40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

40代・アラフォーの中年男好きの若い女と、普通の若い女は、“全く別の生き物”(若い女・トリビア)

f:id:kurasawan:20200709220034j:plain

40代・アラフォーの中年男好きの若い女性と、普通の若い女性は“全く別の生き物”。これ、正しく理解していますか?あなたが、今、接している若い女性は、40代・アラフォーの中年男好きの若い女性?それとも、ごく普通の若い女性?どちらでしょうか・・?

40代・アラフォー男好きの若い女と、普通の若い女は、“全く別の生き物”


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40代・アラフォーの中年男好きの若い女と、普通の若い女は、“全く別の生き物”。」こちらをお送りしたいと思います。

さて、あなたの目の前に、似たような容姿・雰囲気の「若い女性」が二人います。彼女たちの年齢は二人とも、まあ、「26歳」ということにしておきましょうか。

この二人、一方が、ごく普通の年相応の26歳の女性。そして、もう一方が、見た目は26歳だけれども、“男”については、アラフォー、40代以上の男が好きな女性。

例えば、前者の26歳の女性は、「男性の好みは?」と聞くと、「福士蒼汰」とか「竹内涼真」で、後者のアラフォー、40代以上の男が好きな26歳の女性は、「西島秀俊」とか「大沢たかお」・・

この二人、年齢こそ同じで、見た目や雰囲気も同じ(という仮定で)ですが、「中身」については、もう“全く別の生き物”と言っても過言ではありません。

例えば、この二人の若い女性にそれぞれ、「ある40代の男性」が何かの機会に知り合って、コミュニケーションを取っていったとします。

その場合、前者(福士蒼汰竹内涼真が好き)の26歳の女性に対して、どれだけ手厚く、また思いやり、優しさを持って接しても、その女性の「男に対する感情」は一部例外を除き、ほぼ永久に(365日)「自分に優しくしてくれる、お父さんみたいな人」という感情からは変わりません。

どこまでいっても、その女性の目に映るのは、「おじさん」「中年男性」「お父さんみたいな人」といった認識です(相当な時間をかければ、この感情も変えることもできますが、一般的な場合において)。

一方、後者(西島秀俊大沢たかおが好き)の26歳の女性の場合は、何度か交流を重ねるうちに、男性が、その女性に対して優しく思いやりを持って接すれば、やがて、その女性は男性に対して、“異性として見る“ようになります。そして、その交流の延長線上に“男女の仲”になる、といったことも起きてきます。

前者(福士蒼汰竹内涼真が好き)の26歳の女性の場合は、40代の男性が、どれだけ長い時間をかけて思いやりを持って、また優しく接しても、“ミリ単位”でも感情が動かない(恋愛対象にならない)のに対し、後者(西島秀俊大沢たかおが好き)の26歳の女性の場合は、そうですね、3,4回、思いやりを持って接すれば、かなりその女性の気持ちは動いてきます(異性として意識)。

例えば、前者(福士蒼汰竹内涼真が好き)の26歳の女性の場合は、40代男性の肉付きのよい、脂の乗った体(ぽこっと出たお腹等)は、どこまでいっても、“無駄な贅肉”ですが、後者(西島秀俊大沢たかおが好き)の26歳の女性にとっては、最初こそ、「お腹、けっこう出てるな~」と思うものの、やがて交流を重ねるうちに、その、ぽこっと前に出た、40代男性のお腹にどこか愛らしさを感じてくる・・このぐらいの“感情の持ち方の違い”があるのです。

このこと一つ取ってみても、前述した両者は、年齢や見た目・雰囲気が同じであったとしても、最低でも、“日本人とアメリカ人ぐらいの違い”はあって、もう「全く別の生き物」と言っても過言ではないのです。

ということは、若い女性をゲットしたいと思う、40代・アラフォー男性が、若い女性にアプローチする時に注意しなければならないのが、今、まさにアプローチしている若い女性が、前述した、前者の方(福士蒼汰竹内涼真が好きな)ではなくて、後者の方(西島秀俊大沢たかお、等が好き)であるか、という点です。

はっきり言って、40代・アラフォー男性が、ここでの「前者の若い女性(福士蒼汰竹内涼真が好き)」であれば、そこでの努力、苦労は“暖簾に腕押し”、まずほとんど報われることはありません(もっとも、100%無理だということはないですが、その確率は極めて低くなります)。

反対に、今、アプローチを仕掛けている、若い女性が後者(西島秀俊大沢たかお、等が好き)の若い女性である場合、やり方次第では、十分にそのアプローチが報われる可能性は出てきます。

なので、いつも、このブログでよく言っていることですが、40代・アラフォー男性が若い女性をものにしたいと思えば、行く若い女性を間違えてはいけないということ。最初から、40代・アラフォー男性に少しでも興味がある若い女性に行かなければならない、ということです。

余談になりますが、僕が、まだ35歳ぐらいの時に、25歳のかなり可愛い女性と知り合って、しばらく(本当に少しの間)お付き合いをしたことがありますが、その時、“35歳の僕でも、まだ若い”と彼女に何度か言われました。

僕と付き合う以前には、彼女は、40歳以上の男性ばかりと付き合っていたらしく、その時の35歳の僕では、彼女にとって、かなり若く思われたのだと思います。

結局、その女性とは付き合ってみたものの、わずか1か月足らずで自然消滅してしまいました。おそらく、40代・アラフォー男性好きの彼女にとっては、35歳の僕は少し物足りなかったのだと思います。

で、この25歳の女性との関係が自然消滅した後、また誰かの合コンのようなもので、同じく、25歳の女性と出会ったのですが、今度は、その女性にえらく“おっさん扱い”されましてね(笑)。

このように、同じ「若い女性」でも、40代・アラフォーの中年男性好きの若い女性と、普通の若い女性とでは、「全く別の生き物」と言っても言い過ぎではないので、皆様、くれぐれもご注意を(笑)。

また、あまり時間をかけず、“もう今すぐにでも、20代の恋人を作りたい!”というお急ぎの方は、こちらの方で「即効性の効果のある、具体的な方法」を公開していますので、またご興味のおありの方はお読みください(ブログでは書けない「情報・内容」を公開しています)⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら