40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

アラフォー・40代の男が、若い女性にモテるために導入すべき、“見た目の改善要素”とは?

f:id:kurasawan:20171106204646j:plain

アラフォー・40代の男性が、若い女性にモテるために導入すべき「見た目の改善」についてお話いたします。現在、アラフォー、もしくは40代の男性の方は、本日お話することは、出来れば導入することをお薦めいたします。

アラフォー・40代の男が、若い女性にモテるために取り入れるべき“見た目の要素”とは?

 

こんにちは。倉沢です。

本日は、アラフォーの男性、また40代の男性が、若い女性(主に20代の女性)にモテるために導入した方がいい、いや、導入すべき「見た目の改善」についてお話したいと思います。

なお、今からお話することを既にされているという方は、改めて「これが良い武器になるのだな」と、再確認の意味でお読みください。

また、今からお話することを導入されていない方は、僕としては、皆さん全員、やはり導入された方がいいと思います。

さて、そのアラフォー・40代の男が若い女性にモテるために導入すべき“見た目の改善要素”とは?

若い女性(20代女性)にモテたかったら、必ず「コレ」を導入すべき!

 

さて、アラフォーの男性、また40代の男性が、若い女性にモテる、もしくは好印象を持たれるために、取り入れるべき「見た目の要素」があります。

これ、アラフォー、また40代の方は、基本、日常の自分の見た目に導入すべきだと思います。

さて、その若い女性に圧倒的に受けが良くなる“見た目の改善要素”とは、

 

・ファッション眼鏡の導入

 

f:id:kurasawan:20171106204736j:plain

これ。

実際に目が悪い方は、もちろん本当の眼鏡になりますが、目が悪くない方も、ファッション眼鏡、いわゆる「伊達眼鏡」を普段の見た目に取り入れるようにしてください。

そしてこの眼鏡は、当然ですが、自分の顔に似合う、格好良いお洒落なものです。眼鏡は探せば、誰でも必ず自分の顔に似合う(映える)ものがあります。

ではなぜ、アラフォー・40代の男性が、若い女性にモテる、もしくは好印象を持たれるために「ファッション眼鏡」を導入すべきなのかというと、シンプルに、若い女性から見て、男性のルックスの印象度が上がるからです。

アラフォー・40代の男性が、自分の顔によく似合う「ファッション眼鏡」をかけると、具体的に、次の「4つの効能(メリット)」が見られます。それは、

 

1.大人の男を演出することが出来る

2.知的(もしくはクール)に見える

3.清潔感を出せる

4.目の周りの皺やシミ、頬のたるみなどを隠せる

 

このような、いくつかのメリットを手に入れることが出来ます。アラフォー、40代の男性にとって、この4つのメリットは大きいです。

さて、では次に、この4つのメリットについて、具体的に説明していきたいと思います。

「追加で足せるメリット」+「カバーできるメリット」=“若い女性にモテる”

 

アラフォーの男性、40代の男性が「ファッション眼鏡」をかけると、若い女性に対して“4つのメリット”が生まれます。

まず、「メリット・その1」ですが、アラフォー・40代の男性が、自分の顔に似合う眼鏡を付ければ、若い女性に、“大人の男の印象”を与えることが出来ます。

眼鏡はもちろん、20代~30代前半の男性が自分に似合う眼鏡をつけても格好良いのですが、35歳以上のアラフォーの男性、また40代の男性が似合う眼鏡をつけると、不思議と若い女性から見て「大人の印象」の度合いが強くなります。

これ、なぜなのか?その理由を説明するのはなかなか難しいのですが、例えば、若い男性が、なんでもないスウェットパーカーを着ても、それが妙に様になるように、眼鏡も、“本当にそれが顔に似合ってくるのが、35歳を過ぎてから”と僕は解釈しています。

いずれにしても、眼鏡が似合っているアラフォー・40代の男性は、若い女性が潜在的に持つ、“大人の男のイメージ”を連想させ、アラフォーや40代の男性が自分の顔に似合う眼鏡を付ければ、若い女性に対して、“大人の男の印象”を与えることが出来ます。

次に「メリット・その2」ですが、これは付ける眼鏡のデザインにもよりますが、アラフォー・40代の男性が、自分の顔に似合う眼鏡をつけると、女性から見て「知的」もしくは「クール」に見えます。

これは、眼鏡の持つイメージに「読書」のイメージが重なるからだと個人的には思っています。

読書が知的なのか?というと、また別の話になってきますが、これは、あくまでイメージの話です。逆に眼鏡をつけている人間に「軽い」「馬鹿っぽい」というイメージはしずらいと思います。要するにイメージですね。

ただ、これも眼鏡のデザインにもよりますので、知的、あるいはクールな印象を与えたかったら、なるべくシャープなデザインのものを選んだほうがいいですね。

そして「メリット・その3」ですが、これは次の「メリット・その4」にも繋がる話ですが、正しく自分の顔に似合う眼鏡を、アラフォー、または40代の男性がすれば、それをつけない時に比べ、「清潔感」が生まれます。

眼鏡というものは、透明の版とフレームからなるシンプルなツールですが、このツールに、そもそも清潔感があるので、これを自分の顔に似合うものを身に着ければ、“顔にも清潔感は出る”という理屈です。

そして最後の「メリット・その4」

実はこれが、アラフォー、また40代の男性が「ファッション眼鏡」を見た目に導入すべき、“最も大きな理由”になってきます。

ずばり、眼鏡は、アラフォー・40代男性の顔のウイークポイントをカバーしてくれます。

アラフォー、また40代になってくると、誰でも、目の周りの皺やシミが深く濃くなってきます。これがいいという若い女性もいますが、深く刻まれた皺やシミは、やはり加齢の印象を与えます。

ですが、眼鏡を付けると、ちょうど“眼鏡のフレーム”で、この部分(加齢の要素)を隠すことが出来ます。また、35歳を過ぎると、頬のたるみも酷くなってきますが、この部分もけっこう隠すことが出来ます。

そういった効果もあるので、以前のブログでも言いましたが、昔若い頃に二枚目で売っていた俳優などは、アラフォー、40代になってくると、大抵、眼鏡(ファッション眼鏡)をかけるようになります。加齢の要素の個所が、まるごとガバッと隠せますからね。

人一倍、容姿を気にする二枚目系の俳優のアラフォー、40代の男性は、こういった理由から、かなり高い割合でファッション眼鏡をかけています。

俳優でもこれですから、一般のアラフォー、40代の男性も取り入れるべきだと個人的に思います。

まずは一度、“ファッション眼鏡”を日常に取り入れてみる

 

上述したように、アラフォー・40代の男性にとって、ファッション眼鏡をすることは、主に“4つのメリット”があり、上記の1~3のメリットは「新たに足せるメリット」、そして4つ目のメリットは「マイナス部分をカバーできるメリット」であり、ファッション眼鏡には「プラスマイナス両面のメリット」があるのです。

いかがですか?本日の話を読まれて、少しファッション眼鏡をかけたくなってきたと思いませんか?

本日の話を聞いても、自分は別に目が悪いわけじゃないから、やはりかけたくない、という方もいらっしゃるでしょうし、そういうものを付けるのは億劫だ、という方もおられると思います。

ただ、ファッション眼鏡が良いと言っても、別に毎日、眼鏡をかけることもありません。これまで眼鏡をつけられていない方は、“一つのファッション”として、たまに日常に取り入れられてみてもいいかと思います。

なぜなら、アラフォー、40代の方にとって、自分の顔に似合った眼鏡をかけることは、確実に“メリット”があるからです。

整形などではなく、ただ自分に似合った眼鏡を付けるだけで、若い女性からの印象が良くなるのでしたら、これ、つけた方が得だと思いませんか?

僕自身、目は特に悪くはないですが、女性とデートする時は、たまにファッション眼鏡をかけています。

また、もう今すぐ、アラフォー・40代男性が20代の女性をゲットできる方法を知りたい方は、こちらの方でその具体的なやり方を暴露していますので、またご興味のおありの方はお読みください⇒10日間無料セミナー

無料ですので、ご興味のおありの方はそちらをお読みくださいね。

by 倉沢望

他にも、こんな記事を書いています♪↓

40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

昨今の“年の差カップル事情”について検証すると、“意外な結果”が・・

40代の男・アラフォーの男が、20代の女性をゲットするのに“一番重要なポイント”とは?

40代の男・アラフォーの男を好む20代女性の「特徴とパターン・傾向」は、ずばり“コレ”

20代の女性にモテる“40代男性・アラフォー男性の特徴”はコレ。

40代・アラフォーの男が20代の女性をゲットするための、正しい「入口戦略」とは?

モテる40代・アラフォー男のスーツの着こなし方。

40代・アラフォーの男が「女子大生」にモテる、“倍以上男子”は本当なのか?について検証してみた結果・・

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるのに、参考にすべき芸能人は「この人」。

40代・アラフォーの男が、20代の女性にモテるために注意すべき「最重要ポイント」とは?

40代・アラフォーの男が、20代の女性を口説き落とす「一番手っ取り早い方法」