40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

男の“モテのピーク”が来る「年齢」は、人によって違う。

f:id:kurasawan:20200618231335j:plain

男の女性からの“モテのピーク”が訪れる年齢は、人によって異なります。これって「なぜそうなる」のか?これについて、私、倉沢が“科学的に”説明したいと思います。

男の“モテのピーク”が来る「年齢」は人によって違う。


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「男の“モテのピーク”が来る年齢は、人によって違う。」こちらをお送りしたいと思います

男性の、女性からの“モテのピーク”が来る年齢は、人によって違います。

小学生の時が「モテのピーク」だったという方もいれば、モテのピークは中学生、いや高校生、いや大学生の時だった、いや学生の時ではなく、「社会人になってから」・・など、男性の女性からの“モテのピーク”が来る年齢は、人によって変わってきます。

ちなみに、私、倉沢の“モテのピーク”は(そんな大それた話ではないですが^^)、振り返ってみると、多分「28歳ぐらいの時」だったかな、と思います。

自分で言うことほど嘘くさい話はないですが、この頃は正直、狙った女性にアプローチすれば、ほぼ全員落とせるというくらい、“無敵感”がありました。つまり、僕自身の女性からの“モテのピーク”はこの頃だったわけです(なので、今は「経験とテクニック」でどうにかしてます 笑)。

で、この女性からの「モテのピーク」、30歳を過ぎてから突然来る、という方も、もちろんおられます。

僕の知人で、30歳ぐらいまでは全く女性にモテなかった男性が、30歳を過ぎてから、突然、女性にモテるようになった、という人物がいました。

彼は営業系のサラリーマンでしたが、仕事もバリバリやって、仕事にも自信を付け、また、その仕事のスーツ姿が板についてきて、その仕事上での自信と、似合ってきたスーツ姿が、30歳過ぎてから“絶妙に良い感じ”になってきて(女性から見て)、女性にモテるようになったと僕は分析しています。

彼のことは学生時代から知っていますが、正直、学生時代から30歳ぐらいになるまで、女性にモテた試しはなく、それが30歳を過ぎてから“急にブレイク”、女性からのモテのピークが来ました。

この頃の彼は、あまり人に言える話ではないですが、2,3人の女性を掛け持ちで付き合っていましたからね。それも、けっこう可愛い20代半ばくらいの女性と。

それまでは、一人の女性をものにするのにも大変苦労していた彼なのに、30歳を過ぎた辺りから、急に“モテのピーク”が来て、本人も、まさに“ウハウハの状態”になったのです。

で、この女性からの“モテのピーク”、35歳を過ぎたアラフォーになってから、また40代になってから来るという男性もいます。

40歳になるまでは、女性に全くモテた試しが無かったのに、何か、女性と出会う場に行けば、やたらと女性に良いことを言われる。それまで、本人は女性にモテた試しが無いので、「冗談を言われているのだろう」とつい思ってしまいますが、こういう場合、その男性に、女性からのモテのピークが訪れている可能性があるのです。

つまり、この場合、「モテのピークが40代で来ている」ということです。

“この状態の時”は、女性に本気で迫れば、けっこう高い確率で落とせる、まさに“無双状態”なので、こういう時の女性からの態度の変化は見逃さず、確実にキャッチした方がいいです。

ただ、こういうことは、自分ではなかなか分かりづらいですが、何か、行く先々で、「今まで女性にあまり言われなかったことを言われる」「なぜか良いことを言われる」といった場合、この“モテのピーク”が来ている可能性があるので、よく注意して、女性の態度を観察した方がいいです。

“一番ちょうど良いさじ加減の雰囲気になる年齢”は、人によって異なる。

 

ではなぜ、人によって、この“モテのピーク”が訪れる年齢が違うのか?と言うと、それは人によって、「その人の雰囲気が一番良い時」(女性から見て)が、年齢によって違ってくるからです。

例えば、僕の場合は、それ“その人の雰囲気が一番良い時(女性から見て)”は「28歳ぐらいの頃」だったのだと思います。

“僕と言う生き物”が、28歳ぐらいの時に“一番良い、さじ加減の雰囲気(女性から見て)”を身にまとっていたのだと思います。

僕の場合は、それ(その人の雰囲気が一番良い時)が28歳ぐらいの頃でしたが、これが、人によっては、二十歳ぐらいの頃、25歳ぐらいの頃、35歳ぐらいの頃など、人によって様々、色々だと思います。

芸能の世界に目をやると、例えば、今、女性に人気の「高橋一生」という俳優は、もう子供の頃から役者をやっている、長く俳優生活を送られている方なのですが、この方が女性人気に火がついて、ブレイクしたのが、たしか“35歳ぐらいの頃”です。

20代の頃は「わき役」ばかりで、30歳の頃でも、まだブレイクしていない。35歳ぐらいになって、一気に女性からの人気に火がついた。

これって、なぜかと言うと、「高橋一生」さんの“雰囲気”が、絶妙のさじ加減で良くなってくるのが、35歳頃だったから、です。つまり、“この年齢”になって、彼の雰囲気が「一番良い、さじ加減の雰囲気」になってきた。だから、この年齢になって、突然ブレイクした。女性からの人気が出たのです。

彼の、女性から見た時の“一番良い雰囲気”は、二十歳の頃でもなく、25歳ぐらいの頃でもなく、30歳ぐらいの時でもなく、“35歳頃”、だったわけです。

また、彼に似た感じの俳優の「西島秀俊」も、若い頃は知る人ぞ知る、ぐらいの女性人気でしたが、35歳を過ぎてアラフォーになって、いきなり大きく女性からの人気がブレイクしました。

この人も、「アラフォーになってから」が、“一番ちょうど良いさじ加減の雰囲気”になった、と言えます。

「モテのピーク」は、見た目だけが全てではないですが、でも、このように、「その人の持つ雰囲気」が、アラフォー・30代後半頃から、女性から見て急に良くなりだす、ということは、しばしばあります。

なので、今アラフォー、40代だという方は、もしかしたら、今、女性からの“モテのピーク”が訪れているかもしれませんので、“女性からの自分への発言”は、注意深く聞いておいた方がいいと思います。

「あれ? なんか最近、女性から、やたら良いことを言われるな?」という時は、それ(モテのピーク)が来ている“サイン”ですので、ぜひお見逃しなく。

また、アラフォー・40代男性が若い彼女を作るための、「もっと具体的なノウハウ・やり方」については、こちらの方でその具体的なやり方をお伝えしていますので、また良かったらご覧になってみてください⇒10日間無料セミナー

by 倉沢望

⇒40男が10日で若い彼女が作れる無料セミナー

⇒倉沢の恋愛&婚活カウンセリングはこちら