40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

男は40歳を過ぎると、髭を生やせば、顔に“色気”が出る(40代・アラフォー男性)。

f:id:kurasawan:20200618174959j:plain

男は40歳を過ぎると、“髭”を生やせば、顔に“色気”が出る・・なぜ、男は、40歳を過ぎると、髭を生やせば、顔に「色気」が出るのか?“その理屈・仕組み”について、私、倉沢が論理的にご説明いたします。

男は40歳を過ぎると、「髭」を生やせば、顔に“色気”が出る。


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「男は40歳を過ぎると、髭を生やせば、顔に“色気”が出る」こちらをお送りしたいと思います。

男は40歳を過ぎてくると、「髭」を生やせば、顔に“色気”が出てきます。

これは、“その理屈”としては合っていて、なぜかと言うと、いつもこのブログで言っているように、男は、40歳を過ぎてアラフォー、40代以上になってくると、見た目については、若い男性のような“爽やかさ”を目指さない方がいいからです。

これは、何も「汚くなれ」と言っているのではなくて、一定の清潔感は、当然保ちつつも、でも、若い男性が持つような「ツルッとした爽やかさ」は目指すべきではない、ということ。

それよりも、アラフォー、40代以上の男性は、若い男性には無い“渋み”“重み”、また、若い男性のようなギラギラとした部分は抜けた“枯れた色気”、こういうところを目指した方がいいので、顔の髭を綺麗に剃って、肌がツルッとした感じにしているよりも、多少、無精ひげのような感じにしている方が、アラフォー、40代以上の男性の見た目の「目指すべき方向」としては合っているのですね。

顔の髭を綺麗に剃ると、たしかに爽やかな感じにはなるのですが、40代・アラフォー男性の場合、妙に顔がツルッとしてしまって、それは年齢的に少しアンマッチなのですね。20代の男性は、顔の肌はツルッと美肌になればなるほど良いのですが。

40代・アラフォー男性は、見た目については、爽やか路線を目指さず、渋い、重みを目指していくのなら(あくまで、これは僕個人の意見ですが)、この“髭を顔に生やす”というのは、その趣旨にぴったりと合ってくるのですね。

また、髭を生やせば、40代・アラフォー男性にとって非常に大きなメリットがあって、それは何かと言うと、顔にできた、しみや皺、また、たるみ(顔の)などを上手く隠してくれることです。

顔の髭を綺麗に全部剃ってしまうと、これら(しみ・皺・たるみ)は、全部丸裸になって、他人の目にさらされてしまいます。

なので、40歳を過ぎたアラフォー、40代以上の男性が、髭を生やすことは、見た目を良くするだけでなく、40代・アラフォー男性ならではの劣化部分(しみ・皺・たるみなどのマイナス要素)を上手くカバーできるので、これは生やせるのなら、生やした方がいいのですね、40代・アラフォー男性は。

これができるのは、まさに「男性だけ」で、女性の場合、アラフォー、40代になっても、髭で、顔のしみや皺、たるみを隠すなんてこと、できませんから(笑)。

なので、40代・アラフォー男性が髭を生やすことは、色々と良いメリットがあるのです。

若い女性にモテる40代・アラフォー男性がやっているのなら、素直にそれを真似した方がいい。

 

僕は日頃、テレビや映画などに出ている、若い女性に人気のある40代・アラフォー男性の俳優やミュージシャンをベンチマーク(参考にする)して、自分の見た目のコーディネートを考えたりするのですが、そういった40代・アラフォー男性の彼らを見ていくと、彼らは皆、40代になると、髭を顔に蓄える男性が非常に多いことが分かるのですね。

若い女性に人気のある、40代・アラフォーの俳優やミュージシャンで、顔の髭を綺麗にさっぱりと剃ってしまっているという男性は、あまり見かけないと思います。

もちろん、ドラマなどの役柄などでは綺麗に剃ることもありますが、彼らのオフショット(プライベート写真)を見ると、若い女性に人気のある、40代・アラフォーの俳優やミュージシャンは皆、ほとんどが、何かしら、髭を顔に生やしています。

その髭の生やし方は色々で、ガッツリと髭を生やす方もいれば、うっすらと生やす人、無精ひげっぽく生やす人など、その髭の生やし方は様々ですが、いずれにしても、若い女性に人気のある、二枚目路線の40代・アラフォーの俳優は皆、顔に「髭を生やして」います。

ということは、若い女性にモテたいと思う、40代・アラフォーの男性は、髭を生やした方がいいのです(笑)シンプルに考えて。

若い女性に人気のある、40代・アラフォーの俳優やミュージシャンが、普段、髭を生やしていて、その髭を生やしている、40代・アラフォーの俳優やミュージシャンのことを、若い女性が良いと思うのなら、一般の40代・アラフォーの男性も、それに倣って、やはり髭を生やした方がいいのです。

物事はシンプルに考え、シンプルに行動していけば、良い結果がついてきます。

ただ、こういうことを話しても、「自分は仕事柄、髭は生やせない」という方もいるかと思います。そういう方に僕がお勧めするのが、週末の土日だけ髭を生やす、というやり方です。

それも、これは巧妙に、平日の最後の曜日の「金曜日」だけ、髭を剃らずに出社します。

そうすれば、その日は、髭を剃っていないのがバレてしまいますが、でも、前日は髭を剃っているので、「今日、バタバタしていて、剃れなかった」と言えば、周りは、それなりに納得してくれます。前日は剃っていて、その翌日(当日)は剃っていなくても、そこまでは酷い状態にはならないので。

そして「その状態」で土曜日を迎えれば、けっこう良い“無精ひげっぽく”はなってきます。その翌日の日曜日はさらに良い感じでしょうね。

・・と、このように、髭を生やすことができないサラリーマンの方は、「週末だけ髭を生やすこと」をお薦めします。

もっとも、髭がもの凄く濃い、という方は、前述した「金曜日に髭を剃らない作戦」はやめた方がいいです。そういう方は、土日だけ剃らずにいるのをお薦めします。

いずれにしても、40歳を過ぎたアラフォー、40代以上の男性は、髭を生やすと、40代・アラフォー男性の顔のマイナス要素を上手く隠せ、その上、顔に“色気”も出てきますので、ぜひ、髭を生やされるのをお薦めいたします。

また、アラフォー・40代男性が若い彼女を作るための、「もっと具体的なノウハウ・やり方」については、こちらの方でその具体的なやり方をお伝えしていますので、また良かったらご覧になってみてください⇒10日間無料セミナー

by 倉沢望

⇒40男が10日で若い彼女が作れる無料セミナー

⇒倉沢の恋愛&婚活カウンセリングはこちら