40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

40代・アラフォーの男が、若い20代女性を落とそうと思えば、“下から行く”のは絶対ダメな法則。

f:id:kurasawan:20200616224617j:plain

40代・アラフォーの男が、若い女性を落とそうと思えば、“下から行く”のは絶対ダメな法則・・あなたはこれ、知っていますか?若い女性をものしたいと思っている、40代・アラフォーの方は、“この法則”、必ず頭に入れておいてください。その、“40代・アラフォーの男が、若い女性を落とそうと思えば、下から行くのは絶対ダメな法則”とは・・?

40代・アラフォーの男が、若い女性を落とそうと思えば、“下から行く”のは絶対ダメな法則とは?


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40代・アラフォーの男が、若い20代女性を落とそうと思えば、“下から行く”のは絶対ダメな法則。」こちらをお送りしたいと思います。

僕は普段、35歳以上のアラフォーの男性、40代以上の男性の方の恋愛、婚活のカウンセリングをしているのですが、そのカウンセリングに来られる、40代・アラフォーの方は、皆さん、誠実で真面目な方が多いのですね。

また、誠実で真面目な感じなだけではなく、“腰の低い方”が多いです。

そういう方は、カウンセリングをする側としても印象が良いので、“ぜひ、この方の為に、一生懸命カウンセリングをしよう”とこちらも思うので、そのカウンセリングを受けられる方にとっても、その性格(真面目で誠実、腰が低い)は人間関係において良い効果をもたらすのですが、でも、この「真面目で誠実」「腰が低い」というのが、40代・アラフォーの男性が若い女性を狙ってアプローチしようと思う時、“マイナスに働く”ことが往々にしてあります。

特に、若い女性に対して、“腰が低い”というのは、その女性をものにすることを考えた時、それをやって、ほとんど良い効果、結果は得られません。

若い女性からすれば、40代・アラフォーの男性が腰が低く接してくることは、ほとんどの若い女性の場合において、その男性は魅力的ではないのですね。

こう言うと、「じゃあ、若い女性には、偉そうな態度で接すればいいのか?」と言うと、これも違っていて、決して偉そうではないけれど、でも、腰が低いわけでもなく、ニュートラルな態度、もっと言うと、若い女性に対してドシッと構えた、落ち着いた態度で接する、ぐらいの感じとでも言えばいいでしょうか。

基本的に、若い女性が40代・アラフォーの男性と接する時は、最初、その男性に好意がある、無しに関わらず、その40代・アラフォーの男性に対し、「自分よりも人生経験が豊かな人」という目で見ます。

つまり、若い女性にとって40代・アラフォーの男性と交流しようと思う“インセンティブ”は、その自分よりも多い「知識・人生経験の部分」であって、それ故、40代・アラフォーの男性と付き合う若い女性は、その40代・アラフォーの男性に「頼れる」「甘えられる」ことが一つのメリットとなって、交際しようと思う動機になります。

シンプルに言ってしまうと、40代・アラフォーの男性と若い女性とのカップルは、少なからず“リスペクトの要素”があって成立している、と言えます。

こういう前提を考えますと、40代・アラフォーの男性が若い女性に接する時に、やたらと腰が低く接してしまうのは「マイナスなことでしかない」、ということが見えてきます。

これが、何かの営業マンと顧客(若い女性)の関係であれば、その40代・アラフォーの男性が腰が低いことは、顧客にとって良いことだと思います(それでも、これも少し微妙、ですけどね。やたらと腰が低いと、「この人、大丈夫かな?」と思う若い女性も出てくるかもしれませんので)。

でも、40代・アラフォーの男性が、何かの機会で知り合った若い女性にアプローチして、ものにしようと思う時は、先ほどの前提(若い女性にとって、40代・アラフォーの男性と交流しようと思う“インセンティブ”は、その自分よりも多い「知識・人生経験の部分」)で考えると、やはり、その若い女性に「腰が低い」ことは、その女性を口説くのに“マイナスに働いて”しまいます。

単純にその若い女性は、その腰が低い、40代・アラフォーの男性を見て、“自分より下だ”と一瞬で格付けをしてしまいます。

最初にこうなってしまったら、そこから、その若い女性を口説き落とそうとするのは、かなり難しい話であって、そこから立場を変えて、女性をものにするのはほとんど不可能なのですね。

なので、40代・アラフォーの男性が、若い女性にアプローチしてものにしようと思えば、「腰が低く接するのはダメ」で、つまり、“下から行く”のは絶対にやらない方がいいのです。

あと、「誠実で真面目」という部分も、やはり日常の人とのコミュニケーションでは非常に「良い面、要素」ですが、40代・アラフォーの男性が若い女性にアプローチして、その女性をものにしようと思う時には、ここばかりが強く、その若い女性に印象付けられるのもよくないですね。

“誠実で真面目”という部分がベースにありながらも、それだけではない、ミステリアスな奥深い要素、これが無かったとしても、あるように振舞うのが、やはり若い女性にモテる、40代・アラフォーの男性の特徴・傾向です。

というわけで、“本日のテーマの総論”としては、40代・アラフォーの男性が若い女性をものにしようと思えば、“下から行ってはダメだ”ということ。これは確実にそう言えますので、普段、真面目で誠実、腰が低い方は、若い女性と接する時は、少し、本日お話したところに気をつけて接して頂ければ、と思います。

また、あまり時間をかけず、“もう今すぐにでも、20代の恋人を作りたい!”というお急ぎの方は、こちらの方で「即効性の効果のある、具体的な方法」を公開していますので、またご興味のおありの方はお読みください(ブログでは書けない「情報・内容」を公開しています)⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら