40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

40代男の若い20代女性とのデートは“一発勝負”!

f:id:kurasawan:20200712215015j:plain

40代・アラフォー男性の若い女性とのデートは、“一発勝負”!これ、40代・アラフォーの方は正しく理解できていますか?若い女性とのデートは「最初の1回目のデート」がダメだと、もう100%、次の2回目はありません。“その理由・原因”について、論理的に詳しく解説したいと思います。

40代男性の若い女性とのデートは、“一発勝負”だ!


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40代・アラフォー男の若い20代女性とのデートは、“一発勝負”!」こちらをお送りしたいと思います。

以前から、このブログでも言っていることですが、40代・アラフォー男性が、若い女性とデートする時は、このデート、まさに“一発勝負”の真剣デート(そんな言葉、無いかもしれませんが)になります。

40代・アラフォーの男性が、何かの機会に若い女性(20代女性等)と知り合い、近々、デートすることになった。

この若い女性とのデート、40代・アラフォーの男性が適当にこなしても、次回(2回目のデート)があるとは思わない方がいいです。

はっきり言って、40代・アラフォーの男性が、若い女性と「デート」することになった時、この初回の1回目のデートがいまいち、あるいは、ごく普通(若い女性の期待値を超えない)の場合、次、2回目のデートを若い女性に誘っても、ほぼほぼ2回目のデートは受け入れてもらえないです。

これは、どんな40代・アラフォーの男性であっても(イケメンの40代・アラフォーの男性であっても)同じです。

40代・アラフォーの男性が何かの機会に若い女性と知り合って、その若い女性とデートすることになった時、「その初回のデート」が、その若い女性にとってそれほどでも無かった場合(ごく普通、ありきたりの)、その若い女性との2回目のデートは、ほぼ無い、と思った方がいいです。

これって、なぜかと言うと・・

40代・アラフォー男の若い女性との「1回目(初回)のデート」は、いきなり、若い女性の期待値を「大きく超えなければならない」。

 

“40代・アラフォーの男性が、知り合った若い女性とデートすることになった時、その「初回のデート」がいまいち(若い女性にとって、期待するほどのものでは無かった)だった場合、その若い女性との2回目のデートは、ほぼ無い”

これって、なぜかと言うと。

例えば、この、何かの機会に知り合ってデートすることになった若い女性が、そうですね、26歳の「それなりにモテそうな、綺麗な若い女性」だとします。

40代・アラフォーのあなたは、この若い女性と何かの機会に知り合って、その後、連絡を取り合い、近々デートすることになった。

あなたが、この若い女性(それなりにモテそうな、綺麗な26歳の女性)を、近々の日程で食事に誘うと、これに承諾をしてくれたのです。

この時、あなたは、この綺麗な若い女性がデートに応じてくれたので、かなり気持ちは上がっていると思います。まあ、単純に嬉しいですし(綺麗な、それも、26歳の女性がデートに応じてくれたので)、デートの当日が近づくにつれ、彼女に対する気持ちは上がり続けると思います。人によっては仕事も手につかず、常に、この日の彼女とのデートのことを考えるかもしれません。

一方、40代・アラフォー男性のデートの誘いに応じた、その綺麗な26歳の女性の方は?と言うと、前述のあなたのような気持ちに比べ、かなり「淡々としている」というか、当日のあなたとのデートについては、「ま、ちょうど今、時間が空いているし、誘われたから行ってみるか」ぐらいの“ライトな感覚”、いわば「40代・アラフォー男性のデートのお試し」といった感覚で当日臨んできます。

もちろんこれは、若い女性でも、相当な“おじさん好き”で、しかも、あなたのことが「超好み」であった場合は、これには当てはまらないですが(その場合、前述したあなたのように、女性も、当日のデートについては気持ちが盛り上がっていると思います)。

そうではなく、ごく普通、ニュートラルな感覚の綺麗な26歳の女性の場合、40代・アラフォー男性とのデートに臨む時は、大なり小なり、前述したような気持ち「ま、ちょうど今、時間が空いているし、誘われたから行ってみるか」ぐらいの、非常にライトな感覚で臨みます。

で、相手が、こういった、ラフでライトな感覚で当日のデートに来ているのに、そのデートがごく普通、ありきたりのデートだった場合、その若い女性の気持ちは、「ふーん、40代(もしくはアラフォー)の男性のデートってこんなものか。ただ、おじさんとデートしただけだ」といったデート後の感想となり、これで次、また2回目のデートを誘って、それに応じてくれるはずがないのです。

40代・アラフォーの男性で、20代の女性と一度デートできたのに、次、2回目のデートに誘っても、これに応じてくれないという場合は、ほとんどの場合において、その初回のデートが、若い女性にとって“この状態”(ふーん、40代(もしくはアラフォー)の男性のデートってこんなものか。ただ、おじさんとデートしただけだ)なのです。

では、なぜ、40代・アラフォーの男性が若い女性とデートをした時、そのデートがごく普通でありきたりだと、この状態(若い女性が2回目のデートに応じてくれない)になるのか、と言うと、至極簡単に言ってしまうと、特別におじさん好きとかではない、普通の、若くて綺麗な女性の場合、知り合った40代・アラフォーの男性とデートすることになっても、そのデートには当日、かなり“上から目線”でデートに臨むからです。

簡単に言うと、そういった若い女性は、40代・アラフォー男性に対して、“自分の値打ちと価値”(若くて、美貌がある)を分かっているのですね。

なので、そういった若い女性が、知り合った40代・アラフォー男性との初めてのデートに臨む時は、その若い女性が性格が悪いとか、そういうことではなく、ごく自然に“この心理状態”(上から目線)で、当日デートにやってきます。

じゃあ、そういった若い女性に対して、ごく普通の、またありふれた、ありきたりなデートをして、次に繋がりますか?という話です。

相手が「上から目線」で来るのなら、その思い、感覚を覆すような、その若い女性の想像を裏切るようなデートをして、初めて「わ!大人の男性のデートって、若い男性のデートとは全然違う!」となって、そうしてようやく、次の2回目のデートに繋がるのです。

そんな、こちらがへりくだるような、立場が下のような状態でデートなんてしたくない、なんて思われるかもしれませんが、実際、若くて美貌のある女性には、ただそれだけで価値があります。

「その女性をものにしたい」と思うのなら、最初は相手が立場が上で、上から目線で来ても、その感覚を、ものの見事に覆すようなデートを相手に味合わせれば、そこからはまた立場を逆転していくことができます。

前述したように、その「初回のデート」で、若い女性に、「わ!大人の男性のデートって、若い男性のデートとは全然違う!」と思わせれば、おのずとこちらの立場は上がっていきますので。そして、そういったデートができて初めて、次の2回目のデートにも応じてくれるようになります。

なので、40代・アラフォー男性にとって、若い女性とのデートは、まさに“一発勝負、真剣勝負のデート”になるのです。お分かり頂けましたでしょうか?

また、あまり時間をかけず、“もう今すぐにでも、20代の恋人を作りたい!”というお急ぎの方は、こちらの方で「即効性の効果のある、具体的な方法」を公開していますので、またご興味のおありの方はお読みください(ブログでは書けない「情報・内容」を公開しています)⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら