40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

アラフォー・40代の男が若い女性にモテる秘訣、教えます(アラフィフ男性も含みます)。

f:id:kurasawan:20180120211851j:plain

アラフォー・40代の男性が、若い女性にモテる秘訣とは?実は、アラフォー・40代の男性は、若い女性に対して「この恋愛のアプローチの仕方」をすれば、若い女性にモテるようになるのです。そのアラフォー・40代男性が若い女性にモテるための“恋愛のアプローチの仕方”とは・・?

アラフォー・40代の男が若い女性にモテる秘訣とは?


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「アラフォー・40代の男が若い女性にモテる秘訣とは?」こちらをお送りしたいと思います。

アラフォー・40代の男性、もしくはアラフィフの男性が、若い女性にモテようと思えば、それを叶えるための“秘訣”、これはあります。

アラフォー・40代の男性、アラフィフの男性でも、「本日お話すること」を意識して行動されますと、まず、間違いなく若い女性にモテるようになってきます。

そのアラフォー・40代の男性、アラフィフの男性が若い女性にモテる、“ある一つの秘訣”とは・・?

アラフォー・40代の男が若い女性にモテたければ、“●●アプローチ”をすべき

 

前述したように、アラフォー・40代の男性、アラフィフの男性が、若い女性、20代の女性にモテる秘訣、これは間違いなくあります。

その若い女性にモテる秘訣、それは、

“攻めではなく、受けのアプローチが出来ているか”

ということ。

どういうことかと言うと。

男性も、35歳を過ぎてアラフォー、または40代以降になってくると、気に入った女性がいたとしても、その女性にガツガツとアプローチするのはみっともないと言うか、それをやっても、あまり上手く行きません。

これ、20代の男性とか、まだ30代前半くらいの男性がやれば、それも“情熱的”と良い方に取られるのですが、35歳を過ぎた男がこれをやると不恰好というか、若い女性からの印象はあまり良くはありません。

35歳を過ぎた男がそれ(気に入った女性に熱烈にアプローチ)やると、それは老けた大人子供みたいな感じになってしまいます。

気に入った女性がいれば、ガンガンと熱烈にアプローチをする。これは恋愛の手法としては効果のある、一つのやり方なのですが、でも男性も35歳を過ぎれば、このやり方から変わる必要があります。もうこのやり方では通用しなくなります。

なぜなら、男性は35歳を過ぎてアラフォー、40代以降になってくると、絶対的に、また物理的に老けているからです。

あまり言いたくはありませんが、存在として“古い物”になってきている。

自分の存在が、若く新鮮なものから古いものになってきているのに、やり方は若い時と同じ、これでは成功したくても成功しません。女性にモテません。

世の中のあらゆるものは、“適者生存の法則”の中で生きていて、変化に対応できるものだけが、いつまでも成果を得ることができます。

つまり、男も35歳を過ぎたら、女性にモテたかったら、これまでのやり方を捨て、違うやり方をしなければならない。そしてそれが、

「攻めではなく、受けのアプローチ」

なのですね。

アラフォー・40代の男が若い女性にモテたければ、常に「この思考」を持って行動する

 

35歳を過ぎたアラフォーの男性、40代、アラフィフの男性が、若い女性にモテようと思えば、攻めではなく「受けのアプローチ」をすべき。

これ、どういう意味かと言うと。

例えば、自分の目の前に自分好みの若い女性がいるとします。この場合、若い男性であれば、すぐにその女性に積極的にアプローチを仕掛ける。これが、一つの恋愛の成功セオリー、一つのパターンだと思います。つまり、攻めの姿勢ですよね。

でも、35歳以上の男は、好みの若い女性を前にした時に、この攻めの姿勢を入口にしてはいけないということ。

そうではなく、まずは“受け”。つまり、“その女性に興味を持ってもらう”という姿勢で臨まなければならないということ。

好みの女性だけでなく、広く若い女性全般にモテたいと思えば、アラフォー・40代の男性、アラフィフの男性は、常に「女性に興味を持たれるかどうか」という視点で行動すべきなのです。

なので、スタートとしては攻めではなく、常に「受け」から始まるということです。だから、「攻めではなく受けのアプローチ」だということ。

実は、アラフォー・40代男性、またアラフィフの男性で若い女性にモテる人間は、それを意図的にしている、意図的にしていないに関わらず、皆、これ(受けのアプローチ)が出来ています。

それが出来ているアラフォー・40代男性、アラフィフ男性に、若い女性は「大人の男」を感じるのです。

35歳を過ぎた男は、女性を得たいと思えば、「攻めより受け」なのです。

アラフォー・40代の男は、いかに攻めるかではなく、「いかに興味を持たれるか」に重点を置く

 

35歳を過ぎた男は、女性に対しては攻めではなく、受けである。

この考え方に切り替えれば、もう全ての女性に対するアプローチが変わってきます。

見た目についても、どういう風にすれば、若い女性に興味を持たれるか、興味を惹きつけるか?デートも、どういうデートをすれば、こちらに興味を持つか?会話は?などと、その思考とともに行動も変わってきます。

そして、その受けのアプローチ(どうすれば、若い女性の興味を惹きつけるか?)を身に着ければ、おのずと若い女性にモテるようになります。これはもう、100%確実にです。

この例えは違うかもしれませんが、例えば、雌(メス)にモテる孔雀の雄(オス)は、羽の色や形が派手で大きい雄だそうです。孔雀の雄は、まずその大きな羽で雌の興味を惹きつけて、それから求愛活動をするらしいです。つまりこれも、まず入口は“受け”ですよね。

孔雀と人間はもちろん全く違いますが、でも、35歳を過ぎた男性、アラフォー・40代以降の男性は、若い女性にモテようと思えば、“受けのアプローチ”、この思考を身に着ければ、本当に若い女性にモテるようになりますよ。

その若い女性にモテるための「受けのアプローチの仕方」については、こちらでその具体的な方法を無料で公開していますので、良かったらお読みになってみてください⇒10日間無料セミナー

アラフォー・40代の男性、アラフィフの男性は、“攻めではなく受け”、この姿勢ですよ。

by 倉沢望

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」