40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

口下手(くちべた)・会話下手の男は、女性とは“対面デート”は避けた方がいい。“その理由”。

f:id:kurasawan:20200709150209j:plain

口下手(くちべた)、会話下手の男性は、女性とのデートは、“対面デート”は避けた方がいい。これって、なぜか知っていますか?実は、口下手、会話下手の男性は、女性とデートする際、「対面デートは、100%やらない方がいい」のです。では、口下手な男性がやった方がいいデートは、“●●●デート”、これになります。その、口下手、会話下手の男性が女性とのデートでやるべき“●●●デート”とは・・?

口下手(くちべた)・会話下手の男は、女性とは“対面デート”は避けた方がいい。「その理由」。


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「口下手(くちべた)・会話下手の男は、女性とは“対面デート”は避けた方がいい。その理由」こちらをお送りしたいと思います。

僕の恋愛・婚活カウンセリングに来られる方は、口下手、また女性との会話を苦手とする男性の方がけっこう多いです。

逆に言うと、「口下手だから、女性とのコミュニケーションが苦手」だとも言えます。

でも、口下手でも、女性との会話が苦手でも、婚活を成功させようと思えば、「女性とデート」をしないわけにはいかない。

それをしないことには、婚活といっても「絵に描いた餅」ですからね。

口が上手くても、苦手でも、また、女性との会話が上手、下手に関わらず、婚活を成功させて、望む女性をゲットしようと思えば、女性とデートすることは「必要不可欠」です。

で、この女性とのデート、口下手、また、自分で会話下手だと思う方は、女性とデートする時は、“これ”をするのは避けた方がいいです。それは、これ↓

・対面(向かい合っての)デート

これ。

例えば、これがどういうものかと言うと、女性とデートする時に、どこかレストランなどを予約して、そこで数時間、女性と向き合って(対面で)食事のデートをする、とかです。

これ、なぜか、口下手、会話下手な方に限ってやられる傾向がありますが、口下手な男性が、これ(対面デート)をやるということは、自ら、ハードルの高い難しいデートを自分に課しているような感じになります。

はっきり言って、初対面の人間(それも異性)と、例えば2時間とか、小さいテーブル(二人用)で、対面で向かい合って食事をしながらコミュニケーションを取るということは、それなりに会話が得意な人間であっても、それなりに圧(プレッシャー)がかかる行為です。

もし、途中で話す会話が無くなって沈黙になれば、相手を黙って見つめるしかないですからね。相手はすぐ目の前にいますから。

また、その際、相手を見ずにどこか別の方に目をそらしていれば、それはそれで、こちらが何か気まずい気持ちにでもなっているのかと相手に思われてしまいます。

いずれにしても、初対面の人間と、最初から「対面で(向かい合って)」コミュニケーションを取るということは、そもそもが、けっこうスキル(会話スキル)の要ることなのです。

それを、口下手な方、また、自分で会話下手だと思う方がすれば、これは、そのデートがあまり上手くいかないのは目に見えています。また、その際、それなりに会話を盛り上げたとしても、本人の中では、相当必死な思いでそれをやっていると思います(口下手の男性の場合)。

もう一度言いますが、初対面の相手と、最初からいきなり「対面で(向かい合って)」コミュニケーションを取るということは、それなりに難しい行為なのです(もちろん、仕事の打ち合わせなど、最初から、それをする目的がはっきりしている場合は別ですが。婚活など、ただ楽しく会話だけでコミュニケーションを取る目的の場合は難しいです)。

なので、ご自分で口下手だと思われる方、女性との会話が苦手だと思う方は、女性とデートする時は、「対面(向かい合って)でのデート」は避けた方がいい。

じゃあ、食事などをする時はどうすればいいのかというと、これは答えは単純で、それは、「対面(向かい合って)ではなく、“横並び”で、それをする」これがその答えとなります。

例えば、食事をするところなら、ステーキを食べるような店だと、カウンターでコックがステーキを焼いてくれるのを見ながら食事をするような、横並びで座って食事をする店があります。

こういう店を、女性とのデートで食事をする店にチョイスすると、おのずと女性とは「対面」ではなく、「横並び」で食事をしながら会話をする形になります。

自分は口下手、女性との会話がそれほど上手ではないという方は、このような「横並びで座ってのデート」をするようにしてください。

そうすれば、対面で向かい合って会話をするよりも、かなりプレッシャーは軽減されますので。

こういった、カウンターで食事を取る店は、実はけっこう多いです。というか、「カウンターしかない店」も、カテゴリーによっては多いです。前述のステーキの店とか。

なので、女性と食事のデートをする時は、最初から「こういう店(カウンターに座って横並びで食事をする)」を予約すれば、「対面での会話・コミュニケーション」は避けられますので、自分は口下手、女性との会話があまり得意ではない、という方は、ぜひこういう形でのデートをするようにしてください。

また、食事以外でのデートでは、どこかの良い散策コースを散策しながら、女性と会話をする「ながら会話」がお勧めです。

これも、「歩きながら」ですので、対面での会話はなりようがなく、基本、横並びで歩きながら会話をすることになるので、先ほどの食事の店と同様、これも、対面で向かい合って会話をする時のようなプレッシャーからは解放されます。

この“ながら会話”は、口下手な男性には、かなりお薦めする女性との会話の仕方です。

という感じで、自分は口下手だ、女性との会話はそれほど得意ではない、という方は、とにかく女性とデートする際は、“対面デート”、これは避けるようにしてくださいね。

前述したように、なぜか口下手な方に限って、これをやろうとしますが、これをやっても、当日のデートはあまり上手くいかないと思いますので。

また、あまり時間をかけず、“もう今すぐにでも、20代の恋人を作りたい!”というお急ぎの方は、こちらの方で「即効性の効果のある、具体的な方法」を公開していますので、またご興味のおありの方はお読みください(ブログでは書けない「情報・内容」を公開しています)⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら