40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

若い女性との会話の仕方で、盛り上がる“5つの会話テクニック”とは?

f:id:kurasawan:20200916232401j:plain

若い女性との会話の仕方で、盛り上がる“5つの会話テクニック”とは?実は、若い女性との会話は、「ある5つの会話テクニック」を使えば、すぐに話が弾んで、盛り上がってしまうのです。あなたは、“この5つの会話テクニック”、若い女性との会話の際に使っていますか?その、若い女性との会話の仕方で、盛り上がる“5つの会話テクニック”とは・・?

若い女性との会話の仕方で、盛り上がる“5つの会話のテクニック”とは?


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、若い女性との会話の仕方で、盛り上がる“5つの会話テクニック”とは?」こちらをお送りしたいと思います。

アラフォー、または40代以上の年齢の男性が、若い女性と会話をする時、「ある5つの会話テクニック」を使って会話をするようにすると、若い女性との会話が非常に盛り上がります。

本日は、そのアラフォー、40代以上の男性が若い女性と会話をした時に、若い女性との会話が盛り上がる、“5つの会話テクニック”についてお話したいと思います。

アラフォー・40代以上の方で、若い女性と会話をする機会のある方は、次の「5つの会話テクニック」を使って、若い女性と会話をするようにしてください。

若い女性との会話の仕方“テクニックその1”:若い女性にアドバイスをする際は、「自分の時は~だった」と自己の経験・体験談を例に出して、さらっと伝える。

 

アラフォー・40代以上の男性が、若い女性に会話の中で何かをアドバイスする時は、これを慎重に行う必要があります。

なぜかと言うと、アラフォー・40代以上の男性が、若い女性に何かについてアドバイスする際、そのやり方を間違えれば、「自分の考えを押しつけてきて、鬱陶しい」とか、「上から目線で、偉そう」といったマイナス、ネガティブな印象を若い女性に持たれる可能性が非常に高いからです。

若い女性よりも人生経験が長く、年齢を重ねているアラフォー・40代以上の男性からすれば、それ(若い女性へのアドバイス)は若い女性の為、良かれと思って言っているのですが、そのやり方を間違うと、こちらの相手への思い(想い)が、“真逆のベクトル”に向いてしまうこと、多々あります。要は、アドバイスをしても、「ただただ鬱陶しいな」と思われてしまうのです。

こうならないためにも、アラフォー・40代以上の男性が、若い女性に何かについてアドバイスする際は、細心の注意を払ってそれをやる必要があります。

で、この「若い女性へのアドバイス」ですが、アドバイスをすると、こちらのアドバイス若い女性の胸、心に届き、なおかつ若い女性に喜ばれ、その場の会話が盛り上がる「アドバイスの仕方」があります。

アラフォー・40代以上の男性は、今後、若い女性との会話の中で、何かの事柄について、若い女性に「アドバイス」をする際は、今からお伝えするアドバイスの仕方をするようにしてください。

その、アラフォー・40代以上の男性の若い女性に喜ばれるアドバイスの仕方ですが、それは、これ↓

若い女性の話(悩みや愚痴、相談等)を、途中で口を挟まず、一通り聞き終わった後、ひと呼吸を置いてから、「自分の場合は、〇〇したら、けっこう上手くいったよ」と言う風に、自らの経験・体験談をさらっと伝える。

ポイントが長くなりましたが、ずばり、“これ”になります。

アラフォー・40代以上の男性が、若い女性に何かについて「アドバイス」する際は、「このアドバイスの仕方」ですれば、まず間違いなく、そのアドバイス若い女性の胸、耳に届き、またそのアドバイスが喜ばれ、その場の会話が盛り上がります。

これをする時に大事なのが、まず、若い女性の悩みや愚痴、相談の話に、途中で口を挟まず、最後まで一通りしっかり聞いてからやることです。

人生経験の長いアラフォー・40代以上の男性は、若い女性が何か話(悩み等)を話し始めると、女性が話し始めた割と早い段階で、「その悩みの軸となるポイント」が分かってしまって、若い女性が全てを話し終える前に、途中で自分の持論・考えをアドバイスとして若い女性に伝えがちになりますが、これが若い女性に最も嫌われるアドバイスの仕方”です。

例え、そのアドバイスが正論、当たっていたとしても、「このアドバイスの仕方」では、若い女性の心、耳に届きませんし、何より嫌がられます。

なので、若い女性に何かをアドバイスする時は、まずは、その若い女性の話(悩み、愚痴、相談等)の途中で口を挟まず、最後までしっかりと聞く。アドバイスは、その後に伝える。若い女性に何かについてアドバイスする時は、“このルール”を必ず守ってください。

それから、若い女性の話を聞いた後にする「アドバイスの仕方」ですが、ここも非常に重要で、まず、ダメなアドバイスの仕方が、「●●は、●●だからこうだ」といった、自分の考え(アドバイス)を「断定的に、決定付けて」話すアドバイスの仕方。

このアドバイスの仕方は、高い確率で若い女性に嫌がられます(もっとも、こういった断定的なアドバイスの仕方に“男らしさ”を感じて、良いと思う若い女性もそれなりにいます)。

そういった、一方的で断定的なアドバイスの仕方ではなく、

「今の若い人達の間では、また違うかもしれないけど、自分の時は、●●すれば、それなりに上手くいったよ」

こういった、「自分の経験・体験談をさらっと伝えるアドバイスの仕方」が、若い女性に好まれる、また、若い女性の耳に届く良いアドバイスの仕方です。

もっとも、前述したように、そのアドバイスの仕方も、「●●は、●●したら上手くいくから、そのようにしなさい」といった、上司が部下に話す時のようなアドバイスの仕方が響く、若い女性も中にはいますが、やはりベターなのは、若い女性の話を一通り聞いた後、「自分の経験・体験談」に基づいた話をさらっと伝える、というアドバイスの仕方が、若い女性に好まれる良いアドバイスの仕方です。

そしてそれをすれば、高い確率で、その場の若い女性との会話が盛り上がってきます。

若い女性との会話の仕方“テクニックその2”:若い女性の話を「真摯に真剣に聞く」という“姿勢・態度”を徹底する。

 

上の「若い女性へのアドバイスの仕方」にも関係する話ですが、若い女性と会話をする時は、その若い女性の話を「真摯に真剣に聞く」という姿勢、また態度を徹底することが大事です。

正直、若い女性のする話(友人・人間関係、仕事の悩み・将来のプランの話等)は、人生経験の長い、アラフォー・40代以上の男性からすれば、大したことの無い、些細な話も多いです。

でも、そこで、そういった気持ち(大した話ではない)を持って、若い女性と会話をすると、こちらのその気持ち、考えは相手にバレてしまいますし、その途端に、若い女性はアラフォー・40代以上の男性と会話をするのが楽しく無くなってしまいます。

基本的に、若い女性は、他人との会話は、他人と会話のディスカッションをするというよりは、自分の話をしっかりと聞いて欲しいという想いが強いので、アラフォー・40代以上の男性が若い女性と会話をする時も、まずは「若い女性の話をしっかりと聞く」というスタンスで臨むと、若い女性との会話は上手くいくようになります。

そして、その際も、ただ、その若い女性の話を聞くというのではなくて、“その若い女性の話に真剣に耳を傾ける”という姿勢で常に接するようにすれば、まず確実に、若い女性に喜ばれます。結果、その若い女性との会話は盛り上がるようになります。

若い女性と会話をする時は、「こんな年下の他愛もない話」という姿勢で臨むのではなく、その若い女性の話に“真摯に真剣に耳を傾ける”、これが、若い女性との会話が盛り上がる秘訣、コツとなります。

若い女性との会話の仕方“テクニックその3”:若い女性の話に「興味がある態度」を分かりやすく見せて、“話を引き出す”

 

上の「二つ目のテクニック」でも書きましたが、若い女性は基本、「自分の話」をするのが好きです。これは、大抵の若い女性に共通することです(もちろん、例外もありますが)。

とにかく、最近、自分の身の回りに起こったこと(喜び、悲しみ、怒り、苦しみ)を誰かに聞いて欲しい。

全ての若い女性がそうだとは言いませんが、でも、若い女性には「これの傾向」はかなりあります。

ただとはいえ、若い女性も、よほどのおしゃべりさんでない限り、いくら自分の話をしたいといっても、そう「立て板に水」のように、自分に関することを淀みなく話すことはできません(よほどの“おしゃべりさん”なら別ですが)。

でも、若い女性には日頃、“自分の身の回りに起きたことを誰かに話したい、聞いてもらいたい”という欲求が「マグマ」のように心の奥底に眠っています。

若い女性と会話をする時は、“それ”を掘り起こしてあげれば、若い女性は、いくらでも自分に最近起きた出来事、また自分に関わる事柄について話をするようになります。

これをするためには、若い女性との会話の中で、何か若い女性が話した事について、「こちらが、それ(若い女性が話した事)に興味がある態度を見せる」ことです。

そして、ただ興味がある態度を示すだけではなく、そのことについて、若い女性に色々と質問をすれば、若い女性も「自分の話に興味を持ってくれている」と感じ、嬉しくなって、色々とそれについて、もしくは、それに関連する話をぺらぺらと話すようになります。

“この状態”になれば、若い女性の「自分の話を誰かにしたい、聞いてもらいたい」という欲求は、そこで叶えられている状態になるので、かなり気持ちの良い状態となり、結果として、あなたと会話をしていることも、楽しく心地の良いものになります。

結局のところ、若い女性を喜ばせる、または楽しませる会話は、「どれだけ、若い女性にぺらぺらと自分のことを楽しく話をさせるか」に尽きます。

もちろん、全ての若い女性がそうだとは言いませんし、こういうことを書くと、何か、僕が女性蔑視をしているように感じる方もおられるかもしれませんが、決してそういうことではなく、女性と男性とは、「感じ方・捉え方」などが微妙に違っていて、やはり、多くの女性は、「自分の話を誰かに聞いてもらいたい、めいっぱい自分の話をしたい」という欲求があって、それをお互いに(女友達などと)することでストレスが解消されるところがあります。

また、女性は、ただ人に自分の話を聞いてもらいたいだけでなく、その自分の話(悩み、喜び、苦しみ、怒り)に共感してもらいたいという欲求が、男性に比べ、非常に強いです。なので、ただ女性の話をしっかりと聞くだけではなく、そこに「共感の気持ち」を示すと、スピーカーの女性は、それに心地よさを感じるので、それ(女性の話に共感の気持ちを示す)をするのは非常に効果的です。

いずれにしても、若い女性と会話をする時は、いかに、その若い女性に自分の話をしてもらうか、そのためには、若い女性の話すことに“興味がある態度”を分かりやすく見せて、そのことで色々と質問などをし、女性から話を引き出す、これが若い女性との会話が盛り上がるコツとなります。

若い女性との会話の仕方“テクニックその4”:若い女性の話(内容)に「共感の気持ち・態度」を見せる。

 

上の「3つめのテクニック」の最後の方でも書きましたが、若い女性は、自分の話すことについて「他人に共感されること」を望む傾向があります。

これはつまり、どういうことかと言うと、他人に自分の話をして、他人に共感されると、心理的かなり心地よい状態になるのですね。

逆に言うと、自分が他人にした話を、頭から否定されてしまうと、心理的にかなり悪い感情になります。

実はこれ、女性同士は、お互いに“この女性特有の生理”が分かっているので、相手の女性から何か話をされても、「わかる、わかる~、それって嫌だよね~」などと、かなり分かりやすく、相手の話したことに「共感の気持ち」を表します。

これは、女性同士が、互いにそれをすることが「相手が会話で心地よくなること」が分かっているからです。

で、これって、「女性が男性と会話をする時も同じ」なのですね。相手が男性でも、やっぱり相手が自分の話に共感してくれた方がいい。

これはおそらく、それ(共感)をされることで、女性の脳内で“快感の物質”のようなものが出るようになっていて(専門家ではないですが、おそらくそうだと思います)、やはり男性も、女性と会話をする時は、女性の話を聞いて、すぐに「それ、違うよな」と思っても、いきなり頭ごなしに否定するのではなく、「なるほどな~、たしかにそういうことってあるよな」と、一度は女性の話に「共感の気持ち」を示して、それから、やんわりとそのことについて否定する、という会話の流れの方が、女性との会話はスムーズにいきます。

基本、女性は、他人に自分の話に共感してもらいたいという気持ちが強いので。

そしてこれは、ある程度年齢のいった、分別のついた大人の女性よりも、若い女性の方がより強く出る傾向があります。

なので、若い女性と会話をする時は、若い女性の話を聞いて、最初に「ちょっと違うよな」と思っても、まずはとりあえず、その話に共感の気持ちを示す。否定やアドバイスは、その後にやる方が、若い女性との会話は上手くいきますし、結果として、若い女性との会話は盛り上がります。

若い女性との会話の仕方“テクニックその5”:知らないことは「素直に知らないと言う」

 

そして最後は、会話のテクニックと言うより、その人の“人間性”に関わる話になってきますが、若い女性と会話をした時に、若い女性がした話(最近、若い人の間で流行っている事柄やトピック)を聞いて、“知らないな”と思った場合、下手に「知ったかぶり」をせず、素直に「知らない」と言うのが、アラフォー・40代以上の男性が、若い女性との会話で盛り上がる、意外に大事なポイントだったりします。

アラフォー・40代以上の男性は、若い女性よりも人生経験が長く、それだけプライドも大なり小なり持っているので、若い女性から何か話を聞いて、“知らない”となっても、なかなか素直に「知らない」と言えそうで言えません。

たとえ知らないことでも、無理やり、それに関わる知識を脳の奥底から引っ張り出してきて、そのことを知っているような知らないような、「中途半端なこと」をつい口にしてしまったりします。

これをすると、若い女性から、余計に「おっさん」「中年男性」扱いされてしまいます。

そうではなく、若い女性が話して、自分が知らないことであれば、「ごめん、それ知らない。何それ?」と聞いた方が、若い女性も自然、そのことについて相手に教えたくなります。そしてこのことも、若い女性が自分の話を自らするきっかけになります。

上の各テクニックでも書いてきましたように、若い女性との会話を楽しく盛り上げようと思えば、いかに若い女性に気持ちよく話をさせるかです。

そのためには、若い女性が話した事で、自分が知らないことであれば、素直に「知らない」と言った方が、それがきっかけに、また女性の会話に花が咲くことに繋がります。

いずれにしても、アラフォー・40代以上の男性が若い女性と会話をした際、若い女性が話した事で自分が知らないことが出てきても、そこで変に知ったかぶりをせず、素直に「知らない」といった方が、若い女性に好感を持たれますし、また若い女性も、それについて話をするきっかけが出来て、その場の会話が盛り上がりやすくなります。

なので、若い女性がした話で自分が知らないことは、素直に「知らない」と伝えましょう。

 

・・といった感じで、本日は、若い女性との会話の仕方で、盛り上がる「5つの会話テクニック」をお話いたしました。

アラフォー・40代以上の男性の方で、若い女性と会話をする際は、本日お話した「5つの会話テクニック」を守って会話をするようにすると、ほぼ100%、確実に若い女性に印象が良く思われ、それ故、その若い女性との会話が盛り上がります。

なので、若い女性と会話をする際は、本日お話した、5つの会話テクニックを守って会話をするようにしてくださいね。

また、アラフォー・40代以上の男性が20代女性をすぐに(最短当日)ゲットできる、「即効性の効果のある方法・裏のノウハウ」を知りたい方は、こちらでそれを無料で公開していますので、またこれに興味のある方は、一度お読みになってみてください(ブログでは書けないことを書いています)⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の「恋愛教材」はこちら