかもしれませんが、そこまでの感覚を持つという意味ではなくて、どちらかと言うと、「自分はもう若くはない」ということを、本当の意味で自分で受け入れているかどうか、ということです。

実は、40代、50代の方でも、年齢的には自分は中年だと思いつつも、「自分はもう若くはない」ということを完全に受け入れられてない方がいます。そしてそういう方は、大抵、かなり若い見た目・格好をしています。

服装や髪型などの見た目には、知らず知らず、その人間の“精神”が滲み出るものなので、そういう方は、全てだとは言いませんが、やはり心の中では、「自分はもう若くはない」と認めておらず、老いを受け入れられないのだと思います。

こう言うと、じゃあ、もう40歳を過ぎれば、年齢相応に“じじ臭く”なっていけばいいのか?というと、そういうことでは決してなく、40歳を過ぎれば、「自分はもう若くはない」と、“若さ”とは決別し、老いを受け入れ、そこから「新たにスタートを切る」、これが大事だということ。

そしてこれが、若い女性にモテる、若い女性をゲットできる本質”なのです。

ではなぜ、自分はもう若くはないと受け入れ、老いを受け入れることが、若い女性にモテるための本質なのか?と言うと・・

なぜ、「老いを受け入れる」と若い女性にモテるようになるのか?

 

40歳を過ぎたアラフォー・アラフィフ男性は、「自分はもう若くはない」ことを受け入れ、老いを受け入れて「再スタートを切る」。

これがなぜ、若い女性にモテる本質、もしくは秘訣になるのか?と言うと、これをすることで初めて、

“若い男性との差別化が図れるから”

です。

なぜ、“若い男性との差別化”が図れたら、若い女性にモテるのか?を話す前に。

まず、40歳を過ぎているのに、老いを受け入れられず、まだまだ自分は若いと思っている男性は、服装や髪型、ファッションなども、20代や30代男性のように若いです。というか、20代や30代の男性がやるファッションをそのままやってます。

そして、そういう男性は、実際に精神年齢や気持ちも若く、また元気です。こういう男性を好きだという若い女性ももちろんいますが、でも、これって「差別化」できていない。何とか?というと、それは「本当に若い男性」です。

40過ぎても、一向に老いを受け入れられず、まだまだ自分は若いと思っている男性は、“若い”“若さ”ということに目が行っていて、若い女性にも知らず知らず、“若さ”でアピールしようとしている。でもこれって、最終的には、本当に若い男性には絶対に敵わないんですね。

フェイク(偽物)はリアル(本物)には勝てない。

リアルの若さを持っているのは、実際に若い男性です。

でも、40歳を過ぎて「自分はもう若くはない」と若さとは決別し、老いを受け入れた上で若い女性と交流している男性は、若い女性から見て、若い男には無い魅力をその男性に感じます。

なぜなら、その精神性も含め、若い男性には無いものを持っているからです。つまり、若い男性と差別化が出来ているということ。

40歳を過ぎた男性が、若い男性と「若さ」で勝負したら、こちらはフェイク(偽物)になって勝ち目はありませんが、“若い男性とはまた違う色”を持ったら、つまり差別化できたら、これはどちらが本物か偽物かの話ではなくて、最終的に「女性の好みの問題」になってきて、勝ち目も十分出てきます。

老いを受け入れる、自分はもう若くはないと自覚してスマートに振舞っている男性は、若い女性から見て、決して若い男性ではないですが、代わりに“大人の男”という視線で見てくれるようになります。

そういう男性は、若い女性から見て、人生の酸いも甘いも知っているような、“枯れた魅力”や“大人の落ち着き”といった印象で見てくれるようになります。

たとえ、本当に人生の酸い甘いを知っていないくても、あなたが本当の意味で、「自分はもう若くはない」また「老いを受け入れる」ことによって、“その雰囲気”は滲み出てきます。ただし、だからといって、“じじ臭く”なるのはダメですけどね(笑)

それをした上で、あくまでスマートに、がやはり理想です。

でも、確実に言えることは、若い女性にモテる、若い女性をゲットしようと思えば、見た目などの表面的な部分ではなく、「気持ちの部分」を先に変えることが、やはり大事ですね。

若い20代のような雰囲気でモテる40歳以上の男は、“強烈なパワーを持っている”人間だけ。

 

本日の話を読まれた方は、40歳を過ぎたアラフォー・アラフィフ男性が、見た目や服装が20代、30代男性のように若い、気持ちや精神年齢も若い男性は、若い女性にモテない、と思われたかもしれませんが、100%そうだとは言いません。

上の文章をよく読んでいただければ、僕が、“一部例外を除いて”と書いているのが分かると思います。

この「一部例外の男性」とは、“非常に大きなパワーのある男性”です。

売れている芸能人やミュージシャン、またベンチャー起業で成功した社長、といった男性たちです。彼らは大抵、40代、50代でも、非常に若々しい格好や見た目をしています。

例えば、ミュージシャンの西川貴教なんてそうですよね。もう50近いのに、まだ20代のような見た目・格好をしています。

そして、こういう男性たちは、実際に若い女性を捕まえています。

理由は、年齢などを吹き飛ばすくらいの“パワー”があるからです。

若い女性はそのパワーに魅了されてるのか、はたまた、そのパワーに巻き取られているのか分かりませんが、こういう“大きなパワー”を持った、40代、50代の男性は、いつまでも、年齢を忘れているような路線でいいと思います。

でも、あなたがそういう一部の男性ではなく、一般の男性であるならば、本日お話した路線で若い女性にアプローチする方が、若い女性をゲットするのに確実だと思いますね。

そして、もっと具体的に、40歳以上のアラフォー・アラフィフ男性が、若い女性をゲットするための「実践的な方法」を知りたい方は、こちらでそのやり方を詳しくお伝えしていますので、良かったらお読みになってみてください⇒10日間無料セミナー

by 倉沢望

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」

40代のイケメンの一般人の「特徴・条件」とは?

f:id:kurasawan:20180513101914j:plain

40代のイケメンの一般人の「特徴・条件」とは?実は、40代のイケメンの一般人には、ごく普通の40代の男性でも、“ある条件・特徴”を満たせば、誰でもなることが可能なのです。さて、その“条件・特徴”とは?

40代のイケメンの一般人の「特徴・条件」とは?

 

倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40代のイケメンの一般人の特徴・条件とは?」こちらをお送りしたいと思います。

「40代のイケメンの一般人」を考えた場合、思い浮かべるのが、おそらく「顔立ちが整っていて、スラッと背が高くて足が長く、中肉中背の男性」というイメージだと思います。

今これをお読みの方は、また違うイメージをお持ちかもしれませんが、大抵多くの方がイメージする、“40代のイケメンの一般人”というのは、このようなイメージだと思います。

ただし、これって、あくまで「男がイメージする、40代のイケメンの一般人」なんですよね。

実は、女性の考える「40代のイケメンの一般人」は、男が考える「40代のイケメンの一般人」とは微妙に異なる、いや、場合によっては相当異なります。

そして、この女性の考える「40代のイケメンの一般人」は、ごくごく普通の40代の男性でも、“ある条件”を満たせば、それになろうと思えばなれるのです。

女性は“現実的”。女性の考える「40代のイケメンの一般人」は、男の考える、それとは異なる

 

前述した、男が考える、40代のイケメンの一般人のイメージ「顔立ちが整っていて、スラッと背が高くて足が長く、中肉中背の男性」これって、よくよく見れば、全部「視覚的な部分」の話、要は「見た目」のことだけなんですよね。

例えば、顔が不細工で、背が低く、足が短く、太っている男性が、このイメージに近づこうと思えば、相当大掛かりな整形手術が必要になってきます。というか、このイメージに近づけることは、ほぼ不可能。これは生まれ持った容姿の部分だからです。

でも、「女性が考える、40代のイケメンの一般人」のイメージであれば、それほど容姿が整っていない方でも、これに近づくことが出来ます。

なぜなら、女性の考える「40代のイケメンの一般人」は、芸能人のイケメン俳優の男性のような、ハイレベルなルックスの男性を想定していない。

いや、女性は、あの俳優がカッコイイとか言ってるじゃないか、と思われるかもしれませんが、それはそれ、これはこれと、テレビの世界と現実の世界はきっちりと分けています。女性は、男性よりも“現実的な生き物”なので。

つまり、女性は、“40代のイケメンの一般人”を考える時には、そこまで高いルックスのハードルは設けていない。

それよりも、“ルックス以外の部分”もかなり重視しています。

逆に言うと、ルックスがかなり良くても、その他の部分が「イケてない」と、それは、女性の考える「40代のイケメンの一般人」には該当してこないのです。

多くの女性が考える「40代のイケメンの一般人」とは?

 

女性が考える「40代のイケメンの一般人」には、そこまで強く男にルックスは求めてない(まったく無いわけでもないですが)。

では、女性が考える「40代のイケメンの一般人」はどういう男性を指すかと言うと、それは、

・全てにおいて、ちょうど良いバランスの男

とこうなります。

前述したように、“女性が考える40代のイケメンの一般人”は、ルックスだけを重視しているわけではないので、ルックスだけが突出して良くても、他がダメならダメ。それは、「女性が考える、40代のイケメンの一般人」ではない。

ルックスはそこそこでも、他の部分がバランスよく良ければ、それが「女性の考える40代のイケメンの一般人」となるのです。

例えば、

・髪型:それなりに清潔感のある、本人に似合った髪型をしている

・服装:清潔感があり、センスもそこそこ良い

・会話:常識的な会話ができ、話をしているとそれなりに楽しい

・デート:一般常識があり、デートで選ぶ店のチョイス等のセンスも悪くはない

・アピール:自分への好意をストレートにきちんと表してくれるし、押すべき時は押してくれる

・・と、このように、全てにおいて、普通に“ちょいプラス”のプラス評価があれば、それが、いわゆる女性が考える「40代のイケメンの一般人」となるのです。

ここで大事なのは、何か一つが突出して良くて、他がダメというのではなく、全てにおいて、ほどほどに良いバランスの40代男性が、一般的に女性が考える「40代のイケメンの一般人」となるのです。

男性も若い時分は、何か一つのことが突出していたら、それだけで女性にモテたものですが、40代以降になってくると、そういう、何か一つが飛び抜けているというより、「全てにおいて、ほどほどにバランスが良い男性」が、女性にとっての“イケメン”となるのです。

そしてこれは、ごく普通の一般の40代の男性でも、やろうと思えば出来ます。全てに意識して、“ちょいプラス”、これを心掛けれるようにすればいいからです。

40代の男は、一芸に秀でている男よりも、「全てにおいて、ほどほどにバランスの良い男」が勝つ

 

今、これをお読みの40代の方で、「女性が考える、40代のイケメンの一般人」になりたい方は、まず、全てのことに気を配って“少し良くする”イメージで取り組んでみてください。

それぞれの項目(見た目、服装、会話、デート等)で、ものすごく良くなる必要はありません。「普通よりも少しいい」これを各項目で出来ているようにする。

それが出来れば、あなたは確実に、女性から見て“40代のイケメンの一般人”となっているはずです。

繰り返しますが、女性が考える40代のイケメンの一般人は、ルックスだけが良い男を指しているわけではないです。

もちろん、とびきりルックスの整った男性も女性にモテますが、でも、最終的に一番モテるのは、全てのおいてほどほどに良い男です。

なぜなら、とびきりルックスが整っている男は、最初、ルックスが良いので女性は飛びついてきますが、他の部分が少しでも悪いと、そこが非常に目立ってしまい、どんどん“減点評価”されてしまうからです。

例えば、福山雅治が、女性とのデートコースにダサいデートコースを選んでしまったら、「こんなカッコイイ人が、こんなダサいデートコースを選ぶわけ?」と、ルックスが良いことの反動で、一気に大きく減点評価されてしまいます。

そうではなく、“全てにおいてほどほどに良い男”は、いつの時代も、また何歳でも、安定して女性にモテます。

あなたがもし、自分が“普通ぐらい”だと思われるのなら、全てにおいて「ちょいプラス」の姿勢で改善していけば、やがて女性から見て「イケメンの一般人」になりますよ。これは本当にです。

そして、もう今すぐにでも「40代のイケメンの一般人」になりたい方は、こちらの方でその具体的なやり方を暴露していますので、またご興味のおありの方はお読みください⇒10日間無料セミナー

無料ですので、ご興味のおありの方はそちらをお読みくださいね。

by 倉沢望

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」

若い20代女性にモテる、アラフォー・40代男性の服装(ファッション)とは?

f:id:kurasawan:20180120211851j:plain

若い20代女性にモテる、アラフォー・40代男性の服装(ファッション)とは?実は、アラフォー・40代男性が、若い20代女性にモテたければ、服装(ファッション)は、“これ1本でOK”なのです。さて、その若い女性にモテる服装(ファッション)とは?

若い女性にモテる、アラフォー・40代男性の服装(ファッション)とは?

 

倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「若い20代女性にモテる、アラフォー・40代男性の服装(ファッション)とは?」こちらをお送りしたいと思います。

このテーマは、以前にもこのブログで取り上げましたが、本日は、また別の角度からお話したいと思います。

「女性にモテるアラフォー・40代男性の服装(ファッション)って何だろう?」こういうことを一度でも考えられたことのある方は、書店などで「アラフォー・40代男性向けのファッション雑誌」を手に取って読まれたことがあると思います。

まあ、こういう雑誌は、ファッションの専門家(スタイリスト、バイヤー、パタンナー等)が作っているので、書いてあることは基本、間違ってはいません。読めば、たしかにアラフォー・40代の男性はこういうファッションをすればキマるよな、と納得できるところは大いにあります。

ただ、この手の雑誌って、僕からすれば、“盛り過ぎ”というか、正直、お腹一杯になってしまうのですね。女性にモテるのに、ここまでしなくてもいいだろう、ってね。

まあこれは、雑誌を売る側の理屈があって、雑誌はできるだけ内容が濃くないと、読者に買ってもらえなくなるので、これで普通なのだと思いますが、僕個人の意見としては、アラフォー・40代の男性が女性にモテるのに、その手の雑誌に書いてあるほどのこと(ファッション)をする必要は無い、と考えています。

むしろ、若い女性にモテたければ、アラフォー・40代男性は、もっとシンプルにファッションについて考えればいいと思っています。

若い女性にモテたければ、アラフォー・40代男性の服装(ファッション)は、“これ1本でOK”

 

アラフォー・40代の男性が、若い女性にモテたければ、服装(ファッション)は、シンプルに考えればいい。

その手の専門のファッション雑誌もそんなに読まなくていいです。

では、アラフォー・40代男性が、若い女性にモテるためにすべき服装(ファッション)とは?と言うと、これは「ある服装を軸に」考えて、服装(ファッション)を考えていけばいいです。

その服装(ファッション)を考える上での軸とは、

“スーツ”

ずばり、これになります。

正直に言って、アラフォー・40代男性が、若い20代女性にモテたければ、服装(ファッション)は「スーツ」を極めていけばいい。

普段着のカジュアルな服装なんて、二の次、三の次でいいです。

ただ、あまり女性慣れしていない男性は、この「スーツ」を少し誤解していて、スーツとは、仕事着だという認識があるということ。なんか、普段のファッションと切り離して考えているところがあるのですね。

でも僕は、例えば、何かの機会で20代の女性と知り合って、その女性を本気で落とそうと思う時は、しばらくはずっと、その女性と会う時は「スーツ」で臨みます。

平日はもとより、普通は休みの土曜日、日曜日も、また突然会うことになったとしても、スーツ、スーツ、スーツ・・です。

これって、なぜかと言うと、40代の男は、若い20代の女性に対し、どんな凝ったファッションをするよりも、“スーツ”、これが一番格好良く見せることができると思っているからです。

実際、今まで知り合ってきた、どの若い女性も口を揃えて「男の人は、スーツを格好良く着こなしていると、顔は平凡でも2倍、3倍良く見える」と言っていました。

男の場合、普通のサラリーマンの方でしたら、スーツは毎日着ているものなので、スーツに対してあまり意識してないですが、女性の「スーツ姿の男を見る見方」はまた違う。男が思っている以上に、女性の目には「格好良く映っている」のです。

ただし、このスーツ姿も、格好良く着こなしていれば、の条件がつきますが。ヨレヨレのスーツ姿では、さすがに女性も良いとは思いません。

でも、スーツを格好良く着こなせば、自分の本来の実力(主にルックス)が50点でも、女性の目からすれば、それが“70点”、“80点”になってくるのですから、これは極めないと損というか、ここに力を注ぎ込んだ方が、女性にモテるのに絶対効率がいいのですね。

若い女性にモテたければ、常に勝てる(モテる)服装(ファッション)で臨む

 

男は「スーツ」を格好良く着こなせば、女性の目から見て、自分の実力以上に格好良く見てもらえる。

そして、今から言うことが大事なのですが、男性の中でも、特にアラフォー・40代の男性は、スーツを格好良く着こなすと、若い女性から見て格好良く見えるのです。

スーツって、若い男性ももちろん着ますが、どうもそのスーツ姿が軽いというか、本来のスーツの持つ格好良さはやっぱり出ていないんですね。

その点、本来の“スーツの持つ格好良さ”が出るのは、やっぱりアラフォー・40代の男性から。これは、僕のただの個人的な意見ではなく、実際、多くの若い20代女性から直接聞いていることです。

となると、アラフォー・40代男性が若い女性にモテたければ、下手にカジュアルな普段着のファッションで会おうとはせずに、もう、“スーツ姿一本”で会えばいいのです。

そうすれば、若い女性に見栄えが良く映ることはあっても、マイナス評価になることは絶対にありません。先ほど言ったように、男がスーツを格好良く着こなすと、若い女性から見て、通常の2,3倍、格好良く見えるのですから。

でも、下手にカジュアルな格好で会うと、あまりぱっとしないな、とか思われかねません。カジュアルって、選択肢がありすぎて、格好良く着こなすには、スーツよりも遥かに難しいですから。

ただ、こう話すと、いくらなんでも、休日に女性と会うのにスーツ姿は変だ、と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

「休日だけど、どうしてもクライアントと会う用事があったので、ごめん、こんな格好で」

とでも言えば、全く問題ありませんし、そう言うことで、すごく仕事を頑張っているんだなと、それがまた“プラス評価”に繋がります。

そして、スーツ姿で女性と何度も会うようにして、スーツ姿であることが自分のデフォルト(ベース、基本の)状態であることが女性に印象付けば、そこからたまには、カジュアルな普段着で会えば、たとえそれが「全身ユニクロ」であっても、「あれ?なんかいつもと違って新鮮!」とそのカジュアル姿でさえ、好印象になったりするのです。

ただしこれは、スーツ姿が、女性にとって「当たり前」になってから、ですけどね。

格好良く見える(モテる)ための「答え」が分かっているのなら、他はやる必要がない

 

僕は、アラフォー・40代向けのファッション雑誌に書いてあることを否定する気はありませんし、実際、書いてある内容もよく出来ていると思います。

特に“カジュアル”に関しては、アラフォー・40代男性は、このように服を着こなせば格好良くなる、というのをプロの目線からしっかりと提案してくれています。

でも、目的が「若い女性にモテること」だったら、別にそこまでカジュアルに力を入れる必要はあるのかな?と思います。

だって、アラフォー・40代男性が一番格好良く見える格好って、やっぱり“スーツ姿”だと思いますから。

それが分かっているのなら、まずは「スーツ姿を徹底的に極める」ことが、女性からの印象が良くなる近道だと思います。

カジュアルは、また余裕ができたら、でいいと思いますね。女性の印象を良くすることだけを考えたら。

なので、アラフォー・40代の男性は、若い女性と会う時は、昼も夜も、土曜も日曜も「スーツ」これ一本で攻めればいいと思いますね。

また、もっと本格的に「アラフォー・40代男性が、若い20代女性にカッコイイと思われるスーツの着こなし方」を知りたい方は、こちらの方でその具体的なやり方を暴露していますので、またご興味のおありの方はお読みください⇒10日間無料セミナー

無料ですので、ご興味のおありの方はそちらをお読みくださいね。

by 倉沢望

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」