40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

40代・アラフォーの男が婚活を成功させようと思えば、「普通」「人並み」であることが最低条件という“魔の理屈”。

f:id:kurasawan:20171010221709j:plain

40代・アラフォーの男性が婚活を成功させようと思えば、「普通」「人並み」であることが“最低条件”・・「いや、おれは、普通、人並みではあるよ」という方は、もしかしたら、あなたのその考えは、本日、180度覆されるかもしれませんので、本日の記事は、ぜひ、しっかりとお読み頂ければと思います(キッパリ)。

40代・アラフォーの男が婚活を成功させようと思えば、「普通」「人並み」であることが“最低条件”?


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40代・アラフォーの男が婚活を成功させようと思えば、「普通」「人並み」であることが最低条件という“魔の理屈”」こちらをお送りしたいと思います。

今、未婚の40代・アラフォーの男性が、今から婚活をやって、これを成功させようと思えば、

「普通」

「人並み」

であることが「最低条件」になってきます。

こう聞くと、「なんだ、そんなにハードルは高くないな」とか、「自分はそのくらいはクリアーしている」と思われるかもしれませんが、この場合の「普通」「人並み」は、あくまで、女性が考える「普通」「人並み」です。

実は、この婚活をしている女性が男性に求める“普通”“人並み”のレベルが、男性の思っているそれよりもかなり高い。

例えば、その婚活をしている女性が、40代・アラフォー男性に求める「普通」「人並み」の条件は、大体、次のような感じです↓

・中堅以上の会社の正社員

・年収は700万円以上

・ルックスはイケメンでなくてもいいが、不細工(極端な不細工、低身長等)ではない

・過去に女性との交際経験が、2,3人はある

・女性に気配り、気遣いができる

・女性をそれなりに楽しませるコミュニケーション(会話等)を、ごく自然にすることができる

他にも、まだあるかもしれませんが、婚活をしている女性が、婚活で男性に求める「普通」「人並み」というのは、「この辺りのこと」を指している場合が多いのですね。

で、上の要素・項目を全て兼ね備えている、40代・アラフォー男性(しかも婚活をしている)は、「普通」「人並み」どころか、実際はこの数は少なくて、けっこう(いや、かなり)良い条件の部類の40代・アラフォー男性になってくるのですね。婚活をしている40代・アラフォーの男性で見た場合。

なので、「上の条件」を「全て持っている」40代・アラフォー男性って、本当は「普通」でも「人並み」でもないのですが、婚活をしている女性が男に求めている「普通」「人並み」が、この辺りの条件を全て持っている男性をイメージしている場合が多いので、男の考える「普通」「人並み」と、女性の考える「普通」「人並み」との間に齟齬が生じて、今、男女間の婚活が特に難しくなっていると言われているのです。

ただ、婚活をしている女性が、婚活で男性に求める「普通」「人並み」が、これ↓

・中堅以上の会社の正社員

・年収は700万円以上

・ルックスはイケメンでなくてもいいが、不細工(極端な不細工、低身長等)ではない

・過去に女性との交際経験が、2,3人はある

・女性に気配り、気遣いができる

・女性をそれなりに楽しませるコミュニケーション(会話等)を、ごく自然にすることができる

なので、「ここの部分」を婚活をしている男性も無視することはできず、ある程度、この女性が求める「普通」「人並み」に自分を持ってくる、ということが、婚活を成功させたいと思う40代・アラフォー男性にはどうしても必要になってきます。

で、上の条件を見た場合に、自分の力では、すぐにどうすることもできないのが、「勤めている会社」「年収」「ルックス」だと思います。

40代・アラフォーの男性が、今からそれなりに良い会社に入って、年収をここまで持ってくるというのは、実際にはそう容易くできることではないですし、また、ルックスについては、整形でもしない限り、まるっきり変えることは、ほぼ難しいです。

でも、ルックスについては、色々と工夫すれば、良い感じに持ってくることはできますね。“雰囲気イケメン”、ぐらいには。なので、ルックスを、女性の思う「普通」「人並み」に持ってくることは、それなりに可能だと思います。

あと、ここの部分↓

・過去に女性との交際経験が、2,3人はある

・女性に気配り、気遣いができる

・女性をそれなりに楽しませるコミュニケーション(会話等)を、ごく自然にすることができる

ここは「なんとかすること」ができます。

例えば、女性への気配りや気遣い、といったものは、ある程度、どの女性でも嬉しく思う定型のテンプレ(パターン)的なものはありますし、女性とのコミュニケーションも実践で練習していけば、これも習得していくことができます。

じゃあ、過去の女性との交際経験は、どうするの?もし、これが過去にほとんど無い場合は?と言うと、これは、具体的な数字(女性との交際人数)を挙げて嘘をつくことはダメですが、女性に対して、過去に、それなりに(2,3人とは)女性とは恋愛、交際をしてきたという風に“装う”ことは可能です。

これって、例えば、これまでに一度も女性と恋愛・交際をしたことがない男性であっても、そのように(過去に、それなりに(2,3人とは)女性とは恋愛、交際をしてきた)振舞うことは「テクニック」で十分可能なのですよ。

でも、カウンセラーの僕からすれば、婚活が上手くいっていない、40代・アラフォーの男性は、ここの部分(過去に、それなりに(2,3人とは)女性とは恋愛、交際をしてきたという風に装う)が下手というか、出来ていない方が非常に多いですね。

前述したように、婚活をしている女性は、婚活で、男性に対して「普通」「人並み」を求めています。そして、その女性の思う「普通」「人並み」の中に、これ↓

・過去に女性との交際経験が、2,3人はある

これが入っているのです。

ということは、本人(男性に)に、過去にあまり女性との恋愛経験は無い、あるいは全くやったことが無いなどに関わらず、少なくとも、婚活で出会った女性に対しては、過去に、それなりに(2,3人とは)女性とは恋愛、交際をしてきたように振舞うことこれは必須になってきます。

勤めている会社とか、収入とか、自分ではどうにもならない部分もありますが、でも、見た目改善や、前述したような、できるところは押さえて、婚活で女性が求める「普通」「人並み」に自分を合わせるようにしましょう。

婚活を首尾よく成功させようと思えば、婚活で女性が男性に求めている「普通」「人並み」に、ある程度合わせるしかありません。

自分が求めているのが「女性」で、その女性が「男性に求めている要素」なのですから。

また、あまり時間をかけず、“もう今すぐにでも、20代の恋人を作りたい!”というお急ぎの方は、こちらの方で「即効性の効果のある、具体的な方法」を公開していますので、またご興味のおありの方はお読みください(ブログでは書けない「情報・内容」を公開しています)⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら