40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

40代・アラフォー男性は、“○○○さ”を目指しても、若い女性にはモテない。

f:id:kurasawan:20200617122318j:plain

40代・アラフォーの男性は、“〇〇〇さ”を目指しても、“若い女性にはモテない”・・これ、皆さん、知っていましたか?もし、今、40代・アラフォーの男性の方で、若い女性にモテようと、“〇〇〇さ”を目指しているとしたら、今すぐその行動はやめましょう。その、“40代・アラフォーの男性は、“〇〇〇さ”を目指しても、若い女性にはモテない”とは・・?

40代・アラフォー男性は、“○○○さ”を目指しても、若い女性にはモテない。


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40代・アラフォー男性は、“〇〇〇さ”を目指しても、若い女性にはモテない」こちらをお送りしたいと思います。

テーマに、いきなり“伏字”が入っていて、何が何だか分からない・・と思われると思いますので、今から、その伏字になっている部分の“答え”を言いたいと思います。

“40代・アラフォー男性は、“〇〇〇さ”を目指しても、若い女性にモテない”

この“〇〇〇”に入る言葉ですが、それはこれ↓

“爽やかさ”

になります。

これは、あくまで“僕の考え”ですが、35歳を過ぎたアラフォー、40代以上の男性が、「爽やかさ」を目指しても、あまり若い女性にはモテません。

もちろん、爽やかなアラフォー、40代以上の男性は、他人から見た時の印象は良いです。女性からの印象も。“汚い”、よりは当然いいですからね。

でも、40代・アラフォー男性が、若い女性にモテたいと思う場合は、この“爽やかさ”、この部分を追求、あるいは目指しても、それが“若い女性からのモテ”には繋がってきません。

なぜなら、この「爽やかさ」という部分は、若い男性の“専売特許”の部分、若い男性を象徴する部分だからです。

例えば、「爽やか」という言葉で、今、ぱっと思い浮かぶ男性は誰かと言うと、今、若い女性に人気の竹内涼真みたいな男性。

つまり、この“爽やか”というのは、実際に「年齢も若い」ことにリンクして、初めて“魅力的な効果”を他人に発揮します。

もう年齢的に若くはない、アラフォー、40代以上の年齢の男性が、自身の「メインストリームとして歩く道」ではないのですよ、“爽やかさ”という部分は。

そして、もっとキツイ表現をすると、40歳を過ぎている男性で「やたらと爽やかな男性」は、場合によれば、少しアホっぽく見えてしまう場合があります。

まあ、これは時と場合によりますけどね。でも、アラフォー、40代以上の男性で、「やたらと爽やかな場合」は、もうそれ自体が少し不自然なことなので、場合によれば、そのように(アホっぽく)見えてしまう場合があるのです。

ただ、これは、あくまで僕個人の意見なので、このことに異論のある方、アラフォー、40代以上になっても、爽やかな方が女性にモテる、と反論される方もいるかもしれません。その意見については特に反論しようとは思いませんが(前述の話は、あくまで僕個人の意見なので)、でも、僕個人の意見としては、男は、35歳になった時点で、もう「爽やかさ」からは卒業するべき、だと思います。

前述したように、ここはアラフォー、40代以上の男が“メインストリーム”として歩むところではないからです。

繰り返しますが、この“爽やかさ”という部分は、若い男性の専売特許、若い男性を象徴する部分です。

なので、ここを、アラフォー、40代以上の男性がいくら目指しても、また、いくらそれっぽく(爽やかに)なったとしても、それは、どこまでいっても“まがい物”、本当に若い男性の、本当の爽やかさではないのです。

このブログでいつも言っていることですが、人は、フェイク(本物に似せたもの)よりも、リアル(本物)を求め、また好みます。

ということは、決してリアル(本物の爽やかさ)を得られない、アラフォー、40代以上の男性が“そこ”を目指しても、あまり意味が無い、それで若い女性にモテるようになるということはない、ということです。

なので、35歳を過ぎたアラフォー、40代以降の男性は、もう「爽やかさ」を追求することからは卒業。また“別の道”を進まなければならないのです。

じゃあ、40代・アラフォーの男性が、若い女性にモテるために目指すべき道、追求すべき部分は、どういうところなのか?と言うと、それはずばり、“渋み”“重み”といった部分になってきます。

本日は、冒頭から「爽やか」について長く話していますが、「爽やか」って、ネガティブな要素で見れば、それは“軽い”と言うこともできるのですね。

じゃあ、40代・アラフォーの男性が、若い女性にモテるために目指すべき道は、どういうところかと言うと、それはやはり、この“軽い”の逆、“重み”“重厚さ”といった部分になってきます。別の言い方をすれば、“渋い”とか、“渋さ”とかを目指していった方がいいということです。

本日は何か、爽やかな40代・アラフォーの男性を“ディスる”ような内容になってしまいましたが、適度な爽やかさを持っていることは非常に良いことだと思いますが、でも、40代・アラフォーの男性は、これ(爽やかさ)ばかりを追求していても、まず、若い女性には、男性としてモテないと思いますね。僕個人の意見としては、ですが。

「爽やかさ」は若い男性の専売特許の部分です。そこを、40代・アラフォーの男性が目指しても、フェイクはフェイク、リアルには決して勝てません。

また、アラフォー・40代男性が若い彼女を作るための、「もっと具体的なノウハウ・やり方」については、こちらの方でその具体的なやり方をお伝えしていますので、また良かったらご覧になってみてください⇒10日間無料セミナー

by 倉沢望

⇒40男が10日で若い彼女が作れる無料セミナー

⇒倉沢の恋愛&婚活カウンセリングはこちら