40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

40代の男が若い20代女性に“コレ”を言うと、100%モテない(落とせない)

f:id:kurasawan:20180330000150j:plain

アラフォー・40代の男が、若い女性に“コレ”を言うと、100%モテない(落とせない)・・あなたはこれ、知っていますか?いくら好みの若い女性と知り合って、仲良くなっても、“コレ”を言った時点で「ジ・エンド」。そこで、その関係は終わってしまいます。その、アラフォー・40代の男性が、知り合って仲良くなった若い女性に言ってはいけない、“コレ”とは・・?

40代の男が若い女性に「コレ」を言うと、100%モテない(落とせない)。


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40代の男が若い女性に「コレ」を言うと、100%モテない(落とせない)」こちらをお送りしたいと思います。

アラフォー・40代の男性が、若い女性と何かで知り合って、いくらか会話をして、“コレ”を言うと、その若い女性にモテない(落とせない)というものがあります。

でも、多くのアラフォー・40代の男性は、何かの機会で若い女性(20代)と知り合い、いくらか親しく会話ができると、つい「コレ」を言ってしまいます。

でも、まだそのぐらいの関係性で、「コレ」をアラフォー・40代の男性が若い女性に言ってしまうと、まず高い確率でその若い女性を落とすことができない。それを言った時点で、若い女性は離れていってしまいます。

本日は、そのアラフォー・40代の男性が若い女性と知り合って、いくらか会話をした時、つい若い女性に言ってしまう、「ダメなワード(若い女性にモテないワード)」についてお話したいと思います。

若い女性と知り合う機会のあるアラフォー・40代の男性で、“コレ(ダメなワード)”を若い女性に毎回言っている男性は、「コレ」を言っている限り、いつまで経っても若い女性を落とす、ものにすることはできないので、ぜひ、本日の話は目を通して頂ければと思います。

アラフォー・40代男は、出会って仲良くなった若い女性に「コレ」を言うと、そこで“ジ・エンド”。

 

多くのアラフォー・40代の男性は、若い女性と知り合い、その若い女性が自分の好みで、そこでいくらか親しく会話ができると、つい「コレ」をその若い女性に言ってしまいます。

でも、「コレ」を言ってしまうと、その時点で、その若い女性をものにできる確率は極めて低いものになっていきます。というか、その時点でアウトです。

あなたは、“これ”、若い女性と知り合った時、つい言っていないでしょうか?

その、多くのアラフォー・40代の男性が、若い女性と知り合って、いくらか親しく会話ができると、つい言ってしまう「コレ」とは、ずばりこれのこと↓

・連絡先教えて(もしくは「連絡先交換して」「LINE交換して」等)

これ。

え? こんな普通のこと、言ってはダメなの?と、今これを読まれた方はそう思われたかもしれません。

でも、“このワード”、アラフォー・40代の男性が若い女性、例えば、25,6歳の女性と知り合って、いくらか親しく会話をしただけで「これ」を言っても、これ、まず上手くいきません(ただし、その若い女性が知り合ってすぐに、そのアラフォー・40代の男性のことが好み、好きだという場合は別です)。

これを言ってしまった時点で、その若い女性と、将来いい関係になれるかも・・という希望の芽はほぼ無くなります。

でも実際、若い女性と知り合って、いくらかそれなりに楽しく会話ができれば、これ、つい言ってしまっていませんか?

いくら、若い女性と何かで知り合って、いくらかの時間楽しく会話ができても、アラフォー・40代の男性が「これ」を、その若い女性に言った時点で、その女性を落とせる可能性は限りなく“ゼロ”に近づいていきます。それはなぜかと言うと・・

なぜ、アラフォー・40代男が、若い女性に「コレ」を言うとダメなのか?“その理由”。

 

アラフォー・40代の男性が、若い女性(20代)と知り合って、いくらかの時間、楽しく会話が出来た時、“これ”を言ってはいけない

・連絡先教えて(もしくは「連絡先交換して」「LINE交換して」等)

これって、なぜかと言うと、まず、これを言われた側の「若い女性の心情」から説明すると、若い女性が、アラフォー・40代の男性と何かで知り合って、いくらか会話をした後に「これ」を言われると、相手のアラフォー・40代の男に冷めてしまうからです。

その理由は、これ「・連絡先教えて(もしくは「連絡先交換して」「LINE交換して」等)」は、こちらから能動的に相手に仕掛ける「プッシュ型のアプローチ」だからです。

僕は常日頃、このブログでも言っていますが、アラフォー・40代の男性が、若い女性にこの「プッシュ型のアプローチ」で迫っても、それはほとんど上手くいきません(例外的に上手くいく場合もありますが、その率は低いです)。

これって、いわゆる女性への“情熱押し”のやり方ですが、これが若い女性に通用するのは、35歳ぐらいまでの男まで。

35歳を過ぎ、アラフォー・40代以降になって、この「プッシュ型のアプローチ」若い女性に迫ると、若い女性の目には、そのアラフォー・40代の男性は、みっともなく映ります。

もちろん、これは「100%必ず」というわけではありませんが、アラフォー・40代の男性が若い女性にこれ(プッシュ型のアプローチ)をした場合、かなり高い確率でそうなって(みっともなく見られる)きます。

そうではなく、アラフォー・40代の男性が何かの機会で若い女性と知り合い、その若い女性をものにしたいと思った場合は、「プル型のアプローチ」で迫った方が上手くいきやすくなります。

つまり、アラフォー・40代の男性は、何かの機会に若い女性と知り合い、たとえいくらかの時間、親しく話せたとしても、「プッシュ型のアプローチ」であるこれ↓

・連絡先教えて(もしくは「連絡先交換して」「LINE交換して」等)

これをやってはいけないということ。

これをやってしまうと、その時点で、その若い女性を落とせる確率は相当低くなってしまいます。

じゃあ、アラフォー・40代の男性は、知り合った若い女性との「連絡手段」を手に入れようと思えば、どうすればいいのか?と言うと、それは、

・連絡先を交換した方がいいシチュエーションを作り出すこと

ずばり、これになります。

例えば、何かで知り合った、若い女性といくらか親しく会話ができ、その際、“美味しい焼き肉の店”の話で盛り上がったとすると、その話の中で、女性の方から、「今度、連れて行ってくださいよ」といった“言葉”を引き出すことが出来れば、これは連絡先交換を女性に持ち掛けても、それが断られる可能性は低いです。なぜなら、それ(連絡先交換)をしないと、その女性をその店に連れて行くことは出来ないからです。

つまり、これが、「プル型(相手を引き付ける)アプローチ」

これは一つの例ですが、連絡先交換一つとっても、アラフォー・40代の男性は、若い女性に対しては粘り強く、「プル型のアプローチ」に終始した方がいいし、また、それをすると、若い女性と親密になっていきやすいのです。

というわけで、アラフォー・40代の方は、好みの若い女性と知り合って、いくらか親しく会話が出来たとしても、決して、この「連絡先教えて(もしくは「連絡先交換して」「LINE交換して」等)」これは言わないようにしてください。

アラフォー・40代の男性が、知り合ったばかりの若い女性にこれをして、上手く行くことは、ほぼないと思いますので。

また、アラフォー・40代の男性が若い女性を落とせる、「その他のプル型のアプローチ」については、こちらの方で、その具体的なやり方をお伝えしていますので、また良かったらご覧になってみてください⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら