40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

マッチングアプリ(ペアーズ・Omiai等)で、若い女性にモテる40代・アラフォー男は、“チラリズム”の写真を載せている・・説。

f:id:kurasawan:20200716211443j:plain

マッチングアプリ(ペアーズ・Omiai等)で、若い女性にモテる、40代・アラフォー男性は、“チラリズム”の写真を載せている・・これって、皆さん、知っていましたか?マッチングアプリ若い女性にモテる、40代・アラフォー男性は、皆、プロフィールページに載せる写真は、“チラリズムの極意”で写真を載せています。その、マッチングアプリ若い女性にモテる、40代・アラフォー男性が載せる写真の“チラリズムの極意”とは・・?

マッチングアプリで、若い女性にモテる40代・アラフォー男は、“チラリズム”の写真を載せている・・説。


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、マッチングアプリ(ペアーズ・Omiai等)で、若い女性にモテる40代・アラフォー男は、“チラリズム”の写真を載せている・・説」こちらをお送りしたいと思います。

チラリズム”、なんて言葉、もはや“死語”かもしれませんが、「この言葉」を使う方が、言いたいことの意味が分かりやすく伝わるかと思い、今回、あえて使っています。

さて、マッチングアプリ(ペアーズ・Omiai等)で、若い女性にモテる、人気がある、「いいね!」がたくさんもらえる、40代・アラフォー男性は、自身のプロフィールページに載せている写真は、チラリズムの極意”を使って写真を載せています。

ちなみに、この「チラリズム」とは、皆さん、大体、この言葉の意味は分かるかと思いますが、要は、「メインになる対象をまともに見せずに、その周辺、及び、輪郭部分を見せて、メインとなるものの“イメージ”を匂わす」という意味です。大体の意味においては、ですが。

で、この「チラリズム」。これで、メインとなるもの(本来、見せたいもの)のイメージを、その周辺部分や輪郭部分で、他者に“匂わす”(想像させる)場合は、当然ながら、そのメインとなるものを「実物よりも良いイメージ」で、他者にイメージさせる(想像させる)ことを“目的”としています。

そうでないと、“チラリズムで写真を見せる意味が無い”からです。

チラリズム」で見せるということは、すなわち、メインとなるものを他者にまともに見せずに、その周辺・輪郭部分を見せて、そのメインとなるものを、他者に「“実像”よりも良く思わせること」が、それをやる「目的」なのです。

で、マッチングアプリ若い女性にモテる、若い女性の興味を引く、40代・アラフォー男性は、自身のプロフィールページに載せる各写真は、意識的、あるいは無意識に関わらず、前述した、“チラリズムの極意”を使って写真を載せている場合が非常に多いです。

自身のルックスが分かる写真も、顔から上半身の部分が写っていて、どういう容姿の人物かが分かる写真だけれど、かといって、正面からまともには写してなくて、ずばりの容姿は分からないけれど、なんとなく「良さげな容姿の男性」のような写り方をしている・・といった感じです。

また、外で、遠目から自身を撮っている写真も、本人の全体が写っていて、分かると言えば分かるけれど、完全にはっきりとは分からない。でも、なんとなく、その周りの環境も含め、本人が「良そうな人物」のように写っている・・

これを、僕は、写真での“チラリズムの極意を知っている男達”、と呼んでいますが(笑)、マッチングアプリ若い女性にモテる、40代・アラフォー男性は、皆、そのほとんどが(これは、もう100%、と言ってもいいと思います)、自身のプロフィールページに載せる写真は、前述したような感じの写真(チラリズムの写真)を載せています。

マッチングアプリに載せる自身の写真は、やたらと加工したりして、「実物」と、あまりにもかけ離れたりするのはよくありませんが(それをしたところで、加工した写真に騙された女性が「いいね!」などを付けてきますが、実際に会うと、「実物」がマッチングアプリ上の写真とかけ離れていて嫌がられるので、これは、ほとんど意味がありません)、あくまで「本人の写真」(変な加工をせずに)で、上手く写真を撮って、それを見た女性に、“良い男性のように思われる”、これはアリです。それは、あくまで「写真の撮り方」であって、嘘はついていませんから。

写真を撮ったアングルの工夫で、相手に良いように思わせるように“匂わせている”だけですから。

そして、このぐらいであれば、当日、本人と会った時に、加工アプリで写真を加工した時のような、“実物と恐ろしいほどのギャップがある”といったことも起きてきません。あくまで、写真に写っているのは「本人そのまま」ですからね。写真の撮り方を工夫しているだけで。

でも、こういうことを話すと、「加工しなくても、それだったら、相手を騙しているようで嫌だ!」と思われる方もいるかもしれませんが、前述したように、この「チラリズム」で写真を載せるのは、別に嘘をついているわけではないですし、また、そもそも、マッチングアプリに自身の写真を載せることは、マッチングアプリで女性と知り合い、その女性とそこで交流をして、実際に会うところまで持っていくことです。

これ(実際に会う)が出来なければ、マッチングアプリというものも、机上の空論のような話で、ただ、自身の写真とプロフィールを載せて、ネット上で女性とやり取りをするだけの「ヴァーチャルなもの」になってしまいます。

それだと、マッチングアプリをわざわざやっている意味がありませんので、マッチングアプリに載せる自身の写真は、極端に加工をした、いわゆる「嘘の写真」はダメですが、まともには自身の写真は載せず、本日お話した、“チラリズムの極意”で自身の写真を載せて、それを見た女性に「良い男性」のように想像してもらい、そして女性とやり取りをして、実際に会うところまで持っていくのが、マッチングアプリをやる上で、最も本質的で、また重要な部分になります。

というわけで、日頃、マッチングアプリをされている、40代・アラフォーの方は、自身のプロフィールページに載せる写真は、ぜひ、本日お話した“チラリズムの極意”、これで写真を載せるようにしてくださいね。そうすれば、若い女性からの「いいね!」も増えてくると思いますので。

また、あまり時間をかけず、“もう今すぐにでも、20代の恋人を作りたい!”というお急ぎの方は、こちらの方で「即効性の効果のある、具体的な方法」を公開していますので、またご興味のおありの方はお読みください(ブログでは書けない「情報・内容」を公開しています)⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら