40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

薄毛が目立たない髪型、40代男性の場合は・・“コレ”。

f:id:kurasawan:20180328231509j:plain

薄毛が目立たない髪型、40代男性の場合、これ、どうすればいいのか?実は、40代男性で薄毛の方は、“このやり方”をすれば、薄毛が目立たない髪型になってきます。その“薄毛が目立たない髪型”の40代の場合は・・?

薄毛が目立たない髪型、40代男性の場合は・・?


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、薄毛目立たない髪型40代男性の場合は・・“コレ”」をお送りしたいと思います。

一般的に、男性も40代に入ると、髪の毛が「薄毛」になってきます。かくいう、この僕も、40代に入ってから髪の毛がけっこう後ろに後退してきました。

まあ、40代に入っても髪に全く問題の無い、髪の強い方もおられますが、世間の6割、7割以上の方は、40代に入ると、その程度の差はあれ、髪の毛は“薄毛”になってくると思います。

で、「40代に入ってからの薄毛が目立たない髪型とは?」これが本日のテーマですが、結論から言いますと、薄毛が目立たない髪型は、ほぼ無い、これが結論になってしまいます。残念ながら。

もちろん、髪を短くしてショートヘアにするとか、髪が脱毛している箇所を別のところから持ってきた髪の毛で隠すなどして、多少は薄毛の印象を軽減、また、誤魔化すことは出来ますが、それでも、それで「完全に薄毛にはなっていない」という印象を他人に与えることは、ほぼ無理。

人間の目って、思っている以上に精巧に出来ているので、薄毛が上手く目立たない髪型にしたところで、「上手なヘアスタイルをしているけれど、まあ、“薄毛”なんだろうな」ということは他人は分かってしまいます。

髪が実際に少なくなってきている以上、もうこれは仕方の無いこと。

じゃあ、もうどうしようもないじゃないか、一体、薄毛が目立たない髪型という、今日のテーマはなんなんだ?と思われるかもしれませんが、そう思われるのは早計。

ちゃんと、本日は「薄毛が目立たない髪型」についてお話しようと思います。40代で薄毛の方は、ずばり、“コレ”をやればいいのです・・

薄毛の男性は“●●から離れる”のが、ベストな戦略。

 

40代の男性で薄毛になってきている場合、その薄毛をどうやって目立たないようにすればいいか?もしくは、“その薄毛が目立たない髪型”とは?

先ほど、いわゆる「髪型」としては、薄毛が(完全に)目立たない髪型は無い、という話をしました。その理由は、人間の目はそういったことに瞬時に気づく、精巧な作りになっているからです。

じゃあ、薄毛が目立たないようにするには、一体どうすればいいのか?というと、それは、これなんです↓

・髪の毛から離れる(意識を離す)

これ↑

前述したように、髪が「薄毛」なのは、もうどうしようもない。どういった巧妙なヘアスタイルをしたところで、結局、薄毛だということは他人にバレてしまう。

じゃあ、もうそこ(髪が薄毛)のことは割り切って、そこ(髪)以外で、薄毛が目立たない対策を考える。これが賢く、またベターなやり方です。

薄毛目立たない髪型”というと、もう「髪型にばかり」考えがいってしまいますが、そうではなくて、髪以外の部分で薄毛が目立たないやり方を考えるということ。

では、“そのやり方”はどういうものがあるのかと言うと・・

薄毛の40代男性が、薄毛を目立たなくさせようと思えば、ずばり、“コレ”をすればいい。

 

40代男性で薄毛の方が、薄毛が目立たないようにしようと思えば、もう意識を「髪の毛」「髪型」から離れる。そして、「髪の毛以外の部分」で、薄毛が目立たない戦略を立てる・・

これって、どうすればいいのか?と言うと、それはずばり、これになります↓

・他人の視線を「髪の部分より下」に持ってくる

「これ」が、薄毛が目立たないようにするための“ベターなやり方”になります。

例えば、これはどうすればいいのか?というと、少し高級なブランドの眼鏡をかけるとか、口髭、顎髭をたくわえるとか、センスの良い少し目立つネクタイをする、などです。

特に、薄毛になっている方で、髪の毛が後ろに後退している方は、「少し値の張る高級な眼鏡をかける」のは、薄毛を目立たないようにするのに非常に効果的です。というのは、「薄毛」と「高級なブランドの眼鏡」というのは親和性があるというか、相性が良いからです。

この場合、例えば、髪の毛をオールバック気味にして額をすっきりと出し(額が広くなっていたとしても)、そして、「眼鏡のふちの幅のある」高級ブランドの眼鏡をかけると、顔全体の印象はかなり良くなります。

なぜ、“薄毛”と“眼鏡”の相性が良いかと言うと、眼鏡のスタイルを人によく見せようと思えば、眼鏡を「顔の主役」にする必要があり、その場合、あまり髪が多く、眼鏡のふち付近まで髪が下りてきている髪型(前髪を下ろし、額を隠した髪型)だと、眼鏡のスタイルがあまり目立たず、眼鏡自体の良さが出せないからです。

でも、額をすっきりと出して眼鏡をかけると、眼鏡が顔の中心、主役となり、眼鏡のスタイルが良く見せられるのでいいのですね。また、髪が後ろに後退して、額が広くなっていたとしても、眼鏡が取る面積によって、その額の広さも軽減されます。

なので、薄毛の方は、髪をアップにして、高級でお洒落な眼鏡をかけたら、顔の全体の印象としては、かなり良い感じになるので、あまり薄毛のネガティブな面が出にくい。つまり、それは結果として、薄毛を目立たなくさせる、「薄毛が目立たない髪型」に繋がってくるのです。

また、それだけではなく、可能であれば、口髭、顎髭も品よく生やせば、男性の場合、髭と眼鏡との相性も良いですし、また、他人の視線を髪の毛よりも下に持ってくることができます。

そしてそれに加え、「締めるネクタイ」も、センスが良いけれども、「少し目立つデザイン・柄のもの」をすれば、さらに他人の視線を下に下に持ってくることができます。

このように、40代で薄毛の方は、“髪”にこだわらなくても、「それ以外の手段」で、薄毛を目立たなくさせる、もしくは、薄毛を活かす雰囲気を作ることができます。

たとえ薄毛でも、もうその薄毛を下手に隠さず、すっきりと額を出し、高級でお洒落なブランドの眼鏡をかけ、口髭、顎髭をたくわえると、薄毛ではあるものの、“大人の印象”を他人に与えることができ、全体の印象が良くなります。

逆に、高級な眼鏡、口髭、顎髭をたくわえている男性で、“髪は剛毛”という方はあまりいないと思います。

「薄毛+高級な眼鏡+口髭、顎髭」というセットが、“大人の印象”を与えるのなら、薄毛の方は、もう“そのパターン”に乗ってしまった方がいいと思いますね。

とにかく、薄毛の方は、もうそれを他人に完全に分からないようにするのは不可能なので、ならば、もう“髪の毛からは離れて”、「その他の面」でその薄毛を活かし、薄毛が目立たないようにすることが賢い戦略だと思います。

また、その40代男性の薄毛が目立たないスタイル&コーディネート、薄毛がむしろ格好よく見えるスタイルについてのやり方・方法は、こちらでその具体的な方法を書いていますので、また良かったらご覧になってみてください⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら