40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

かっこいい40代男性の特徴と条件とは?(30代・アラフォー・アラフィフ・50代男性も含む)

f:id:kurasawan:20180910111647j:plain

かっこいい40代男性の“特徴と条件”とは?実は、かっこいい40代男性は皆、「この特徴と条件」を備えています。ということは、「この特徴と条件」を備えていない、40代男性は、逆説的に“かっこよくない40代男性”となってしまいます。その「かっこいい40代男性の特徴と条件」とは・・?

かっこいい40代男性の特徴と条件とは?


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「かっこいい40代男性の特徴と条件とは?」こちらをお送りしたいと思います。

本日お話しすることは、一見さらっとした話ですが、でも、“かっこいい40代男性”になろうと思えば、かなり重要。

正直、本日話すことを備えていない40代男性は、まず100%、かっこいい40代男性ではないですね。これは、100%の率でそう断言できます。

なので、今これをお読みの方で、「かっこいい40代男性」になりたいという方は、まず「本日お話するもの」を自分が備えているか、確認していただき、また、これを備えていないという方は、ぜひすぐに備えるようにしましょう。

繰り返しますが、本日お話しする“コレ”を備えていない40代男性は、かっこいい40代男性では100%無い、ですので・・

では、その、かっこいい40代男性になるための“必要な条件”とは・・?

かっこいい40代男性は皆、必ず「コレ」を持っている

 

かっこいい40代男性の条件。

特に、このブログは“恋愛ブログ”ですので、これは、「女性にモテる、かっこいい40代男性の条件」ということにしておきましょうか。

この「かっこいい40代男性」は、必ず、次に言うものを備えています。これは100%です。

ということは、逆に言えば、次に挙げるものを備えていない40代男性は、かっこよくない40代男性となります。

さて、その冒頭から話しております「かっこいい40代男性の条件」それは、

“行きつけの店を持っている”

これです。

かっこいい40代男性は、「これ(行きつけの店)」を必ず持っています。それはお洒落なバーだったり、和食の店、割烹の店、ワインバーなど。

そのジャンルは何でもいいですが(出来れば、一店舗だけでやっているような個人店)、いずれにしても、かっこいい40代男性は皆、何がしかの自分の「行きつけの店」を持っています。

ちなみに僕は、この「行きつけの店」、頭に思い浮かべるだけでも、ざっと10個ほど持っています(こう言うと、僕が「かっこいい40代男性」だと、自分で言っているみたいですが、少なくともそうなりたいと思っています)。

繰り返しますが、「かっこいい40代男性」は、自分の「行きつけの店」を持っている。これは必ず。

ということは、今、自分の行きつけの店を持っていない男性は、「かっこいい40代男性」になりたいと思えば、自分の「行きつけの店」を作らないとダメだ、ということです。かっこいい40代男性は皆、“行きつけの店”を持っていますので。

“行きつけの店”の「3大定義」とは?

 

かっこいい40代男性は皆、自分の「行きつけの店」を持っている。

じゃあ、この「行きつけの店」って、一体なんぞや?というと、これに正確に答えられる方は、おそらくもうすでに、自分の「行きつけの店」を持っておられると思います。

行きつけの店。これは、どういう店のことを指すのか?

どうでしょう?良かったら、一度考えてみてください。

・・・・・・

・・・

考えられましたでしょうか?^^

それでは、僕から「行きつけの店とはなんぞや?」これに対する「答え」を言いましょう。

行きつけの店とは?それは、

・自分がそこに何度か通っていて、そこで心からリラックスして楽しめる店

・そこに他人を連れて行けば、喜ばれる(自慢できる)店

・店の主人(マスター)に「常連客」として認められている店

“この3つ”がある店のことを、自分の「行きつけの店」と言います。

行きつけの店は、上の「3つの要素」これが全て入っていないと、そこは「行きつけの店」とは言えないです。

特に「行きつけの店」のことで勘違いしがちなのが、「自分がよくそこに行っている」「慣れているから」という理由だけで、そこを「行きつけの店」と思っている方、これ非常に多いです。

上の要素をもう一度見てみてください。

自分がそこに通い慣れているだけではなくて、「そこに他人を連れて行けば、喜ばれる(自慢できる)店」「店の主人(マスター)に「常連客」として認められている店」と他にも「2つの要素」が必要になります。

特にこの残りの2つの要素のうち、大事な要素が、「店の主人(マスター)に「常連客」として認められている」ここがとても大事です。

自分がよく通っている店で、また、そこに他人を連れて行って自慢が出来ても、この最後の要素、「店の主人(マスター)に「常連客」として認められている」の要素が無かったら、残念ながら、そこは「行きつけの店」とは言えないです。

“行きつけの店”というのは、上の3つの要素が全て揃っていて初めて、「行きつけの店」となるのです。

そして、この「行きつけの店」は、かっこいい40代男性は、皆、必ず最低一つは持っていますし、多い方ですと、ジャンル別に複数持っています。

なので、今これをお読みのあなたが、「かっこいい40代男性」になりたいと思えば、この「行きつけの店」を、最低一つは持っておかなければならないのです。

行きつけの店は女性を口説くための“●●コンテンツ”になる

 

では、なぜ、かっこいい40代男性になろうと思えば、上述した「行きつけの店」を持っておかなければならないのか?

と言うと、この「行きつけの店」というのは、自分が自分以外の他者にアピールする際のキラーコンテンツになるからです。

このブログは恋愛ブログなので、アピールする他者を「女性」とすると、「行きつけの店」は、女性にモテる、あるいは女性を上手く口説くためのキラーコンテンツになります。

何かの情報誌に載っていた良さそうな店、食べログの評価が高かった店、三ツ星レストランの店などは、そこを知り、お金させあれば、誰でも行こうと思えば行けます。お金を持って、そこに足を運べばいいだけですから。

でも、自分だけの“行きつけの店”は、それを持っていない場合、すぐにそういった店に行くことが出来ません。なぜなら、「上述したような条件」が必要になってくるからです。

「行きつけの店」というのは、その店とも大きく関わってくるので、他人の店でありながら、自分のことを他人にアピールするための、ある種“コンテンツ”になりえます。

あなたが例えば、仕事の取引先の人間を自分の「行きつけの店」に連れて行き、そこを連れて行かれた人間が、「なかなかいい店を知っているな」と思えば、それはそのまま「=あなたの評価」になってきますし、また、相手が若い女性であれば、「素敵な店を知っていて。オ・ト・ナ・・」と、その行きつけの店を通じて、あなたの評価が上がります。

反対に、いつもどこかに行くとなったら「食べログで見て~」などと言っていれば、あまり「自分が無い」というか、マニュアルに左右されている人間、という評価を下されます。と言っても、食べログを参考にするのは、別に悪いことではないんですけどね。僕も参考にしますし。

でも、それだけではダメ。かっこいい40代の男になろうと思えば、最低一つや二つ、自分の「行きつけの店」これは持っておかなければならないのです。

本当に、これは100%断言しますが、「かっこいい40代男性」は、皆、必ず自分だけの「行きつけの店」を持っています。普段、僕はあまり100%、とは言いませんが、これだけは「100%」だと言い切れますね。

また、その行きつけの店に若い女性を連れて行き、そこで上手に若い女性を口説くやり方については、こちらでその具体的な方法を無料で公開していますので、良かったらお読みになってみてください⇒10日間無料セミナー

by 倉沢望

⇒40男が10日で若い彼女が作れる無料セミナー

⇒倉沢の恋愛&婚活カウンセリングはこちら

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」