40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の“見た目・雰囲気”とは?

f:id:kurasawan:20191031163244j:plain

若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の“見た目・雰囲気”とは?実は、若い女性にモテる、アラフォー・40代男性の「見た目・雰囲気」は、大きく分けて「この2つのタイプ」しかありません。その「2つのタイプ」を知り、そこに自身の「見た目・雰囲気」を近づけていけば、あなたも、若い女性にモテるようになります。その「若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の“見た目・雰囲気”」2つの方向性とは・・?

若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の“見た目・雰囲気”とは?

 

倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の“見た目・雰囲気”とは?」こちらをお送りしたいと思います。

「このテーマ」は、以前にも、このブログで取り上げたことがありますが、本日、改めてまた、このテーマを取り上げてみたいと思います(重要なテーマは、何度も取り上げることで、読者の頭の中にしっかりと入ると思いますので)。

若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の“見た目・雰囲気”はどういうものか?

これ、一概に「これです」と、一言で言えるものでもないですが、でもやはり、これ(若い女性にモテる、アラフォー・40代男性の「見た目・雰囲気」)の「傾向」、または「方向性」というものはあります。

やっぱり、若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の「見た目・雰囲気」と、若い女性にモテない、アラフォー・40代男性の「それ」とは明確に線引きされていて、有名な女性誌などで、たまに特集されている「今、20代女性が好きなアラフォー・40代男性は、この男達」みたいなものを見ると、そこに出ている、アラフォー・40代男性は、皆、同じような「男性のタイプ・傾向」であったりします。

ということは、やはり、若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の“見た目・雰囲気”の傾向」というものはあって、今、アラフォー・40代の男性で、若い女性にモテたいと思っている方は、これは非常に参考になると思います。

というわけで、本日のテーマは「若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の“見た目・雰囲気”とは?」こちらを詳しく解説していきます。

若い女性にモテるアラフォー・40代男性の見た目・雰囲気は、「この2タイプ(種類)」だけ。

 

若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の見た目・雰囲気とは?”

これ、ざっくりと大きな区分けで言うと、「2種類」あります。

それは、

その1:実年齢よりも若々しく、健康的で、またスポーツマン系で、野性味あふれる見た目(例:肌は浅黒く、髪はサイドを刈り上げてツーブロック、服装はカジュアル・サーファースタイル(あくまで一つの例です))

その2:知的な雰囲気で落ち着いている、「大人の印象」の見た目(例:品の良い黒縁眼鏡などをかけ、髪はミディアムヘアー、服装はモノトーンの落ち着いたシックな装い(あくまで一つの例です))

“この2つのタイプ”。

若い女性にモテる(好印象な)アラフォー・40代男性の「見た目・雰囲気」は、ざっくりと大別すると、この2つのどちらかになります。

極端な話、今、アラフォー・40代の男性は、この2つのどちらかに針を振り切って、自身の見た目や雰囲気をコーディネートすると、確実に今よりも若い女性にモテるようになります。

これは、僕のこれまでの若い女性から直接ヒアリングし、分析した、かなり確かな情報です。

なので、アラフォー・40代男性で、若い女性にモテたいと思う方は、まず、上の2つのどちらの方向性で行くか、これを決めなければなりません。

そして、その方向性を決めれば、その方向に自身の「見た目・雰囲気」のコーディネートを振り切っていく、という流れにになります。

この「上の2つの方向性」人によって、どちらがやり易い、やりづらい、ということが分かれてきます。

なので、次に、この2つの方向性について、それぞれ、「どういう男性」が向いているか、これについてお話したいと思います。

若い女性にモテたければ、「自分の資質に合った方向性」で見た目を磨く。

 

若い女性にモテる、アラフォー・40代男性の「見た目・雰囲気」は、大きく「2つのタイプ」に分けることができる。それは、これでしたね↓

その1:実年齢よりも若々しく、健康的で、またスポーツマン系で、野性味あふれる見た目(例:肌は浅黒く、髪はサイドを刈り上げてツーブロック、服装はカジュアル・サーファースタイル(あくまで一つの例です))

その2:知的な雰囲気で落ち着いている、「大人の印象」の見た目(例:品の良い黒縁眼鏡などをかけ、髪はミディアムヘアー、服装はモノトーンの落ち着いたシックな装い(あくまで一つの例です))

そして、この2つの方向性、前述したように、人によって「どちらがよりやり易い、取り組みやすい」というのが分かれてきます。

まず、一つ目の「実年齢よりも若々しく、健康的で、またスポーツマン系で、野性味あふれる見た目」こちらですが、これは、実際に体格が良く、顔立ちも、元々精悍な感じの男性の方が、自身の見た目をこの方向性に持っていきやすいです。

逆に、体が華奢で、体の線も細く、顔立ちもどちらかというと優しい、いわゆる草食系の顔立ちの方は、この方向性に見た目を持ってこようとすると、かなり無理が出てきます。

自身の元々持っている資質・方向性とは“真逆の方向性”に持っていこうとするものだからです。

なので、このタイプの方は、いくら自分が師事している、恋愛カウンセラー・アドバイザーが、「この方向性」を勧めてきても、これはやらない方がいいです。やっても、かなり「ちぐはぐな印象」になります。

でも、こういう、「体が華奢で、体の線も細く、顔立ちもどちらかというと優しい、草食系の顔立ちの方」は、二つ目に提示した、「知的な雰囲気で落ち着いている、大人の印象の見た目」こちらの方向性は、あまり無理がなく、この方向性に自身の見た目・雰囲気を持っていくことができます。こういう方は、この路線にとても親和性があるのですね。

で、特に、日本人のアラフォー・40代男性の多くは、若い女性にモテようと思えば、「この2つ目のタイプ(知的な雰囲気で落ち着いている、大人の印象の見た目)」がよく合います。日本人って、体格も華奢で、顔も薄味ですからね。

なので、僕はどちらかと言うと、こちらのタイプの方をお勧めしています。

どれだけ体の線が細く、顔立ちも薄味でも、この「知的な雰囲気で落ち着いている、大人の印象の見た目」にはなることができるからです。

もちろん、前述したように、この方向性だけが、若い女性にモテるアラフォー・40代男性の見た目というわけではありません。

もう一つの例で挙げた、「実年齢よりも若々しく、健康的で、またスポーツマン系で、野性味あふれる見た目」こちらも、昔から定番の、若い女性にモテるアラフォー・40代男性の「見た目・雰囲気」です。

両タイプとも、若い女性に同じようにモテるので、どちらが上とか下とかはありませんが、要は、自分の「資質・素材」に合っていて、また無理なく、その方向性に近づける方を選ぶのが、最も良い方法だと思います。

また、この「若い女性にモテる、アラフォー・40代男性の見た目の作り方」について、もっと詳しくその方法を知りたいという方は、こちらの方でその詳細をお伝えしていますので、また良かったら、ご覧になってみてください⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら