40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

アラフォー・40代男性が、若い20代女性にモテる秘訣・コツとは?

f:id:kurasawan:20180413124214j:plain

アラフォー・40代男性が、若い20代女性にモテる秘訣、またコツとは?実は、若い女性にモテるアラフォー・40代男性は皆、「あること」を実践しています。その「あること」を実践すれば、アラフォー・40代男性でも若い女性にモテるようになるのです。さて、その「あること」とは・・?

アラフォー・40代男性が、若い女性にモテる秘訣・コツとは?

 

倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「アラフォー・40代男性が、若い20代女性にモテる秘訣」これをお届けしたいと思います。

アラフォー、または40代の男性でも、若い20代女性にモテる男性達はいて、そういう男性達には、皆に共通する「若い女性にモテる要素」を持っています。

ということは、“その要素”を押さえれば、一般のアラフォー・40代の男性でも、若い20代女性にモテるようになる。つまり、これが“若い女性にモテる秘訣”となるわけです。

反対に、アラフォー・40代の男性で、若い女性にモテたいと頑張っているけれど、若い女性にモテない、こういう方達にも、やはり共通する要素があります。ということは、アラフォー・40代の方で若い女性にモテたい方は、この要素を排除すれば、状況が好転する可能性が出てきます。

というわけで、本日は、「アラフォー・40代男性が、若い20代女性にモテる秘訣」こちらをお話したいと思います。

若い女性にモテるアラフォー・40代男性が「必ず実践していること」

 

まず、若い20代女性にモテるアラフォー・40代の男性は、お気に入りの若い女性がいた場合、

「受けのアプローチ」

これに徹している場合が多いです。

「攻めのアプローチ」ではなく、「受けのアプローチ」。

「受けのアプローチ」とはどういうものかと言うと、例えば、落としたい若い女性がいる場合、若い男性のように、その女性への好意を全身で表してガンガン攻めるのではなく、「女性の方からこちらに興味を持たせるように仕向けるアプローチをする」とでも言いましょうか。

とにかく、いいなと思う若い女性がいても、その気持ちはなるべく隠して、女性の方からこちらに好意を持たせるようにする。だから、これを僕は「受けのアプローチ」と呼んでいます。

現在、若い女性にモテているアラフォー・40代の男性は、観察してみると、それを知ってか知らずか、皆、必ずこれ(受けのアプローチ)をやっています。

反対に、若い女性にモテたいけれど、なかなか若い女性にモテないアラフォー・40代の男性は、若い男性のように“攻めの一点張り”。女性に好意があることもモロに出してしまっています。

これだと、20代とか30代前半の若い男性と何も変わらないんですよね。

このブログでいつも言ってますが、アラフォー・40代の男性が若い女性にモテようと思ったら、若い男性との「差別化」これが必要になってきます。

これ(差別化)が出来ていなくて、若い男性と何も変わらなかったら、年を重ねて容姿・肉体的に劣化している分、アラフォー・40代の男性の方が明らかに分が悪い。要はモテない。

そして、これは若い女性へのアプローチも同じ。

若い男性が、若さと情熱と勢いで女性にガンガンとアプローチをするのなら、アラフォー・40代の男性がこれと同じことをやっていたら、見た目が衰えている分、みっともないというか、このやり方では若い女性の心に響かないんですよね。

女性に情熱的にガンガン攻めるアプローチは、若い男性の専売特許です。アラフォー・40代の男性は、「これとは違うやり方」をしなければならない。つまり“攻め”ではなく、“受け”のアプローチをする。

アラフォー、40代の方で、今、意中の女性にモロに好意を表して、ガンガン攻めている方は、まずこれをやめるだけでも、状況は良くなりますよ。

そのようなやり方ではなく、“女性にどのように接すれば、相手がこちらに興味を持つか?”この視点を持つことが大事です。受けのアプローチ、これはぜひ意識するようにしてくださいね。

若い女性にモテるアラフォー・40代男性は、“コレ”を持っている。

 

また、若い女性にモテるアラフォー・40代男性は、若い女性から見た場合、どこか、そこはかとない“哀愁”これを持っています。

これがどういうものか、表現するのはなかなか難しいですが、若い女性から見た場合、男性が、酸いも甘いも経験している感じ、とでも言いましょうか。

20代や30代前半の男性は、まだまだ元気いっぱいで挫折知らず、将来への希望に満ち溢れている感じですが(これはこれで、若い男性の魅力ですが)、アラフォーや40代の男性は、これまでに嬉しかったこと、良かったこともあれば、大きな挫折も経験したり、辛いこと、悲しいことも既に経験している・・これが“哀愁”となって、若い女性の心に刺さります。

こういう“哀愁”を意図的に醸し出すことは難しいですが、でもこれを、若い女性との「会話の中」で出すことは出来ます。

どうするかと言うと、若い女性の悩みや不満、愚痴になどに徹底的に寄り添うこと。

自分も若い頃、あなたと同じことを経験したと、共感の気持ちを表す。そうすれば、「この人も、今の自分と同じ辛いことや悲しいことをたくさん経験しているんだ」と、その感情を通じて、男性に哀愁を感じるようになります。

あと、女性に哀愁を感じさせる上で、これは少しテクニックが要りますが、若い女性に対して「自分はもう若くはない」ということを認め、それを暗に伝える。

これをあまり出し過ぎると、じじ臭くなってマイナスになるので、その出し方のさじ加減が少し難しいですが、“自分はもう若くないことを自覚している”ということが若い女性に伝われば、そこは女性の母性本能がくすぐられ、その気持ちを上手く拾ってくれます。

どちらかと言うと、同情に似た気持ちですが、でも、この感情は若い女性にとって決して嫌なものではなく、場合によれば「可愛い」とすら思ってもらえます。若くないと伝えて、可愛いも妙な話ですが(笑)

でも、アラフォー・40代なのに、やたら若ぶっている男性の方が、実は若い女性にとって、あまり印象が良くありません。若い女性は内心、“あんた、ただのおっさんじゃん”なんて、反発心が出てしまうのです。

“女心”とは微妙なもので、「おれはまだまだ若い!」といった態度を取るとそれに反発し、こちらが負け(若くはないこと)を認めると、逆に好意を持って見てくれる。そしてこのことが、前述した「受けのアプローチ」にも繋がってくるのです。

35歳を過ぎれば、女性へのアプローチの仕方は変えなければならない。

 

さて、本日の「アラフォー・40代男性が若い女性にモテる秘訣」いかがだったでしょうか?

若い女性にモテているアラフォー・40代男性は、一部の例外を除き、皆大抵、「受けのアプローチ」を実践し、また「哀愁」を身にまとっています。

哀愁を意図的に作り出すのは難しいかもしれませんが、受けのアプローチはやろうと思えば出来ると思います。

男性も35歳を過ぎれば、女性に対するアプローチ、これを変えていかなければなりません。

気に入った女性に情熱的にガンガン攻めるのは、若い男性にだけに許されるアプローチの仕方。また、若い男性だからこそこれが似合い、女性から見ても魅力的なのです。

でもこれを、アラフォーや40代の男性がすれば、あまり格好いいものではないし、また若い女性の心にも響きません。

もっとも、イタリアの男たちなどは、40歳、50歳を過ぎても、気に入った女性がいれば、情熱的にガンガン攻めるのかもしれませんが(笑)。ここは日本で、日本人の女性に日本人の男性がアプローチする話なので。

若い女性にモテたかったら、アラフォー・40代の男性は「受けのアプローチ」これを意識して行動してくださいね。

また、もう今すぐ、アラフォー・40代男性が20代の女性をゲットできる方法を知りたい方は、こちらの方でその具体的なやり方を暴露していますので、またご興味のおありの方はお読みください⇒10日間無料セミナー

無料ですので、ご興味のおありの方はそちらをお読みくださいね。

by 倉沢望

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」