40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

40代男性が20代女性の恋愛対象になる時の“傾向とパターン”とは?

f:id:kurasawan:20190808080150j:plain

40代男性が20代女性の恋愛対象になる時の“傾向とパターン”とは?実は、40代男性が20代女性の恋愛対象になる時には、その“傾向とパターン”が存在します。ずばり、これを知れば、40代男性でも20代女性の“恋愛対象”になることができます。その、40代男性が20代女性の恋愛対象になる時の“傾向とパターン”とは・・?

40代男性が20代女性の恋愛対象になる時の“傾向とパターン”とは?

 

倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40代男性が20代女性の恋愛対象になる時の“傾向とパターン”とは?」こちらをお送りしたいと思います。

僕は、日頃から常々、このブログなどで、40代男性20代女性恋愛対象になる時(傾向とパターン)は、その20代女性が元々、年上の男好き、アラフォー・40代以上の男性が趣味・好みである場合と言ってきましたが、でも、女性がそういった年上男好きでない、ある意味、“普通の感覚の持ち主”(自分と同年代の男が好き)の場合でも、ある時を境に、40代男性がその20代女性の「恋愛対象になる」という場合があります。

ただ、これは、その年上の男好きではない若い女性が、そういう気持ち(恋愛対象になる)になってくれるのを待たないといけないので、時間もかかるし、効率も悪い(というか、いくら待ってもそうならない可能性もあるし、むしろ、そちらの可能性の方が高い)。

なので、僕は、40代男性が20代女性をものにする、ゲットしたいと思えば、最初から、アラフォー・40代以上の男が比較的好きな若い女性にアプローチを絞るべきだと言ってきました。

ただ、とはいえ、特に年上の男性に興味の無かった20代女性が、ある時を境に「40代男性が恋愛対象になってくる」ことがある。

40代男性なんか全く興味が無かったのに、気が付けば付き合っていて、ラブラブな関係になっていた・・というパターン。これって、少なそうに見えて、実は、意外に多いパターンなんですよね。

というわけで、本日のテーマは、「40代男性が20代女性の恋愛対象になる時の傾向とパターン」についてお話したいと思います。

40代男性が20代女性の恋愛対象に時の傾向とパターンは、ずばり「この2つの要素がある時」。

 

40代男性20代女性恋愛対象になる時の“傾向とパターン”とは?

これ、その20代女性が、特に40代男性に興味が無い場合を前提に話を進めてみたいと思います。

前述しましたように、元々、年上の男性、40代男性に興味の無かった20代女性でも、ある時を境に、40代男性が“恋愛対象”になってくること、これってあります。

そして気が付けば、本来、恋愛対象にはならなかった40代男性と恋に落ち、ズブズブの恋愛関係になった・・というパターンは、実は巷ではけっこうあることで、そう珍しいことではありません。

この場合の特徴は、その20代女性が、元々、40代男性は恋愛対象では無かったのに、いつの間にか40代男性と「恋愛関係」になってしまったという点です。

この20代女性(元々、40代男性が好きではない、40代男性が恋愛対象ではない)が、40代男性のことが“恋愛対象”になる時のきっかけ、つまり、“鍵”になるのは、次の2つの要素になります↓

接触頻度の深度

・自己開示、依存

この2つ。

特に40代男性に興味が無かった20代女性が、40代男性が恋愛対象になってくる時は、「上の2つの要素」が必ず絡んでくる。つまり、重要な要素、キー(鍵)になってきます。

次に、この2つの要素について、それぞれ解説いたします。

40代男性が20代女性の恋愛対象になる時のパターンと傾向その1:接触頻度の深度

 

40代男性が20代女性の恋愛対象になる時のパターンと傾向に大きく絡んでくる要素が、この、接触頻度の深度」

40代男性が20代女性の“恋愛対象”になる時は、ここは、かなり「大きな要素」になってきます。

これの、一番顕著な例が、社内恋愛での上司と部下、あるいは、アルバイト先の店長と若いアルバイトスタッフの女性

これらでは、日々の仕事、あるいはアルバイト等で、もう毎日相手と顔を合わし、なにがしか会話を交わして交流していくので、嫌でも両者の接触頻度の回数は多く、また、その関係性は深くなっていきます。

よくあるのが、新卒で入った20代女性が、同じ部署の40代の上司と交際をするとか、飲食店の40代の店長と、そこにアルバイトで入った20代女性と交際する、といった例です。こういったことは、巷で非常によく見られるケースです。

これらは、その20代女性が元々、40代男性が好きだったというケースもあると思いますが、でもそうでない場合も多く、20代女性は元々、40代男性は全く興味が無かったのに、気が付けば、会社の40代の上司、アルバイト先の40代の店長と交際していた、ということが往々にしてあります。

これは、なぜかと言うと、ずばり接触頻度の多さ・深さ」これが関係しています。

簡単に言うと、相手と接触している時間が長くなることで、相手に感じる“年齢差”が、だんだんと薄くなってくるからです。

20代女性の方も、最初、その40代男性を見た時は、「中年だな・・」と思っていても、長く接しているうちに、そういったネガティブな部分よりも、「いいところもあるんだな」「可愛いところもあるんだな」と、ポジティブな面(良い面)を自然と見つけ出すようになる。そうなってくると、最初に感じていた「年齢差」というものは、だんだんと小さくなっていく。

世間でたまに聞く、20代の女性が、アルバイト先の40代の店長と交際して結婚した、あるいは、20代女性が、会社の40代の上司と不倫をしている、といった話は、そうなる要因として、この接触頻度の多さ・深さ」が関係しています。

つまり、男と女は、年齢が相当離れていても、「接触頻度の回数が多く、深くなる」ことによって、“この差”を小さくしていくことができるということです。

40代男性が、特に40代男性に興味の無い20代女性の「恋愛対象」に入ろうと思えば、この接触頻度の深度」というものは、それを叶えるための“大きな鍵”となってきます。

40代男性が20代女性の恋愛対象になる時のパターンと傾向その2:自己開示・依存

 

また、40代男性が20代女性の「恋愛対象」になるパターン・傾向として、「自己開示・依存」というものも、大きな鍵になってきます。

「自己開示」というのは、自分のあらゆることを相手に包み隠さず、さらけ出すということです。

例えば、ある20代女性が、何かで知り合った40代男性に、この「自己開示」ができた場合、その40代男性は、その20代女性にとって、精神的に大きな存在になってきます。

20代女性というのは、ちょうど年齢的に、仕事、友人関係、恋愛など、様々なことで深く悩み、まだ精神的にあまり安定をしていない時期の女性です。

そういった時に、自分のあらゆることを包み隠さず、さらけ出せる相手というのは、その20代女性にとって非常に貴重な存在になります。

そしてそれが、たとえ元々、興味の無かった「40代男性」であったとしても、その年齢差を超え、自分にとっての貴重な存在になってきます。若い女性は、「自分のことを深く理解して欲しい」という「共感の情」が強いからです。

そして、その自己開示できた相手には、次に「依存する」という形に変わっていきます。人は、自分がありのまま全てをさらけ出した相手には、精神的に依存したくなる傾向があるからです。

恋愛とは相手を好きになることですが、それだけが全てではなく、“相手に依存する”という形でも成り立ちます。

元々、40代男性に興味の無かった20代女性でも、知り合った40代男性に自己開示し、そして“依存”していけば、それをきっかけに恋愛関係に発展していくことは、大いにあるのです。

 

・・と、このように、40代男性が20代女性の「恋愛対象」になる時のパターンと傾向は、上述した、この2つの要素↓

接触頻度の深度

・自己開示、依存

これらが鍵になってきます。

もし今、これをお読みの40代の方で、気になる20代女性がいるとしたら、この「2つの要素」を意識して相手の女性に絡んでいけば、その20代女性の“恋愛対象”になってくるかもしれません。

繰り返しますが、世間には、元々、40代男性に全く興味の無かった20代女性が、気が付けば40代男性と恋愛関係になっていた・・ということが往々にしてあるからです。そして、それはずばり、上述した“2つの要素”が大きく関係しています。

また、このブログでも、再三にわたってお話していますように、そもそも「40代男性に興味がある、40代男性が恋愛対象だという20代女性」に最初からアプローチすれば、やはり、40代男性が20代女性と恋愛関係になれるのは相当早くなります。

その、40代男性を好む、40代男性が恋愛対象だ、という20代女性の見つけ方については、こちらでその具体的な方法を書いていますので、また良かったらご覧になってみてください⇒10日間無料セミナー

by 倉沢望

⇒40男が10日で若い彼女が作れる無料セミナー

⇒倉沢の恋愛&婚活カウンセリングはこちら