40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

40歳を過ぎていて「童貞」だと、好きな女性と結婚できない?

f:id:kurasawan:20200720220936j:plain

40歳を過ぎていて“童貞”だと、好きな女性と結婚できない?これって、皆さん、どう思いますか?40歳を過ぎていて童貞だと、好きな女性と結婚できる?それともできない?これについて、「アラフォー・40代以上男性専門の恋愛・婚活カウンセラー」の私、倉沢が、ずばりお答えしたいと思います。

40歳を過ぎていて「童貞」だと、好きな女性と結婚できない?


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「40歳を過ぎていて童貞だと、好きな女性と結婚できない?」こちらをお送りしたいと思います。

昨今、女性と“経験”をしたことがない男性、いわゆる「童貞」の男性の年齢が上がってきています。

僕の若い頃は(学生の頃)、“やらはた”と言って、二十歳までに童貞を捨てられなかった男性(“やらずに二十歳”の略)のことを小馬鹿にする風潮がありましたが、それから十数年の月日が経って、今度は、「やらみそ(やらずに三十路)」という言葉が出てきたりしました。

そして今では、「やらよそ(やらずに四十路)」という言葉も、もしかしたら出てくるかもしれない、という社会情勢になってきています。

昨今、様々な理由から、結婚できない男女が増え、晩婚化が進むことで、それに比例して、「女性経験が無い」という“男性の年齢”も上がる・・ということは、ごく自然で理にかなった話だと思います。

僕は普段、アラフォー・40代以上の男性の恋愛・婚活のカウンセリングをしているのですが、実際、アラフォー、40代以上の方で、まだ一度も、一般の女性との経験(肉体交渉)が無い、という方も、これは少ない例ではなく、けっこう多くおられます(その中で、「風俗の経験はある」という方が、比較的多いですが)。

で、本日のブログのテーマは、「40歳を過ぎていて童貞だと、好きな女性と結婚できない?」ですが、はっきり言ってこれ、婚活で女性と交流する際、「あること」を意識して行動していなかったら、おそらく、好きな女性と結婚することは難しいと思います。これは申し訳ないですが、カウンセラーの立場から、そうはっきりとお伝えしておきます。

でも、婚活で女性と交流する際、「あること」を意識して行動していれば、これまでに(40歳を過ぎるまでに)一度も女性経験が無かったとしても、正しいアプローチで女性との交流・恋愛に臨めば、特に問題無く、結婚することができます。40歳を過ぎていて童貞だったとしても、好きな女性と結婚することができます。

では、その、40歳を過ぎていて童貞の男性が、好きな女性と結婚するために、普段の女性との交流でやらなければならない、“あること”とは・・

40歳を過ぎていて「童貞の男性」は、女性との交流の際、“コレを必ずする”。

 

40歳を過ぎていて童貞の男性が、普段の女性との交流で、“あること”を意識して行動していれば、好きな女性と何の問題も無く結婚できるが、その“あること”を意識せずに行動していれば、おそらく、好きな女性とは結婚できない・・

その「あること」これ、一体なんだと思いますか?

これ、40歳を過ぎていて「童貞の男性」が、婚活をして、好きな女性と結婚しようと思えば、とても重要で大事な部分です。

なので、今、40歳、もしくは、40歳を過ぎていて童貞だという方は、今からお話します「あること」を必ず、普段の婚活での女性との交流でするようにしてください。

その、40歳を過ぎていて童貞の男性が、普段の婚活での女性との交流で、意識してやらなければならないこととは、ずばり、これになります↓

・これまでに「2,3人の女性」とは付き合ったことがあり、すなわち、そういった経験(肉体交渉)がある風に装う(振る舞う)

これ。

40歳を過ぎていて「童貞」だという方は、婚活で女性と交流する際は、「この行動・振る舞い」は絶対に必要になってきます。

ちなみにこれ、知り合った女性に、面と向かってまともに「これまでに、2,3人の女性と付き合ったことがある」と虚偽の告白をするのではありません。

あくまでこれは、そのように(これまでに「2,3人の女性」とは付き合ったことがあり、すなわち、そういった経験(肉体交渉)がある)装う、振る舞うということです。

これ、相手にわざわざ言葉で伝えなくても、そのように振る舞って、相手がそのように勝手に想像すれば、これは相手がそう思ったことで、これは決して“虚偽の告白”(嘘)をしたことにはなりません。

でも、性格が真面目で、誠実な方は、これすら(そのように装う(振る舞う))嫌だと思う方、おられるかもしれませんが、40歳を過ぎていて童貞の男性は、これ(これまでに「2,3人の女性」とは付き合ったことがあり、すなわち、そういった経験(肉体交渉)がある風に装う(振る舞う))をせずに、婚活で自分が良いなと思った女性と結婚することは、おそらく無理だと思います。

なぜかと言うと、これは、現在、童貞の方には大変厳しい話になりますが、婚活をしている若い女性は、40歳を過ぎている男性で童貞だという男性を、最初知り合った段階で受け入れることができません。

これは、男性が童貞だから嫌だ、というわけではなく、40歳を過ぎていて、今まで一度も女性との経験が無い(童貞)だということは、何か本人に問題(性格・肉体的に)があったからではないか?と先に想像してしまうからです。

でも、実際のところは、僕がカウンセリングでお会いする、40歳を過ぎていて童貞の方は、たまたま入った会社の仕事が多忙(出張ばかりとか)、職場には女性がほとんどいない、とにかく仕事、仕事の毎日で女性と交際する間もなくこの年齢まで来てしまった、といった理由からの方がほとんどです。

なので、女性が、40歳を過ぎていて童貞の男性に、そのように(何か本人に問題(性格・肉体的に)があったからではないか?)と思うのは全くの見当違いなのですが、でも、女性は、婚活で知り合ったアラフォー、40歳を過ぎている男性が、それ(童貞)だと、「そのような判断」を男性に下してしまうのです。残念ながら。

婚活をしている女性に、“そういった考え、価値観”がある以上、40歳を過ぎていて童貞の男性が、婚活で女性と交流する際には、そのこと(女性経験が、これまでに一度も無い)ということは、絶対に女性に悟られてはならないですし、それだけではなく、これまでに「2,3人の女性」とは付き合ったことがあり、すなわち、そういった経験(肉体交渉)がある風に装う(振る舞う)ことが必要になってくるのです。

婚活での女性との交流は、いわば“男女の駆け引き”ですので、相手に、自分の全てをありのままに見せる(伝える)ことが、必ずしも善ではありません。

“嘘”はいけませんが、相手がこちらの望むように“想像させる”ことも、婚活を成功させるための大事な戦略、駆け引きになってきます。

なので、40歳を過ぎていて、これまでに、一度も女性経験が無く、童貞だという方は、婚活で女性と交流する際は、本日お話したことを意識して行動するようにしてくださいね。

また、あまり時間をかけず、“もう今すぐにでも、20代の恋人を作りたい!”というお急ぎの方は、こちらの方で「即効性の効果のある、具体的な方法」を公開していますので、またご興味のおありの方はお読みください(ブログでは書けない「情報・内容」を公開しています)⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら