40歳以上の男が、20代の恋人を1ヶ月で作る方法

40歳以上の男性が、20代の恋人を最短1ヶ月で作る方法を解説しています。

40代男性の若い20代女性への正しい口説き方とは?

f:id:kurasawan:20170910211951j:plain

アラフォー・40代男性の若い20代女性への正しい口説き方とは?実は、アラフォー・40代男性の若い女性への口説き方は「このやり方が正解」というものが、はっきりと存在します。今、アラフォー・40代の方で、若い女性を口説きたいと思う方は、「この口説き方」でやるようにしてください。

40代男性の若い20代女性への「正しい口説き方」とは?


倉沢です。こんにちは。

さて、本日のテーマは、「アラフォー・40代男性の若い女性への正しい口説き方とは?」こちらをお送りしたいと思います。

女性の口説き方というのは、「この口説き方をすれば正解」というものはないです。

特に男性の場合、自身の年齢に応じて、「女性の口説き方は変えて」いかなければなりません。20代男性には20代男性の、アラフォー・40代男性にはアラフォー・40代男性の「正しい女性の口説き方」がそれぞれあります。

つまり、アラフォー・40代男性が若い女性を口説きたいと思えば、アラフォー・40代男性がやって正しい、若い女性の口説き方を実践しなければならない、ということです。

本日は、その「アラフォー・40代男性の若い20代女性への正しい口説き方」をお話したいと思います。

年齢が上がると、若い頃の「口説き・アプローチ」は女性に通じなくなる

 

女性を口説く。

意中の若い女性を口説くといっても、男性側の“年齢”によって、その口説き方は変えていかなければなりません。

実は、ここを分かっていない男性がけっこう多いです。

アラフォー・40代になっても、「若い頃の時と同じ女性の口説き方」で女性にアプローチする男性はけっこういます。

・・というか、“”この僕自身”、40歳ぐらいまで、「若い頃と同じ口説き方」で意中の若い女性にアプローチしていて、途中から口説き落とせる率が悪くなって、それに気付き、40歳ぐらいを境にして「若い女性への口説き方を変えた」のですけどね・・汗

この辺りのことは、「僕のプロフィール」のところに詳しく書いていますので、興味のある方は、また良かったらお読みになられてみてください^^

人間って、不思議なもので、年齢を重ねると肉体、容貌は劣化していきますが、こと“精神面”は若い頃とそれほどは変わらない。

今40代の方でも、気持ちも年齢とちょうど同じだ、という方は少ないと思います。例えば、今、45歳の方でも、気持ちはまだ30代、という感覚の方、けっこう多くおられると思います。

これは僕も同じ。年齢と気持ちがちょうど同じ、ということはないです、正直なところ。

今、僕は40代ですが、気持ちの面では、さすがに20代とは思いませんが、まだ「30代後半くらいの感覚」でいます。

でも、僕以外の世間の人間は、僕の年齢を聞くと、僕が思っているように(気持ちは30代後半くらい)は感じてくれない。普通に「その年齢の人間」だと思われる。もちろん、深く付き合えば、ああ、気持ちは若いんだな、とか思われるかもしれませんが、そこまで深い付き合いをせず、初見であれば、やはりまず「年齢」で判断されます。

そしてこれは女性と出会った時も同じです。

気持ちの面で若い(つもりでいる)40代の男性が、20代の女性と何かの機会に出会った時、その男性が「自分は気持ちの面では、まだまだ20代だ」という“感覚・ノリ”でその20代女性にアプローチした場合、まずそのアプローチはほとんど成功しません。

なぜなら、その20代女性にとっては、出会った男は「40代の男」であり、その男が、20代男性のような「ノリ・感覚」でアプローチしてきても、変なギャップがあって、魅力的に思えないからです(ギャップがあればいいとよく言われますが、この場合はマイナスのギャップです)。

もちろん、その知り合った40代の男性が、交際後、意外に若い面を見せると、その時は女性がその男性を好きになっているので、これはプラスのギャップになります(その度合いにもよりますが)。

でも、知り合ったばかりの頃は、その20代女性にとって、男はあくまで「40代の男性」として見ているので、変に「若い男性のようなアプローチ」をしても、まず心に響かない。

例えば、若い男性のようなアプローチはどんなものか?というと、ただ好きだ、付き合って欲しいと熱烈に押していく、情熱売りのアプローチ、とかです。

こういう攻める、いわば「攻撃的なアプローチ」は、若い男性が女性にやると、女性の心に響きます。なぜなら、こういう“情熱的なアプローチ”は若い男性の、いわば特権のようなものだからです。それをするからこそ“若い”のであって、それがすなわち“若さの証”です。

でも、こういった若い男性のようなアプローチを、「アラフォー・40代の男性」が若い女性にやると、あまり上手くいかないのです。これは僕が身を持って体験したことですが。

その理由は、「やっていること」と、「他者から見られている、自分自身が置かれている立場・存在」との間にギャップがあるからです。

僕も、38歳ぐらいまでは、そういった自分に対する意識が低く、まだ20代の頃と同じ女性へのアプローチの仕方、口説き方で若い女性に迫り、それでもなんとか口説けていましたが、そのぐらいの年齢を過ぎた頃から、だんだんと若い女性を口説き落とせる率が悪くなっていきました。なので僕は、その辺りを境に、若い女性に対するアプローチの仕方、口説き方のスタイルを変えました。そして、今皆さんにお伝えしているのが、そのやり方、方法になります。

つまり、アラフォー・40代以降になってくると、若い女性に対するアプローチの仕方、口説き方は、若い頃とはそのスタイルを大きく変えなければならないということ。

あなたがもし、20代の頃に女性に大変おモテになったとしても、アラフォー・40代になって、それと同じやり方で若い女性にアプローチしても、もうそれは通用しないのです(僕がそうだったように)。

アラフォー・40代の男は、若い女性を口説こうと思えば「こうすればいい」

 

アラフォー・40代以上になると、若い頃の女性へのアプローチの仕方、口説き方は女性に通用しなくなる。

じゃあ、アラフォー・40代になれば、男は、若い女性をものにしようと思った時、一体どういう「アプローチの仕方、攻め方、口説き方」をすればいいのか?というと、それはこれになります↓

“受身のスタイルを極める”

ずばり、これになります。

アラフォー・40代以降の男性が、いいなと思う、若い20代女性と出会った時、若い男性がやるような分かりやすいアプローチをしない(こちらが女性に興味があるというような)。安易に女性に好意があるといったアプローチをしない。

こう言うと、それだったらいつまで経ってもアプローチできないじゃないか、と思われるかもしれませんが、そんなことはなく。積極的にアプローチしなくても、相手に興味を引かせ、こちらにおびき寄せるということは出来ます。

例えば、それは若い女性との会話を通じて。会話でするネタ。会話での女性の悩みのソリューション(解決)。こちらの見た目(服装、スタイル、コーディネート等)、女性を連れて行く食事の店など、こういった若い女性との交流の中で、「この人と、もしつき合ったら、どういう感じになるんだろう?」といった興味を抱かせることは出来ます。

そしてそれが出来れば、既に若い女性がこちらの“網”にかかってきているので、一見、攻めてなく受身のようですが、「計算された魚釣り」のようにちゃんと仕掛けがあって“攻めて”いるのです。

端的に言うと、アラフォー・40代以降の男性が、若い女性を口説こうと思えば、いかに若い女性をこちらに興味を持たせるか、ここが“重要な鍵”となってきます。

まとめますと、アラフォー・40代以降の男性の「若い女性の正しい口説き方」は、仕掛けを散りばめた受身に徹する。これが正解となります。

出会った20代女性が好みだからといって、相手がどう思おうと関係なく、こちらの情熱をぶつける。こういったやり方は「若い男性のアプローチ」の仕方で、このやり方をアラフォー・40代以降の男性がやっても、まず成功しないと思いますね。

アラフォー・40代男性には、「アラフォー・40代男性が成功する若い女性の口説き方」が、はっきりと存在します。

あと、「アラフォー・40代男性が若い女性にモテる方法」については、こちらでその具体的な方法を無料で公開していますので、良かったらお読みになってみてください⇒10日間無料メールセミナー

by 倉沢望

⇒倉沢の婚活に役に立つ恋愛教材はこちら